Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー【復刻インタビュー】puli(2004年10月号)- 大きな意味は持たせてないラスト・シーンの解釈はお任せします...

大きな意味は持たせてないラスト・シーンの解釈はお任せします…

2004.10.01

爽快感と共に押し寄せる高揚感と骨のある音。そんなサウンドが響くpuli(プーリー)の楽曲は、いいメロディに歌を乗せながら、聴くごとに新しい発見を届けてくれる。元papillonのARO AOSHIMA(Vo/G)、元skinny dipのATSUSHI FUJIMOTO(Vo/B)、KOICHI HORIKAWA(Vo/G)に、前ドラマー脱退後、元CAPTAIN HEDGE HOGのYUICHIRO OKUWAKI(Dr)が加わり現在の4人となった彼ら。振り幅が広いのに芯のある曲、ポップな外観に彩 られた曲、メロディの可愛らしさが雰囲気に表れた曲、変則的なリズムも細かなフレーズも、すべて"納得"した上で奏でられているから心地いい。(interview:高橋典子)

犬を取るかバンドを取るか悩んでる(笑)

──初めは別々のバンドだったそうで?
 
青島:お互いバンドをやってて、それがなくなり一緒にやり始めたってだけなんですけど。もともとバンドで知り合いになって、音楽もよく知ってたし、ジャンルも離れてなくて一緒にやる機会も多かったんで。一緒に企画をやってたのはもう6~7年前。
 
──バンドがない間も曲作りはしてたんですか?
 
青島:そうですね、ちょこちょこと。すぐ行けるようにはしておこうと思ってたんで。
 
──出会ってからpuliというバンド名に?
 
青島:puliって名前は、ライヴをやるってなった時に、名前がなくちゃしょうがないんで決めました。プーリーは犬の種類の名前で、ハンガリーの牧羊犬なんですけど、全身がドレッドなんですよ、ボブ・マーリィみたいな。僕、まず犬が凄い好きで、犬を取るかバンドを取るか悩んでて(笑)。まぁ、今も悩んでるんですけど……
 
──両方取ったみたいな形になりましたね~(笑)。結構犬に詳しいんですか?
 
青島:結構詳しいんですよね、マニアックな犬はたくさん知ってますよ。まぁ、家で飼ってるのはチワワですけど(笑)。
 
奥脇:ポピュラーな犬だね(笑)。
 
青島:最初、図鑑で見て“何だこれ?”ってプーリーって犬が凄い気になって。一見したいなと思って家の近くの“わんにゃんワールド多摩”って所に行きまして、プーリーに会ってきたんです。館の人と“凄いですねぇ”って話してたら、“いや、もっとロックなヤツがいたんですけど、名古屋に移動になりました”とか言われて(笑)。
 
奥脇:犬が!? 左遷!?
 
──移動してしまうんですか?
 
青島:移動があったみたいです(笑)。あと僕、猫が大好きなんですよ。子供の頃から飼ってた猫がプリって名前なんですよ。……もうお判りですよね(笑)。そんな感じです。
 

曲を集めて、そこで出来るイメージのほうが大事

──結成してから、ここ2年くらいの出来事を振り返ってみるといかがですか?
 
青島:結成から1年経ってシングル出して、さらに1年経って今回のアルバム出して、全体としては普通 には流れてると思うんです。音楽的変化というよりも、また違う曲をやったって感じですね。シングルも今回のアルバムもどっちもいいんじゃないかと。逆にアルバムを聴いてシングルを聴きたくなってくれる人が多くいればいいかなと。
 
──今回は青島さんの曲が多めですが、最初に曲を聴いた時はどんな印象でしたか?
 
藤本:すぐイメージが出来る時と、そうじゃない時がありますね。でも基本的にはメロディにガンと来るものがあるんで。最初ギターのリフだけ付けていこうってところだけやってると、どうメロディが乗るのかとか思いますけど、そこに音を足して歌うとやっぱりメロディが強いんで、それだけで“いいね”って思いますね。そこからどんどん曲の雰囲気を作っていくとイメージが付いていって。
 
──アルバムの予想図はあったんですか?
 
青島:前の音源を出した時から次はアルバムをやりたいと思ってたんですけど、イメージは特に持ってなかったですね。自分達の曲を集めて、そこで出来るイメージのほうが大事だなと思って。最初からコンセプトを決めてやるほど上級者じゃないし、そこまで音楽を知らないと思うんですよ。テーマは“死と喪失”とか(笑)、そういうのはないですね。そこで出来たものがすべて。
 
──今回そうやって作っていくうちに、見つけたものってなんですかね?
 
青島:たくさんあるんですけど、どうなんですかね。それじゃ、端から1人ずつ。
 
堀川:………………
 
青島:ちょっと、放送事故起こっちゃうよ(笑)。
 
堀川:持ってくる曲持ってくる曲がいいんで、そういうところはライヴでも良さを出せるように……
 
──12曲みんな良いですもんね。この12曲は厳選してって感じですか?
 
青島:まぁ、300曲くらいの中から~(笑)。いや、持ってる曲全部ですね。最後は“足んねぇ、足んねぇ”って言って一生懸命作って。レコーディング前に“11~12曲は録ろう”って決めてて、自分の中でも12って数字があったんですよ。でも、入れようと思ってた曲を数えてたら13曲あって!!(笑) だから1曲削りました。13曲の中から12曲を抜粋して……
 
奥脇:かなり厳選してね(笑)。
 
──(笑)。並びは悩みました? けど、1曲目はもうコレだ!って感じの曲ですよね。
 
青島:曲順は結構悩みましたね。1曲目はこれだろうって決めてましたけど、1しか決まってなくて……。1、2、3はインパクトというか元気のある感じの曲を、自分達の好きな愛着のある曲が2曲目とかで、だんだんだんだんバンドの芯とか自分達の本当にやりたいことをやった感のある曲を、中盤に入れて。まぁ、……あとは惰性で(笑)。
 
──そんな~。でも前半って初めて聴く人にはアピールするところですもんね。
 
青島:そうですよね。試聴機で聴く時も1曲目から聴きますし。
 

何かポンって来るのはたぶん一瞬の出来事

──曲を作るパターンとしては、どんな感じが多いですか?
 
青島:ひたすら時間をかけますね。どんくらい寝ないかってとこです。考える時は考える。“作ろう”と思っても出来ないじゃないですか? 何かポンって来たものがあってからで、それはたぶん一瞬の出来事なんですよ。だからそこからどんだけ寝ないかですね(笑)。最後のほうなんて、まぶたにマッチ刺してやってますよ(笑)。
 
藤本:何日間か寝てないだけだもんね(笑)。ただ起きてるだけ。
 
──(笑)。詞の内容的にはどんなことを描いて歌ってるんですか?
 
青島:特にそんなに強いメッセージはあまり用意されてないですよ。洋楽とかでも音が格好良ければ対訳とか見ないんで。対訳見てるよりも、集中して音を聴いてたほうがいいなって思っちゃうから。でも詞を書くのも嫌いじゃないんで、言いたいことは言ってますけどね。メロディに合わせて自分の気持ちをそよ風に乗せて……、あとから乗っけていく感じのほうが歌は聴きやすいんじゃないかなと思うんで。
 
──洋楽でも、よく歌詞や意味を判らず歌ってることってありますもんね。
 
青島:中学の時、BOØWYとか“ワイセツなうなじが~♪”とか大きい声で歌ってましたからね(笑)。別 に歌なんだから恥ずかしいことだとも思わないし。詞がどうのこうのじゃないですよね。詞も楽器の一つっていうか、洋楽育ちの人ってそうだと思うんです。
 
──曲を作ってる時に、頭の中のイメージでは最終的な完成の音まで鳴ってるんですか?
 
青島:ある程度のところまでは鳴ってますけど、それぞれ自分が演奏するわけじゃなく演奏する人の色になるんで、そういうのも計算してですね。例えばドラマーの味とか、そういうところまで計算してやれればいいかなと思いますけど、なかなか。まずは自分の考えが先行しちゃいますね。
 
奥脇:“こういうのはどう?”って流れが上手くいくようなフレーズを聴かせるんですけど、“絶対ドラムはこのオカズで”って言うんで、“あ~そう?”って聞いて。何回かライヴをやると、結局全部俺のオカズになってますけどね(笑)。結局手癖なんで。
 
青島:今“あ~そう?”って言ってますけど、実は“ASS HOLE”って言ってますからね(笑)。
 
藤本:何だよ、すげぇ仲悪いな~。そんなひでぇこと言ってたんだ(笑)。悪いなこの人~。
 
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
癒されたいカルチャー
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻