Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー【復刻インタビュー】日本脳炎(2004年10月号)- 狂い咲きバチラス・ロックンロールで腑抜け野郎の脳天を叩き割れ!

狂い咲きバチラス・ロックンロールで腑抜け野郎の脳天を叩き割れ!

2004.10.01

日本脳炎を聴いた花田裕之が一言……

──今回、山口富士夫の「からかわないで」をカヴァーしたのは?
 
火野:そもそも日本脳炎は10代の頃に憧れた音楽を今に体現するバンドですからね。富士夫さんのアルバムは10代からずっと聴いてて、『からかわないで』は初期のライヴからやってたんですよ。今回のアルバムの曲順を決めてた時に、最後に締まる曲がないなと思って入れてみたんです。今の若い子はまず聴かない曲だとも思ったし。俺達なりのカウンター・アクションですね。
 
──8月に行われた《BACHILLUS ARMY》で無料配布された『KIKU TRIBUTE』には、ARBの「TOKYO CITYは風だらけ」のカヴァーがありましたけど、ラスト・ライヴやBOXセット発売に沸くルースターズの曲はどうなんですか?
 
火野:今は世の中が余りにルースターズ、ルースターズって騒いでるのもあって、このタイミングはイヤなんですよ。こうしてまたルースターズが話題に上がるのは凄くいいことだと思うけど、ここで俺達がカヴァーしなくてもルースターズの人気は変わらないし、誰でも認めるものだし。そこに敢えて首を突っ込むこともないっていうか。流行りものに対する俺達なりの反抗心ですよね。
 
桜田:もちろん、それはルースターズが大好きっていう大前提があっての話ですけどね。
 
十三(Ba):今までのライヴでは何曲かカヴァーしてましたけど。「All Night Long」とか「Fade Away」、あと「気をつけろ」。
 
火野:オリジナル曲が増えてきたんで、最近のライヴではほとんどカヴァーはやらないですね。誰もルースターズだなんて言わなくなった頃に俺達がやりますよ(笑)。
 
──周りが右へ向くところを左、白と言えば黒と言うようなスタンスは、やっぱりパンクを通 過してるからこその反骨精神ですよね。
 
火野:ええ。日本のロックからの影響も充分に受けてるけど、それ以外にもCOMESやGAUZEなんかのジャパニーズ・ハードコアの洗礼も受けてますから。
 
桜田:ただ、俺は“ハードコアを通過して…”とかの言い方が今いちピンと来ないんですよね。当時から俺の中ではGAUZEもサンハウスも同じ次元で存在していたし、それは今も続いてますからね。
 
──菊さん(柴山俊之)とGAUZEを全く同次元で消化吸収しつつも、この「狂い咲きサタデーナイト」を聴けば判るように、完全に日本脳炎のオリジナルになっているじゃないですか。カヴァー・バンドじゃないんだから当たり前の話なんですけど、つくづく不思議なバンドだと思うんですよ。
 
火野:曲を作る時に、“これは○○○っぽい、あれは△△△っぽい”って決めながらそのバンドみたいな音に近づけていくんですけど、いつも結果 的に全然そうはならないんですよ。後で人から“あの曲は○○○っぽいよね”って言われるのがイヤだからそうなってしまうのかもしれないですけど(笑)。ただ、全部は拭い切れないことがたまにありますね。「NO NO BOY」の出だしはSTIFF LITTLE FINGERSだし。STIFFよりは当然アナーキーのほうが俺は好きですけど(笑)。
 
──ファースト・デモテープの「Kick Boy Face」の頃と比べるとオリジナリティの幅が格段と増したし、これからの動向が益々楽しみですね。
 
火野:今までは、自分達が心地良く感じるメロディを8ビートでやってるっていうところに主軸を置いていたんですけど、これからはよりクオリティの高い曲を生み出していきたいと思ってます。まだ人を感動させるレヴェルにまで達していないですから。曲の作り込み方やギターのテクニックも未熟だし、まだまだこれからですよ。
 
──そう言えば、7月にルースターズが新宿LOFTで行なったシークレット・ライヴに皆さんお忍びでいらっしゃってましたよね。率直に言ってどうでしたか?
 
十三:1曲目の「Rosie」からもう…頭が混乱して自分ではよく訳が判らなかったですね。
 
火野:俺はですね、10代の時に初めてルースターズを聴いた時の衝撃と同じものがありました。ただただ恰好良かったですよ。金を払って観て良かったって思えた久々のライヴでしたね。
 
桜田:会場内で菊さんに挨拶することもできたし。ちょうど《BACHILLUS ARMY》でZi:LiE-YAとして出演してもらう前で。酒もご一緒することができたし…今でも信じられないですよ。
 
火野:俺達はZi:LiE-YAのライヴを個人的に下北へ観に行ったりとかしていて、普通 のファンですから。Zi:LiE-YAは本当にいいバンドだと思いますよ。
 
──ところで、ルースターズが“流行り”となった今、皆さんの中で今一番熱いのは何なんですか?
 
火野:……ARBですね(笑)。特に中期。余り注目されない時期ですけど。
 
──「砂丘1945年」とかあの辺ですか?
 
火野:そうですね。「Deep Inside」とか最高ですよ。ARBみたいなロックは他に聴いたことないですから。あの曲調と(石橋)凌さんの歌声ですね、やっぱり。いつかライヴで共演したいですね、ARB。あとモッズ(笑)。
 
山谷:凌さんに是非聴いてほしいですね、俺達のアルバム(笑)。
 
──花田(裕之)さんは日本脳炎の音源を聴いたことがあるそうですね。
 
火野:ええ。宮崎のレコード屋の友人が、“日本脳炎っていう面 白いバンドがいるから”ってツアーで来てた花田さんに『HARD HIT VIRUS』を渡してくれたらしいんですよ。ジャケットにある“BACILLUS ROCK'n'ROLL”って文字を見たらニヤッと笑って、花田さんが“ここで聴かせてくれ”って頼んだらしくて。で、その場で音を聴いた花田さんが言った言葉が……“ルースターズみたいだね”って(笑)。
 
interview at 高円寺ROOSTER
6th
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻