Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー【復刻インタビュー】puli(2004年10月号)- 大きな意味は持たせてないラスト・シーンの解釈はお任せします...

大きな意味は持たせてないラスト・シーンの解釈はお任せします…

2004.10.01

明るいわけじゃないけど、これはこれでポップなんだな

──レコーディングの雰囲気などは?
 
青島:結構飛び飛びだったんで、部分部分で録る日が分かれてたんですよ。ドラムとベースは時間なかったんで、仕事って感じで、職人ズボン履いて“やればいいんだろ!?”みたいな感じで(笑)。
 
奥脇:ハイネックの着てね、チョッキ着て(笑)。
 
──あははは! 歌入れとか他は順調だったんですか?
 
青島:雰囲気的にはこんなもんかなって。何日かに分けてまとめて録るのは初めてだったし、アルバム作るのも初めてだったんで、結構こたえましたね、精神的に。
 
奥脇:え~? 歌入れとか楽しそうに、スタジオに住んでやってたじゃん!
 
青島:レコーディングはもちろん楽しいんだけど、休む間もなく大変だったじゃん!  歌録りの時は泊まって出来る所だったんで、友達呼んで酒飲んで楽しかったんですよ。
 
──レコーディングが飛び飛びで、気持ち的には大丈夫でした?
 
青島:今思うと逆に良かったですね。リズムを録って、まだ自分の時間があるからその間録ったのを聴いてまた考えられたり。ギター録っても、歌録りになってもう1音加えたいとか、後からどうしても出てくるものなんで。長い期間があると、録ったものを考え直したり出来るし、いいなと思いました。
 
──そういう面で利点があるんですね。事件は起きました? 一番ひどかった事件は?
 
青島:事件は起きっぱなしでしたね。それは誌面 では言えるようなことじゃない(笑)。
 
──じゃあ、一番面白かった系の事件は?
 
藤本:puliのレコーディングは、初めからギターとヴォーカルに時間をかけたいなっていうのがあったと思うんです。僕はベースですけど、自分のパートで時間を使うよりは、ギターとか歌で時間を使って録っていったほうが絶対面 白いだろうなって。その間僕は別にギターを弾いたりはしないんですけど、一緒にスタジオにいて出来ていく様が楽しかったですね。
 
──タイトルの『repaint our dwelling』の意味は、“棲み家”って捉えていいんですかね?
 
青島:dwelling自体が住宅なんですけど、ハウスとかとは違う貧相な住宅というか。高価じゃない長屋みたいな感じで、上流階級ではない都営アパートみたいなのだと思うんですよ。それが結構自分達に合ってるのかなっていう、被害妄想的な“所詮俺達なんて”っていう(笑)。妙に親近感があるというか。素材はそのままで、それをリペイントしてる“良い貧相な住宅”。それを良く見せようよっていうポジティヴな感じはありますね。
 
──あぁ~!! なるほど。元のいいものは残して、さらにリペイントですもんね。
 
青島:そうですね、……そうっすかね?(笑) 解釈は人に任せちゃってるんで。よく映画とかでもラスト・シーンの解釈が人によって違うのってあるじゃないですか? そういう意味で、自分ではそこまで大きな意味を持たせてないっていうか。あるっちゃあるけど、お任せしますっていうほうがいいかなと。
 
──今作が完成して、改めて聴いてみた感想ってどうですか?
 
奥脇:僕がこのバンドに途中から入って、初めと今では自分の中でイメージがガラッと変わったんで、やってみて“このバンドはいいんだな”って感想を持ちましたね。録ったら自分の予測してたものよりさらに完成したものが良くなってましたし。
 
──ちなみに以前までのイメージはどんなだったんですか?
 
奥脇:加入する前までは、このバンドは暗くて何か凄く複雑に聴こえたんですよ、展開とか曲自体が。メロディは凄くキャッチーでポップなんだけど、イメージが暗かったというか。今も明るいわけじゃないけど、これはこれでポップなんだなって凄く思いましたね。観てるお客さんは、俺が加入する前のイメージと同じかもしれないですけど。
 
──なるほど。バンドって常にレコーディングやライヴ・ツアーの繰り返しだと思うんですが、その間も曲を考えてる感じなんですか?
 
青島:出来れば常にやれればいいですよね。やってはいるんですけど、なかなか(エルヴィス・)コステロが舞い降りてこないんですよね(笑)。この間はポール・ウェラーが来てて“Just take one step”が出来て。ポール・ウェラーとコステロが同時に降りてきたんですよ!
 
藤本:“コンバンワ~”って!?(笑)
 
一同:(爆笑)
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
癒されたいカルチャー
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻