Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー【復刻インタビュー】惑星(2002年7月号)- とらわれない音楽ってことにとらわれはじめて、それが窮屈になっちゃったんです。

とらわれない音楽ってことにとらわれはじめて、それが窮屈になっちゃったんです。

2002.07.01

2002年になって、さらに勢いを増してきている惑星。7月にはシェルターで初ワンマンを行い、FUJI ROCK FESTIVAL'02の出演も決定しています。これから、もっともっと注目されていくこと間違いナシの惑星にいち早くお話を伺いに行ってきました。
(interview:あらきちえ、やまだともこ)

とらわれない音楽ってことにとらわれはじめて、それが窮屈になっちゃったんです。

──最初にバンドの結成についてお伺いします。
 
岸田:もともと、3人とも静岡で同じ高校のクラスメイトだったんですよ。その当時はみんな別 のバンドをやっていて、卒業してからも清水(ベース)とはたまに連絡を取り合っていたんですけど、高円寺の20000Vへライブを見に行ったときに偶然2人と再会したんですよ。その時に平田(ドラム)がまだドラムをやってるってのを聞いて、僕の中でバンドをやるなら激しい女性ドラムがいいって思ってたんで、3人で惑星を結成しました。5年ぐらい前ですかね。 
 
清水:僕も岸田も偶然上京していたんですよ。
 
平田:私は、東京から少し離れた所に住んでいたんですけど、シェルターとかライブハウスにはよく通 ってたんで、バンド結成しても練習とか全然苦にならなかったです。
 
──ところで、バンド名の由来は…。
 
岸田:もともと日本語のバンド名にしたいっていうこだわりがすごくあったんです。それで、目に映像として飛び込んでくる時の『惑』っていう漢字がすごく好きというのと、本来の『惑星』という言葉の意味がもつ、広がりみたいなものにぴんときたので、惑星というバンド名にしました。
 
──バンド名だけ聞くとトランシーな感じだったり、幻想的な音楽をやっているんじゃないのかって個人的に感じましたが。 
 
岸田:よくハードコアバンドって言われます(笑)。でも、安易に「バンド名=ジャンル」という表現は使いたくなかったんです。 
 
──バンド名と楽曲のギャップがまた良かったりするんですよね。ところで、惑星のルーツや最近よく聴いている音楽は何ですか。
 
平田:昔からいろんな音楽を聞いてきたんですが、今でもレコード屋に行くと1階から上まで全部気になっちゃってます。だから、レコード屋にいる時間がものすごい長いんですよ(笑)。その中でも、最近はレッチリですね。
 
岸田:(平田は)もともと聞いてたのは王道ロックだよね。
 
清水:俺も最近はレッチリですね。というか、平田がよく移動中の車の中でかけてるからそれに影響されたんですよ。個人的にはロマンティックにいかないぐらいのニューウェーブも好きです。
 
岸田: 僕は結成当時はPixiesとかSONIC YOUTHとか既存のロックにとらわれない、変拍子のものが大好きでよく聞いてました。で、僕らもそういうとらわれない音楽をやろうと思ってたんですが、とらわれないってことにとらわれはじめて逆に窮屈になってきちゃったんです。だからここ1、2年ぐらいずっと悩んで、今のようなシンプルなものになってきたんですよ。
 
──そういえば何年か前にライブを見たときは、今と音が全然違った気がします。
 
岸田:変わったと思いますよ。今でも昔の曲を演奏してますけど、ずっと同じものをやるよりはバンドも日々変化していてもいいかなって。そういう部分もバンドだと思います。
 
──惑星が考えるバンドってどんなものですか。 
 
岸田:スリーピースバンドってバンド形態としては最少の3人しかいないから気が抜けないですよね。ちょっと音が抜けたりするとすぐにわかっちゃいますもんね。でも、スリーピースバンドにも最大限の見せ方があるっていうのを最近気付いたんですよ。 
 
平田:たとえば、ギターが広がっていたらリズムがタイトにしてあげるとか、相反する力でいるのがスリーピースの醍醐味だったりするんですよね。
 
岸田:そういうバランス感覚が重要ですよね。難しいんだけど。
 
清水:最近友達のバンドを手伝ってたんですが、自分のバンドに戻ったときにスリーピースっていいなと感じましたよ。
 
──スリーピースって立ち位置が三角形だから、単純にドラム-ヴォーカルのセンターラインがないじゃないですか。惑星の場合、女性ドラムなのにすごく勢いがあるとかそういうのでも、フロントの2人を越えてドラムに目がいってしまうんですよ。
 
岸田:そうでしょう。よく言われますがうれしいですよね。 
 
──それで一番思うのはドラムが歌ってるかんじがすごくするんですよ。 
 
岸田:詩的なこといいますね(苦笑)。 
 
──でもそういうところがもともと岸田さんが求めていた、繊細だけど力強い女性ドラムだったりするところなんじゃないですかね。 
 
岸田:そうですね。女性ドラムにありがちなポコンって軽い音を出すドラムは絶対やだったんですよ。
 
──平田さんは男顔負けですもんね(笑)。
 
平田:(笑) 
 

惑星を通じて音楽以外にもいろいろなものとリンクしたい。 

──今までもいろいろなジャンルのバンドと対バンされてますね。
 
岸田:そうですね。ジャンル問わずかっこいいバンドが好きで、自然とこうなってしまったんですよ。あと最近は、そんな状況をいかして自分達でHoneymoonという企画を2ヶ月に1度ぐらいのペースでSHELTERでやっていて、1回目にCa-pとGYOGUN REND'Sに出演してもらったんですが、この2バンドを一緒に見れると思わなかったよってかなり好評でした。俺達だから誘えるバンドっているんだなって実感しました。
 
マネージャー:最近はライブに誘われることも多くなって、パンクバンドからとか声がかかるようになったんですよ。 
 
岸田:音楽もそうなんですがジャンルを問わず、惑星を通じていろんなものとリンクしたいんですよね。僕は大学の時に映像関係のサークルに入っていて、そのころ演劇もやっていたんですが、そういうのをうまくリンクできないかなぁと思っていた時に、downyがライブでVJを使って映像を流してるのを見てすごく衝撃でした。僕らもライブで映像流したりしたいんですよね。でもdownyみたいにVJではなくて、白黒の映画みたいなものが1曲20分ぐらいある曲のバックで流れてるとか、惑星なりの解釈をしたいです。でも、それに賛同してくれる人がいないんですよ。そうだ!  ROOF TOPで募集してもらえますか(笑)。あとは、以前ハイロウズのライブでチアガールが踊ってるのがあったんですよ。僕らは例えば真ん中で1人のダンサーがもくもくと踊ってるとか…ありえないことをやりたいですね。ライブ中ずっとたいまつをたいたりとか(笑)。そういう惑星と何かのリンクを考えるのがすごく楽しいんですよ。
 
清水:さすがにたいまつをシェルターではできないですけどね(笑)。
 
──今年の夏は急遽フジロックの出演が決まったそうですが…。
 
岸田:フジロックって実際は今年初めて行くんですが、憧れのひとつでしたよ。というのも僕が昔俳優とかいろいろやってた頃、最終的にバンドにしぼろうって思ったのはフジロックがきっかけなんですよね。音楽があって、それをかこんで色んな人間が集まって何かするってすごいですよね。音楽ってすごくシンプルなもので判りやすいじゃないですか。だから、いろんな事とリンクできて、こんなに大きなことを現実にできるんだって思い知らされたんですよ。まだ出演するってこと自体が決まったばかりで実感がわかないんですが、とにかくぶちかましますよ! 
 
──野外なりにまたなんかおもしろいことができそうですもんね。で、フジロックの前にはシェルターワンマンがありますけど、シェルターのワンマンの意気込みは?
 
岸田:初めてのワンマンだから何が起こるかわかんないけど楽しみです。いつもの倍ぐらい長い時間できるし。
 
──ワンマンって純粋に自分達のライブだけを見に来てくれてる人だけですからね。
 
清水:ワンマン来て下さい。それしかないですよ。
 
平田:来て下さい。
 
──ワンマン以降、レコーディングとかあったりするんですか? 
 
岸田:実は先日、YUKIちゃん(ex.JUDY AND MARY)とレコーディングしたんですよ。惑星の曲をやったんですが、これまたよかったですよ。 
 
──そういう、ストリート的じゃないところのリンクっていうのも惑星だからこそできるのかもしれないですよね。 
 
岸田:そうだったらうれしいですね。楽しみにしておいてください。
 
イースタンユーズ
ロフトアーカイブス
復刻
haku
lpo
lpo