Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー【復刻インタビュー】鉄と鉛(2004年10月号)- 迸る感情を叩き付けた怒濤のFUNK ROCK!!

迸る感情を叩き付けた怒濤のFUNK ROCK!!

2004.10.01

“エモ”と“エロ”は紙一重!?

──ジャケットのコンセプトは何かあるんですか?
 
井上:“赤い糸”ですね。『かわらない朝』という曲のなかで自分といろんな人との繋がりや絆を表現していて、それをジャケットに表してみたというか。
 
──「赤いシグナル 赤の他人 真っ赤な嘘と赤い糸」という歌詞が印象的な、PVにもなった曲ですね。
 
井上:鉄と鉛というバンド名にせよ、『emotional High-King』っていうアルバム・タイトルにせよ、このジャケットにせよ、いろんなイメージが膨らむと思うんで、受け手の解釈次第でいいんですけどね。
 
──babamaniaのdaigoさんがスペシャル・アドヴァイザーとしてクレジットされていますね。
 
濱野:2年前くらいに初めて神戸で対バンをやらせてもらって、それ以来いい付き合いをさせてもらってます。東京に住む前、こっちへツアーに来る時はdaigoさんの家に泊めてもらったり。音を録る時もいろいろとアドヴァイスをしてもらって。まるで自分のアルバムを録るかのようにテンション高かったですからね(笑)。
 
井上:具体的に言うと、「Hey Hey Hey」という曲は“Bメロを考え直せ”とか。その場で詞も書き直したり。結構キツイことも言うけど、かなり親身になって僕らのことを考えてくれてるから有り難いですよ。
 
鞍本:babamaniaと初めて一緒にライヴをやらせてもらった時はかなりのスパイスになりましたよ。“エモ”を感じましたね。
 
──キーワードはやっぱり“エモーショナル”?
 
鞍本:ええ。このアルバムのタイトルにもありますけど、如何にエモーショナルさが出せるかを大切にやってますからね。単純な音じゃない、バンドをやっている4人の要素をそこに入れ込む作業っていうか。
 
濱野:曲を作ってる時に“アッ! キ、キ……来たぁッ!”みたいな感覚っていうか(笑)、それを封じ込めたいし、グッと来るような音作りに努めてますね。今度のアルバムは余り時間もなくて、レコーディングも押し迫っていたんですけど、だからこそ逆に良かったと思うんですよ。そういう切羽詰まった時にエモーショナルさを出せた感はありますね。
 
鞍本:まぁ、毎回切羽詰まってやってますけどね(笑)。
 
──4人がそれぞれ感じるエモーショナルな瞬間、場面っていうのは? 
 
柴原:ライヴでいうと、1曲のなかでその瞬間グッと来るものがあったり、一体感を感じた瞬間…ですかね。
 
濱野:(柴原に対して)う~ん、それ60点!
 
──低いなぁ(笑)。
 
井上:でも確かに、ライヴで一つになった瞬間っていうのはありますよね。4人が同じ方向に向いた瞬間っていうか。音楽をやるのはあくまで自己表現であって、決して演じているわけではないから、一体感を感じることは稀なんですよ。
 
濱野:僕はですね、大阪でオールナイトのイヴェントに出た時かなぁ。朝の4時頃、最後に出た尼崎のバンドがいたんですよ。ヴォーカルはオッサンなんだか若いんだかよう判らんヤツで、ベースの子はTシャツだるんだるんのを着てて、ドラムの子は緊張しまくってて。どこにでもおるような普通 のバンドやってんけど、そのバンドを観た時に“やられた~”と思ったんですよね。無難に終わらせずに、完全にキレてるんですよ。彼らを観た時に、“ヤッベ、これエモーショナルや”って。…なんて言いながら、バンド名は忘れましたけどね(笑)。
 
鞍本:俺はそれとは別のオールナイトのイヴェントで。明け方眠い時にギャルバンが出てきたんです。ドラムの女の子が凄い気になって、“あ、これ何か違うぞ”と。それで前のほうへ行ったら、ウチのメンバーが偶然にも全員、申し合わせたかのようにそこにいたんですよ。その時凄くエモを感じましたね。同じ空間に共存しようっていうのをエモが引き寄せたんだなぁって。
 
濱野:まぁ要するに、4人とも同じポイントに引き寄せられてただけやろ?(笑)
 
鞍本:そうそう。いい具合にドラムの子の足が開けて半パンだったという(笑)。
 
──それは単純に、男の性〈さが〉ってやつじゃないですかね?(笑)
 
濱野:4人の共通項は“エモ”じゃなくて“エロ”ですかね(笑)。
 
──そんなエロ集団…もといエモ集団の皆さんには“レコ発ワープ”が控えてますが。
 
柴原:そうですね。初めて鉄と鉛を観る人でも充分楽しむことができると思うので、良かったら是非一度ライヴに来てほしいです。
 
井上:うん、会いたいですよ、まだ僕らのライヴを観てない人に。
 
鞍本:だからこそツアーに出て、こっちから会いに行くんですよ。
 
濱野:冒頭で話した“岩”が、これからはどんどんデカくなっていくと思うんです。それをオーディエンスを始め他のバンドマン、こうして取材をしてくれる人達の力を借りて、一緒に持ち上げられるようになれればいいなと思ってますね。
6th
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻