Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー【復刻インタビュー】日本脳炎(2004年10月号)- 狂い咲きバチラス・ロックンロールで腑抜け野郎の脳天を叩き割れ!

狂い咲きバチラス・ロックンロールで腑抜け野郎の脳天を叩き割れ!

2004.10.01

遂に、遂に出た。日本脳炎、初のフル・アルバム。"まるで倍速のルースターズ""『爆裂都市』のサントラを彷彿とさせる"等々...彼らのサウンドを説明する時に最早そんな喩えは不要かもしれない。メンバーの情操教育に絶大なる影響力を与えたルーツ音楽への熱いリスペクトの念は見事に消化/昇華され、まさに彼らにしか出せないささくれ立った狂気のバチラス・ロックンロールが1枚のアルバムにギュッと凝縮されている。彼らの放つ"ハード・ヒット・ウィルス"はいよいよ感染の度合いを増し、リアルなロックに飢えた急性脳炎患者を今後益々輩出させることだろう。(interview:椎名宗之)

これまでのパブリック・イメージを破壊したかった

──7インチの『HARD HIT VIRUS』リリース後に破帝さんが加入して、5人編成となった日本脳炎なんですが。
 
火野喧児(Gt):勝手に入ってきたんですよ。気が付いたらなぜか1人増えてた(笑)。
 
破帝(Gt):日本脳炎っていうハードコアじゃない部分を出せる場所があったんで、メンバーから認められてるのかどうかは判らないけど(笑)、とりあえず飛び込んでみたという感じです。
 
山谷雄次郎(Dr):俺は最初、“ギター2本も要らない”って言ったんだけどね(笑)。
 
──『HARD HIT VIRUS』のリリース以降、メディアへの露出も高まってきて、バンドを取り巻く環境もかなり変わってきたんじゃないかと思うんですけど。
 
火野:Rooftopに取り上げてもらってからは、ライヴでお客さんの反応が良くなった気はしますね。あと、ライヴをやる本数が異常に増えました。まぁ、それはメンバーが5人になったってことをお客さんに伝える意味もあったんですけど。
 
桜田毅一郎(Vo):今までやってきた曲も、5人になってだいぶ変わったからね。
 
──そんな絶好のタイミングで待望のファースト・アルバムが遂に発表となったわけですが。『狂い咲きサタデーナイト』というタイトルからしてもう、リスペクタブル石井聰亙!  みたいな(笑)。
 
火野:そうですね(笑)。このタイトルだけは前からずっと頭の中にあったんですよ。意外に使う人いないなぁと思ってて、使われる前に使っちゃえ、って。ホントはこれのアナログ盤も作りたいんですけどね。
 
──ルースターズやモッズ、ARBといった“めんたいロック”からBOØWYなど80年代の日本のロックを意識したバチラス・ロックンロールは健在ですね。30代以上の人には特にグッとくるものがあると思いますよ。
 
桜田:自分達がルーツとして聴いてきたのがそういう音楽だし、聴いてくれる人達と出所は一緒ですから。
 
火野:ただ、今までのシングルとかはBOØWYやルースターズとかを意識してきましたけど、今はもっと広がって、(近田春夫&)ハルヲフォン、じゃがたら、ストリート・スライダーズ、クールスとかまで掘り下げて吸収してますね。例えば10人が10人“これはロックンロールだ”って答えるような曲はやりたくないんですよ。今回は日本脳炎のパブリック・イメージを破壊したかったっていうか。
 
十三(Ba):よく言われるところのモッズとかルースターズ云々にしても、それならオリジナルを聴けばいいわけだから。
 
火野:そうそう。だから、80年代によくあった資生堂とかのCMソング+不良性みたいな(笑)、今はそういうのを目指していろいろ考えてますね。
 
──ああ、資生堂のコマソンって80's アイコンとしてありましたよね(笑)。永ちゃんの「時間よ止まれ」を筆頭に、ナイアガラトライアングルの「A面 で恋をして」とかユーミンの「メトロポリスの片隅で」とか。
 
破帝:あとあれ、『オレたちひょうきん族』のエンディング・テーマ(EPOがカヴァーした『DOWN TOWN』)とかね。
 
──僕も最初は“倍速のルースターズだ”っていう触れ込みから日本脳炎に興味を持ったんですけど、いわゆる“めんたいロック”のあのテイストそのままを期待したらかなり面 喰らいますよね。単なる懐古趣味に終わってないところに余計面白味があるし。
 
火野:当時はそういうルーツ的な音楽を意識してはいましたけどね。でも意外と難しいんですよね、ルースターズっぽさを出すのは。今度のアルバムは、週末の昂揚感みたいなものがテーマとしてあったんですよ。祭りのあとの寂しさは判ってるんだけど、その刹那的な楽しみをどうしても期待してしまう、というか。そういうのを匂わせるメロディの曲を最もよく捉えたのが「流線形」っていうナンバーですね。
 
──“流線形”と言えばすぐにユーミンの「流線形 '80」を連想しますが(笑)。でも確かに、妙に気持ちが高ぶってくる土曜日独特の雰囲気ってありますね。それこそ、DOWN TOWNへ繰り出したくなるような(笑)。
 
火野:うん。誰よりも目立ちたくなるような感じっていうかね。俺の中ではアルバム全体を通 してBAD NEWSみたいな感じがあるんですよ。結構ヴァラエティに富んだものが出来たんで、週末に家で酒でも呑みながら聴いてほしいですね。
 
──ジャケットもモッズ、ルースターズなんかを意識して。
 
火野:そうですね。あと、色遣いは横浜銀蝿を意識して(笑)。裏ジャケは俺達なりに東京ロッカーズのイメージで。LIZARDとかFRICTIONとか、あの辺の。
 
桜田:日本脳炎も最初は東京ロッカーズみたいなことをやろうとしていて。SSみたいに、いろんな要素を混ぜ合わせた曲を限界までアップテンポで暴走する、みたいな。
 
火野:アティテュード的な部分では、フライヤーから写 真1枚に至るまで全部自分達の手でやるっていうFRICTIONからの影響は凄く大きいんですよ。
 
6th
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻