Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー【復刻インタビュー】SION(2002年6月号)- あんた、耳と心で俺の音楽が聴こえるか

あんた、耳と心で俺の音楽が聴こえるか

2002.06.01

INTERWIEW:梶川功一(新宿ロフト)
TEXT:荒木智絵(編集部)

唄と音の<UNTIMELY FLOWERING> 

──今回の新しいアルバム<UNTIMELY FLOWERING>のタイトルですが。 
 
SION:なんかないかなぁって思ってね、歌詞の一部に<狂い咲き>っていうのがあるんですよ。それからですね。<UNTIMELY FLOWERING>とは。実際に英語を話す人はあんまり使わない表現で他の表現をするらしいんだけど、それが余計にいいんじゃないかって思ったのですよ。響きが好きだったんですよ。アンタイムリィー・フラワリングっていう言葉の響き方が。
 
──<UNTIMELY FLOWERING>を直訳すると、<時期外れに咲き乱れる>風景が浮かびますが。 
 
SION:そうね。その感じもいいでしょ。<的を得てない>というか<時代遅れ>みたいな感じよ。でもさ、咲いているんだからいいか! そんな気分ね。 
 
──何が咲いているんでしょうか。 
 
SION:それはもう、唄でしょう! 唄と音が咲いているでしょう!! 売れはしないかもしれんが咲いているのよ。ドカッと咲いているのよ。
 

最上の<ジャラン>の固まり 

──SIONさんはソングライターとして、歌詞はどのような瞬間に産まれるのですか? 
 
SION:俺は歌詞を思いついたりして、メモを残す事はあんまりしないのよ。メモをするのは、日常の例えばテレビで面 白い事に気が付いた時とかね。「俺はバカボンのパパと同い年だ」とか。最近俺はどうやって歌詞を書いているんだろうね。うーん、どこかにスイッチがあるんだろうね。俺の中に。出てくるね。
 
──SIONさんの実生活から滲み出てくるものなのですか? 
 
SION:俺は未だにガキっぽいけど、俺の歌詞には何処を切っても俺の血が流れているのよ。だからイヤだって言われる事だってあるくらい。それは仕方ないことだよね。だって俺が作ってるんだから。
 
──アレンジ面を今回はMOGAMIのメンバーが手がけているんですね。
 
SION:そうね。前作までは一人か二人にやってもらっていたんだけど。今回は全員に最低1曲はやってもらいたいって思ったから、全員にやってもらったね。池畑潤二にまで頼んでさ(笑)。
 
──それはすごいですね。曲はどういう基準で振り分けられたんですか?
 
SION:曲のイメージでぴったりあわせた曲もあるし、違うものを見せてもらいたくて任せた曲もあるよ。池畑に頼んだものは、どうなるの!? っていうおもしろさを追求したんだよ。とにかく、みんなの音が聴きたかったし、それで作り上げたかったんだよ。 
 
──聴いていてすごく楽しいですよね。(藤井)一彦さんは一彦さんなりのアレンジが曲からにじみ出ていたりして。SIONさんのソロ・アルバムなのに、違った側面 もありますね。
 
SION:そうだろうねぇ。
 
──「雪かもな」ってアコースティック・バージョン(2001.12.19@新宿ロフト)で聴いた時とは全然違った曲に聴こえて、びっくりしました。
 
SION:あぁそうでしょ。スタジオに来る道すがら電車の中で、考えたんでしょうね(笑)。(一同爆笑)って、こんな事言うから怒られるんだろうなぁ。そんなことない! って。
 
──最後の曲がまた、浸みましたよ。 
 
SION:「鉄の41ちゃい」ね。ここがねぇ。デモテープ作っておちゃらけしようと思ったの。場をなごませようと作ったんだけど、案外良くできてねぇ。だからタイトル変わったのよ、「41」に。 
 
──最後の「ジャランと~」の部分に、SIONさんの今を感じましたが。 
 
SION:そうだよね。どうしてもレコーディングの後に、「ジャラ~ン~」って言いたくなっちゃうのよ。一彦が作ってきた曲にも「Aメロ・Bメロ・最後ジャラン」って書いてあったりしてさ(笑)。
 
──難しい質問だと思いますが、その「ジャラン」ってなんでしょう? 
 
SION:なんだろうねぇ。俺はTHE MOGAMIみんなの私生活は知らないし、みんなも俺の事を全部は知らないと思うけど、それでも重なった部分で一緒に音楽をやっていたりしてさ。他人なんだけど、他人じゃなくなる瞬間の、楽しい瞬間が「ジャラン」だと思うな。それはギターでもドラムでも全部よ。何でもいいんだけどね。
 
──それが今のSIONさんにとって、一番楽しい事だったりするんでしょうね。 
 
SION:うん。こんなにお互いが無責任につきあって、誰も誰もを被ったりしてないしね。誰も誰のことを面 倒見ている訳じゃないし。誰にも強制されている訳じゃないしね。判りやすくていい関係やん。もちろん裏ではいろいろあるのかもしれんよ。だけど、俺達の前ではそういうことじゃないから。ホント楽しいよなって。そういうことを嘘じゃなくて、1度でも言えることは幸せなことですよ。俺がこの年になって、そういう気持ちになれたのは、すごく楽しいことだと思うな。
 
──その現時点での集大成がこのアルバムに詰まっているわけですね。
 
SION:そうよ。このアルバムはとにかく上手くいったよ。いい感じだなあぁ。「ジャラン」の固まりみたいな感じよ。俺は、どうしても今やっていることをやりたくなるのよ。独りで歌う事は簡単にできるけど、今はみんなの出す音が聴きたいのよ。その上で自分の歌を歌いたいのよ。ドカンとジャランと鳴らしたいのね。
 

SION YAON 

──SIONさんというと、安易な言い方ですが、日比谷野音のイメージが強かったりもします。今年も6月30日に野音でライブが予定されていますね。
 
SION:そうね。東京というと、ずっと野音でしかやっていないイメージがあるのかもしれないよね。年末のロフトはアコースティックだったしさ。自分の中では梅雨時期の野音と年末の渋公だね。そういう時代がずっと続いているね。そういう体制が自分でも気に入っていたりして。野音は行いがいいからか、雨も降らないしね(笑)。
 
──ファンとしたら、雨の中で歌うSIONさんも乙なものじゃないかって思ったりして。
 
SION:いやいや、雨降ったら、うちのメンバーは全員後ろに下がっちゃうでしょ。俺しかいなくなるよ(笑)。「もうそういう年じゃない」とか言ってさ。(一同爆笑) 
 
──そうですか。やっぱり今年も晴天を願いましょう。去年も少し小雨が降っていて、SIONさんが歌い始めてパーっと晴れたりして。それはそれで感動的だったんですよ。
 
SION:最初に雨が振ったのは松田君のお行いが悪いからで(笑)。
 
──SIONさんは時間的にはどの時間帯がとくに好きだったりしますか? 
 
SION:そうねぇ、好き勝手に歌わせてもらっている身としたら、やっぱりすっきり晴れた日の、夕暮れだよな。すっきりと暮れかかっていったりすると、自分の心の中でうわーーって盛り上がってきちゃうよね。
 
──時間の流れが、自然の照明みたいに感じられるのはすごく贅沢なライブですよね。ライブハウスでは体験出来ない、すごく大事な部分だったりしますよ。 
 
SION:でもそういうライブハウスにも必殺の技があるよね。<夜>なんだよ。終わらない夜。やっぱりそれは時間だけじゃない空間が存在して、そこに持っていくことが出来るからね。それはそれですごくいい部分なんだよな。野音はね、星が見えるか見えないかくらいの時間帯が、自然で特に美しいよね。今回のアルバムを基本にやりながらね、古い曲もやりたいって思っているよ。後は、みんながすごいミュージシャンだからね。その一人一人を見に来るのだけでも面 白いと思うよ。俺の歌だけを聴きに来るっていうのでも別にいいんだけどさ。ギターやっている奴がギターを見たら、すごい発見が出来るだろうし。キーボードもすごいよ。オルガンってこんな音がでるんだって思ってくれてもいいしね。池畑のドラムだってすごいやねぇ、でも顔に似合わず繊細な事もするんやねぇってさぁ(笑)。
 
──そのなかでTHE MOGAMIとしてのバンドサウンドのグルーヴ感も一つの極みだったりしますね。 
 
SION:そうね。どんな方法でもいいから楽しんでもらえればいいね。去年は一彦がFUJI ROCK FES.でニール・ヤング見た後で、それが乗り移っちゃってねぇ(笑)。すごく楽しかったから、今年も30日の前に一彦に誰かが乗り移って誰かになっていたら面 白いよね。(一同爆笑)そうじゃなくても、一彦には何かやらせるけど(笑)。 
 
松本ロフト
LOFTX Koenjoy
ロフトアーカイブス
復刻
lpo
lpo