Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー【復刻インタビュー】マイナーリーグ(2002年4月号)- ベタ同士だったら普通 のバンドになっちゃうと思うんで

いずれは、音をちょっと聴いただけでマイナーリーグだってわかるくらいになりたいですね。

2002.04.01

マイナーリーグの待望のニューアルバム「攻め」が発売された。文字通り「攻め」の姿勢を崩さず、作り上げられたこのアルバムについて、ギターの長島氏に話を聞いた。 (interview:北村ヂン)

ベタ同士だったら普通 のバンドになっちゃうと思うんで

──マイナーリーグとしては四枚目、長島さんが参加してからは二枚目のアルバムになりますが。前作と比べても、結構全体の音の感じが変わった感じがしましたが。
 
長島: まあ、とりあえずパーカッションが入ったんで、その部分に関してはメンバー間でも色々話し合いましたね。でもそれぞれの音一個一個についてはそんなに意識的に変えようとは思ってないんですけどね。ただ、今回プリプロは念入りにやりましたね。以前もプリプロをやってたはやってたんですけど、本番のスタジオでやってたわけじゃなかったんで。その点、今回は本番のスタジオでプリプロやって、エンジニアの人もその段階から一緒にいてもらって、その変には気をつかいました。 
 
──最終的なミックスの問題なのかもしれないですけど、今までって割と綺麗にまとまってるって感じだったのが、今回は全部の音が渾然一体となっていて、なんか音の塊がガーンって迫ってくる感じの音作りって感じがしたんですね。
 
長島: あ~それは、今回まず生っぽくしたいなっていうのがあったんで、ProToolsとかを使わなかったんですよ。ボーカルとか部分的にはデジタルで録ったんですけど、基本的にはアナログで。あんまりレコーディング自体は作り込んだ感じじゃなくしようということで。
 
──ノリを重視してって事ですね。
 
長島: ウチらって全部一発録りなんですよ、まあ分けて録ったことが無いんですけど。それで、一応何テイクかは録っておくんですけど、大体一番最初に録ったテイクがいいみたいな。それが一番勢いが出てると思うんで。
 
──なるほど。ライブでの演奏と、スタジオでレコーディングする音源とはどういう区別 をしていますか。
 
長島: オレはライブはライブ、CDはCDって思ってますけどね。やっぱ違うじゃないですか、テンションの持って行き方とか。レコーディングだったら間違っても、もう一回取り直せばいいことだし。ライブだとやり直せないけど、間違えてたとしてもそれはそれで味っていうかノリの一つになるんじゃないですかね。 
 
──作曲はバンド名義になってますけど、曲作りってどういう風にやってるんですか。
 
長島: 大体僕が元となる物を持って行って、ドラムのヤツと一緒にスタジオで「こんなリフどう?」みたいな感じで詰めていって、あとは皆で合わせてみてって感じですね
 
──マイナーリーグの大きな特徴として、ツインボーカルっていうのがありますけど、曲を作る段階でツインボーカルって事を意識してるんですか。
 
長島: いや、それはないですね。確かに入ったばっかりのころはその辺も意識して作ってたんですけど、そういう風に作ると結構ベタなものが出来ちゃうんで。この部分は亨の低い声の方がいいかな、くらいのイメージはありますけど、今は気にしないで普通 に曲を作る様にしてますね。 
 
──普通に作って、アレンジの段階でそれぞれのボーカルに割り振るって感じですか。
 
長島: 基本的にボーカルに関しては亨が主導権を握ってるんですけど、オレは亨を信頼してるんで、そこに関しては任せてますね
 
──他のメンバーから見て、マイナーリーグにおけるボーカルの位置づけってどうなってるんですか。
 
長島: オレ個人は楽器の一部だと思ってますけどね。歌詞とかも色々深い事を言ってるんですけど、それ以上にオレはボーカルも楽器として捉えてて、ボーカルが発する「音」の方を重視してますね。
 
──歌詞の内容もそうなんですけど、それ以上に「音感」としての言葉の乗せ方がすごいですよね。
 
長島: その辺は一緒にやってる人間が言うのもなんなんですけど圧倒される部分はありますね。
 
──普通じゃあまり考えられない言葉の選び方とか、英語と日本語の絡め方とかですよね。
 
長島: まあ、あんまり枠にとらわれてないっていう事ですね。自由にやってるから。最初はオレ自身、そういうやりかたに正直違和感あったんだけど、今は逆にメロディーの付け方とかも任せてますね。オレが何か言うと亨の味がなくなりそうな気がして。
 
──信頼関係の元、いい意味で突き放して、お互いどんなものを持ってくるかっていう所ですか。
 
長島: 端から見ててもそうだと思うけど、基本的に亨とオレって音楽に関しての考え方が違うんですよ。こういうヤツもいるんだって感じで。オレ自身はどっちかっていうとベタな方なんですよ。あいつは野生のカンじゃないけど、そういう感じでやってるタイプだから。でも、ベタ同士だったら普通 のバンドになっちゃうと思うんで、今はいいバランスで出来てるんじゃないですかね。 
 
──そういう所がマイナーリーグの強烈な個性につながってるんでしょうね。
 
長島: いや~、まだまだですけどね。いずれは、音をちょっと聴いただけでマイナーリーグだってわかるくらいになりたいですね。 去年、ZEPPでやったSHELTER10周年のイベントに出させてもらったんですけど、あの時一緒にやったバンドとかすごかったですからね。存在感に圧倒されるというか。ジャンル的にはあんまり聴かないようなバンドでも、あそこまで行くと音楽とかジャンル関係なしに、伝わる物があると思うんですよ。そういう風に人を引きつけられるようなバンドになりたいですね。
イースタンユーズ
ロフトアーカイブス
復刻
haku
lpo
lpo