Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー【復刻インタビュー】WE HAD BEEN THERE~A tribute to BEYONDS~ BEYONDSトリビュートCD発売&LIVE決行記念スペシャル大放談!(2002年6月号)- あの時、確かにそこにいた──

あの時、確かにそこにいた──

2002.06.01

ブッチャーズとカウパァズの競作、「I Can't Explain」 

谷口 順:ヨウちゃんは? ブッチャーズが「I Can't Explain」をやるのは早い段階から聞いてたけど。 
 
吉村:一番印象にあるメロディっちゅうことでね、うん。まぁ大ちゃん(高杉大地)のギターは2オクターブ下で弾いたけど(笑)。 
 
谷口 健:最初の出だしのヨウちゃんの声、あれは俺、ズルイと思ったもん(笑)。「何て青春なんだ!」と。ヨウちゃんの英語で…最高! 本当に素晴らしい!
 
吉村:俺らは今回、敢えてビヨンズのCDは聴かなかったんだよ。ビヨンズのデモ・テープがあって、その中からカヴァーしようって。で、俺らはヘラ(200MPH)を入れてコピーしようと。実際のテイクは一発、二発で終わってて、ヴォーカルを入れる時になったら、歌詞が英語だから俺ちょっとギクシャクして。で、ヘラがヴォーカルのテンポをリズムで教えてくれるんだけど、「違う!」っつうわけ。結局ヴォーカルがハマんなくて、周りはヤキモキしてるし…で、取りあえず俺は寝たから!(笑) 
 
大地:(笑)ふて寝?
 
吉村:で、「もう一回やろう!」ってやったっけ、自分の英語がこれがまたねぇ…(笑)。
 
谷口 健:いや、英語が新鮮だった!
 
盛樹:凄い楽しみだった!
 
トク:スコットランドっぽくて良かった!
 
吉村:…訛りかぁッ!(笑)
 
──「I Can't Explain」はカウパァズもカヴァーしてますね。
 
吉村:俺、知らねぇよ、あれ(笑)。後から「あ、同じ曲をやってる奴がいる!」と思ったら「カウパァズじゃねぇか!」って(笑)。俺らのアレンジってのはそのまんまやったっていうか、自分なりに削いでいったんだけど、カウパァズのほうはちゃんとアレンジされてて、フレーズも分割されてて、「いやいやいやいや…ナァロ~!」って(笑)。
 
大地:「I Can't Explain」は2曲あるけど、全然別でしょ! カウパァズのは「I Can't Explain」だって全然判らないもん。カウパァズだもん。いかにも(竹林)現動だよねぇ(笑)。 
 
盛樹:引っ掛かるポイントがやっぱり近いんじゃないかな?
 
吉村:やり方が対照的でさぁ、“細かい”と“大雑把”っていうかさぁ、俺らはそういうことできないからこういうことを言うんだけど…「細かいな、この野郎ッ!」っていうさぁ…(笑)。俺らはアレンジを考えてもどうしようもなかったわけよ。いざスタジオに入ったら短くパッとまとまったから…。 
 
大地:カウパァズの現動に、あれをどれくらい時間を掛けてやったか訊きたいね。あんなのスーッと出てきたら「こいつヤベェんじゃないか!?」って思うよ。
 
谷口 順:でも、マスタリングの作業が全部終わって、健ちゃんが「本当にどうもありがとう! 皆さん素晴らしい! 本当に素晴らしい!」って言ってくれた時は、俺も「おお~」なんてグッときたな。
 
大地:俺も言ったんだけどね?
 
谷口 順:「ファウルどうだった?」みたいなことばかり言わなかったっけ? 健ちゃんは今回色々と動いて、自分は何も動いてないだろ? 
 
大地:動いてたって! 
 
谷口 順:あの(平松)学(ファウル)のインタビューを録る時も、お前のデカい笑い声で台無しにして!(笑) 
 
大地:打ち上げの場所でやるから悪いんだよ!(笑)
 
松本ロフト
LOFTX Koenjoy
ロフトアーカイブス
復刻
lpo
lpo