Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー【復刻インタビュー】ROCKET K(2002年6月号)- ROCKET K待望の1st.アルバム発売!

ROCKET K待望の1st.アルバム発売!

2002.06.17

●M-8 ON THE CARPET OF THE MAGIC 

ROCKET HOLLIE:最後の曲! 僕は個人的に大好きな曲です!
 
ROCKET K.O.G.A:これこそROKET Kの曲ですよ。俺たちはいっつも酔いつぶれちゃうんだけど、一番大切な人に囲まれていっつもここにいるんだよ。 
 
ROCKET KAJIWARA:まさしく今ここに…的な曲ですね。
 
ROCKET K.O.G.A:でもたまには違う所にも行きたいよね、魔法の絨毯に乗ってさ。アレンジは、ギターのイントロのリフとかは赤松君だね。 
 
ROCKET AKA:うち砕きながらも、完全なるCAN'T EXPLAINの疾走感ですよ。
 
ROCKET KAJIWARA:この曲は本当に最初の曲ですね。
 
ROCKET AKA:この曲によって、俺たちの方向性が決まっちゃったぜ! ワンコード押しの典型だね。俺が一番やりたかった事だぜ~!!
 
ROCKET K.O.G.A:この曲でROCKET Kが判っちゃったんですよ。3人が3人とも違う方向かもしれないけど、イントロだけで燃える曲なんですよ。
 
ROCKET AKA:だけどその中には古閑さん流の、ギターポップ寄りかとも思わせるような流れるメロディーが存在しているんだけど、俺はイントロだけでもう、ぶっ飛ばす! 単音でぶっ飛ばす!! 
 
ROCKET HOLLIE:この3人でしか出来ない音が満載だということですね。 
 
ROCKET K.O.G.A:そりゃそうです。最後の曲だって、タネ明かししちゃったらWHOなわけですよ。だけど、俺たちはWHOのメンバーじゃないから、違う曲になってしまうのよ。ROCKET Kの曲になっちゃう。それが素晴らしいんだけど。 
 
ROCKET HOLLIE:PISS!!!!(3回目) 
 
ROCKET K.O.G.A:またかよ~!!(笑)
 
ROCKET AKA:ROCKET HOLLIE、奴は完全にGROOOVIE DRUNKERだぜ。 
 
ROCKET MOJA:お話を聞いてROKET Kは今のインディーズ・シーンで類を見ないほど理想的なバンドですねぇ。酒の量 はともかくとして(苦笑)。 
 
ROCKET AKA:DRUNKERのお前に言われたくないぜ~。ほ~ら、乾杯!
 
ROCKET K.O.G.A:とりあえず3人がワイワイ楽しんでやろうっていうノリですね。いい感じでGROOOVIEな部分が合った。これは奇跡的ですよ。
 
ROCKET MOJA:レーベルオーナーがメンバーでずるい! って思う…
 
ROCKET K.O.G.A:(遮って)ずるくないよ!!!! だってインディーって言うのは自主制作なわけでしょ。自主制作で自分のCD出してどこが悪いんだ!!!!
 
ROCKET MOJA:結局古閑さんが一番やりたかった事なんじゃないかって。
 
ROCKET K.O.G.A:そういわれるのはすごく嬉しいよね。この3人でそういう風に言われる音が出せたのは幸せだよな。俺もレーベルをやっていて良かったよね。10年かけ
てそういうことがわかって、本当に良かったね。
 
ROCKET HOLLIE:(戻ってきて)とりあえず、呑みましょうか。乾杯。
 
ROCKET K.O.G.A:そうそう(乾杯!)。堅いこと言っても、俺たちは結局酒なんだよね。僕らは実は小市民ですよ。イヤな言い方ですけど、お酒の力もちょこっと借りちゃったりして、みんなが輪になることは素晴らしいんですよ。それこそGROOOVIE DRUNKERの真髄ですよ。
 
ROCKET K.O.G.A:(爆笑)。(酒を注ぎながら)ROKET Kがあればちょっとは、酔っぱらいを許してくれるんじゃないか~ってね…。 
 
ROCKET HOLLIE:完全にそうですよ! 俺の中では、GENERATION Xに取って代わって、REBVENGE OF THE GROOOVIE DRUNKERですからっ!! 
 
ROKET MOJA:ええ、ええ。私も若輩者のDRUNKERですが、ROCKET Kに荷担します~。かんぱーーい!
 
ROCKET AKA:OH YEAH!!! かんぱーーーい!! 
 
ROCKET K.O.G.A:酔っぱらって日常何にもやんない奴は最悪だと思うよ。やることやって、そのご褒美が酔っぱらうことだからね。俺らはこの音を出すから、酔っぱらっても勘弁してくれ! ホント勘弁な。 
 
ROCKET HOLLIE:6月22日がSHELTERレコ発ですね。
 
ROCKET AKA:このDRUNKER MAGAZINEを読んでいる、そこのキミィ! 最高だぜ。この雑誌を読んでいるっていうことは、SHELTERを愛しているっていうことだ、RIGHT? ということは、同時にRROCKET Kも愛しているっていうことだ。間違いない! だったら~、6月22日、SHELTERの地下室に来いよ!! 
 
ROCKET HOLLIE:まさに! その日は、隣のローソンでライブ前に酒をかっ喰らってからSHELTERに入って下さい!
 
ROCKET AKA:でもローソンに迷惑をかけちゃダメだぜ。速やかにSHELTERに降りて、俺たちROCKET Kの最高なROCKET DIVEを聴きやがれ!
 
ROCKET K.O.G.A:最後に、下北沢のSHELTERをはじめ、Queだったり251だったり、せっちゃんだったりね、下北沢に感謝してます。そういう所があるからこそ、
ROCKET Kは存在しているんです。 
 
ROCKET AKA:THANKS! THANKS!!! THANKS,せっちゃん!
 
ROCKET HOLLIE:飲み屋にTHANKSリストするって! 
 
ROCKET K.O.G.A:それがないと俺たちはダメなんだって!! 
 
ROCKET AKA:最高のROCK'N'ROLLな場所だぜ~!
 
ROCKET HOLLIE:とにかく6月22日、楽しみですよ。SHELTERの打ち上げ売り上げ記録が更新されるのは間違いないとして(笑)。
 
ROCKET K.O.G.A:俺が好きなメンツを集めちゃったもんだからね。その日はもう、死ぬな。覚悟しといたほうがいいよ。ライブと打ち上げは一緒だから。
 
ROCKET AKA:最高にイカしてるぜ~! 
 
ROCKET MOJA:最高にイカれているぜ~!
 
ROCKET KAJIWARA:(ビール片手にポツリと)ホント楽しいんですよ。 
 
ROCKET K.O.G.A:ROCKET Kの所に行けばどうにかなるってね。あ、ボコられないくらいの、謙虚な気持ちもね(笑)。調子こかないように。
 
ROCKET HOLLIE:大人ですからね(笑)。でもやっぱり支離滅裂だ~。 
 
ROCKET K.O.G.A:人間だからさ、天気と一緒ですよ。変わっても問題ない!
 
ROCKET MOJA:それはライブの音にも言えることですよね。 
 
ROCKET K.O.G.A:そうよ。その日の気分のテイストでライブが明らかに変わってくるがいいよね。
 
ROCKET HOLLIE:レコ発の時に新曲が聴けるっていう噂が…。 
 
ROCKET AKA:オッケェ!! 求められたらなんでもやるよ。ROCKET K~!! って言われたらなんでもやっちゃうよ。 
 
ROCKET KAJIWARA:そういうのは楽しいですよね。
 
ROCKET AKA:完全にお前らをうちのめしてやるぜぇ!!
 
ROCKET K.O.G.A:最後にね(2度目)、ROKET Kによって、僕は30代も半ばにしてやっと、自分をさらけ出す事が出来たんだよ。赤松は25歳からさらけ出しっぱなし人生なのかもしれないけど(笑)。
 
ROCKET HOLLIE:じゃあ、次の作品ではもっと人生のコアな部分が曲に込められることになりますね。
 
ROCKET AKA:WHAT'S BUST? これだぜ。♪SHAKING THE BUST~♪ こんな感じだぜ。 
 
ROCKET MOJA:おぉぉぉ! 目が離せないということだ。 
 
ROKET AKA:あたりまえよ。今ROCKET Kから目を離すっていうことは、ROCK'N'ROLLから目を離すことだぜ。おいたはいけないよ~。
 
ROKET KAJIWARA:腕組んで斜に構えて見ている奴を、引きずり出す感じですね。
 
ROCKET HOLLIE:これは間違いない! サイコーですよ!! 
 
ROCKET AKA:たかがROCK! されどROCK! 俺計画だぜ。 
 
ROCKET K.O.G.A:僕はラーメンが大好きで、なかでも熊本ラーメンが好きなんですよ。で、熊本ラーメンが食べたくて食べたくて仕方がない状態に良くなるんですよ。そんな状況でROCKET Kが聴きたくて聴きたくてしょうがねぇ~!!!! くらいな計画ですよ。禁断症状~。替え玉 一丁~!って。
 
ROCKET AKA:よ~し、決まったぜ。アンコールは替え玉だぜ。 
 
一同:かっえだまっ! かっえだまっ! かっえだまっ! 
 
ROCKET AKA:湯切りも十分だぜ~♪ 
 
ROCKET K.O.G.A:ちょっと固いかな~くらいの硬質なロック。ROKET Kは新鮮なロックだということですね。カッカッカ~~~(笑)。
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
癒されたいカルチャー
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻