Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー【復刻インタビュー】3P3B座談会(2002年3月号)- 負けてらんねぇって思うし、もっと行っちゃってとも思う

負けてらんねぇって思うし、もっと行っちゃってとも思う

2002.03.27

ショートサーキットとキャプテン・ヘッジ・ホッグが所属するスリーピースリービーが今年、3周年を迎えた。各バンドの現状やお互いのバンドに対する印象などについて訊いてみた。[TEXT:TOMO]

何処でやっても僕らのスタイルは変わらない

——キャプヘジは2月9日、AXで『DOLPHIN TOUR』のファイナルを迎えたけれど?

SHINOBU:最高でしたね。良い締めが出来たんじゃないかと思いました。ツアーも、毎回演っててもやっぱり波があって、同じセットリストでもけっこう出来ないもんだなと思いましたね。

——ツアー中の1月にマキシ・シングルがリリースされたけど、その時期に出したのはどうして?

SHINOBU:完全に営利目的ですね(笑)。2月9日、AXの煽りも含めて。

NAOU:煽りって言いたかったんでしょ(笑)。

SHINOBU:んふふ(笑)。でも、お陰様でAXもいっぱい入ってもらえて良かったですよ。

——AXってでっかいでしょう? どんな感じだった?

SHINOBU:AXってデカイし、お客さんもいっぱいで。ぶっちゃけ両親とかお兄ちゃんとか来たり、何故か歯医者の先生まで来たりして(笑)、こーれはどうしようかといった感じだったんですけど、出た瞬間にお客さんの勢いがこっちにくるじゃないですか。それを気持ち的に踏ん張るみたいな雰囲気ですよね。その風に呑まれてしまわないように演ってたんですけど、演ってるうちにライヴハウスで演ってることと何ら変わらない状況になってきて、広いんだけど、それこそシェルターとかのようなライヴハウスで演ってるような気分になってきましたね。だから大きさは関係ないんだなと。何処でやっても僕らのスタイルは変わらないなと。…ニヤリ(不敵な笑み)。

——なるほど(笑)。では、ショートサーキットの現状は?

NAOU:今は、次のアルバムに向けて曲作りをしています。その間はライヴを演らないでそっちに専念したいなと思っています。

——次回作、内容はどんな感じになりそう?

MORIYASU:実はまだ見えてないですね(笑)。出来たものを出していくだけなんで。

——曲作りに苦労しているみたいだね(笑)。

NAOU:毎回なんですけど(笑)。普段から思い付いた事は取っといて貯めておくようにしてるんですけど、具体的な形にするのは本当、カツカツ(笑)。詞は自分の部屋で考える事が多いですね。で、夜なんですよ。

MORIYASU:俺は、乗り物に乗ってるときに浮かぶんですよ。俺はドラマーなんで曲を作る事はほとんどないんですけど。家に一人でいるときは思い浮かんでこないですね。まぁ人によるよね(笑)。

——そうだよね。で、キャプヘジとショートサーキットが所属している事務所が、スリーピースリービー。

SHINOBU:ショートサーキット、キャプヘジ、社長、秘書の8人という少人数でやってる、それこそ吹けば飛ぶような事務所なんですけど(笑)、それが良いところですね。和気藹々と出来るところが。

MORIYASU:みんなで一生懸命、自転車を漕いでね(笑)。

SHINOBU:完全に自転車操業ですよ。

バンドとして認めてる部分はすごくあるんじゃないかな

——3周年のイベントは沖縄とシェルターで。

SHINOBU:みんな沖縄が好きだし、友達もいるんで。沖縄ではノーショウが出ますけど、シェルターは2バンドで。

——すごく楽しみだね。で、改めて訊いてみたいんだけど、お互いのバンドの事をどう思っているのかなって。

SHINOBU:一緒にいる事が普通だし、新曲とか出してくるものは絶対に良いものだっていう、人のバンドなのに自信があって、実際に聴くとやっぱり良いもの作りやがった、悔しいなっていう感じですかね(笑)。ライバルでもあるわけだし、仕事仲間でもありつつ友達でもありつつ。まぁ、言ってみれば「ファーミリィー」みたいな(笑)。家族…、兄弟かな、どっちかっていうと。

NAOU:ほとんど言われたような(笑)。客観的に見ると、バンドとして最強で作る曲も最高だし、ライヴも強烈だし、面白いし。…負けてらんねぇって思うし、もっと行っちゃってとも思うし、身近にそういう存在がいるっていうのは刺激にもなるし、…なんて事を言ってみたりして(笑)。

MORIYASU:キャプヘジに入りたい(笑)。それぐらい愛してるっていうか。バンドとして認めてる部分はすごくあるんじゃないかなって。会社の中で一緒にやってる以上、お互い頑張っていこうよっていう気持ちもあるし。

——では最後に、ライヴ日程を教えて下さい。

SHINOBU:一緒なんですけど、3月7日に渋谷のAXでサムの解散ライヴに出つつ、次の日にシェルターで「3P3B MEETING」の3周年をやって、11日に沖縄。その後は決まってないですね。

MORIYASU:ショートサーキットは、アルバムを出す前に何か、出します。

——東京でのライヴは、3月7、8日を逃すとちょっと…。

SHINOBU:観れないですね。今回のツアーでも判ったことなんですが、ライヴは、お客さんが少なくても良いときは良いライヴを出来るし、悪いときは本当、申し訳ないですけど悪いライヴしちゃうんですよ。でも、僕は普段でも毎回、フルスイング。うーん、だから、もうちょっと素振りをしとけっていう事ですね(笑)。

MORIYASU:素振りして準備しておきますってことで(笑)。

このアーティストの関連記事
松本ロフト
LOFTX Koenjoy
ロフトアーカイブス
復刻
lpo
lpo