Rooftop ルーフトップ

COLUMN

トップコラム吉田 豪の雑談天国(ニューエストモデル風)第三回ゲスト:マキタスポーツ(後編)

回ゲスト:マキタスポーツ(後編)

第三回ゲスト:マキタスポーツ(後編)

2010.03.01

豪&マキタ、プラスワンにて初遭遇!

マキタスポーツ(以下:マ) 僕のプラスワン初登場は散々な結果に終わったんですけど(先月号のルーフトップ参照)豪さんが初めてプラスワンに出たのはいつなんですか?

吉田豪(以下:豪) ボク、本当にプラスワンが嫌いだったんですよ! あんな所に出るような人間にだけは絶対なりたくないと思ってて(笑)。初期のプラスワンのサブカル臭がすごい嫌だったから。

 あぁ、富久町にあった頃ね

 だから呼ばれても出ないようにしてたんですけど(笑)。最初、『マンガ地獄変』っていうボクらがやってた本のイベントが、何かの穴埋めで急遽決まっちゃって、それが初登場ですね。客なんか全然居なかったんですけど、そこからイベントを頼まれるようになって……。

 俺が豪さんを初めて見たのは、確か『紙のプロレス』のイベントだったと思うんだけど、その時かな、ちゃんと挨拶したのは。

 水道橋博士と一緒に来たときですか?

マ そう、博士と……。

 じゃあ、『紙のプロレス』と『プロレス激本』って雑誌との対決イベント(注:「第1回ターザン山本まつり<ターザン山本、お前はすでに死んでいる?!>」99年7月1日開催)のときですかね。

 そっか、それだ! で、ターザン(山本)の別れたばっかりの彼女を映像で出して……。

 あ、それをやったのがボクです(笑)。その映像を出されたターザンがマジ切れして一人で大暴れして、スクリーンに酒とか掛けて駄目にして、コップを投げて割ったらそのガラスで自分の足を切って、その翌日に「破傷風寸前になったから責任を取れ!」って電話してきたんだけど、勝手に自滅しただけじゃねぇか!っていう(笑)。そういう事件があった時ですよね。

 あのときは「なんて酷いことするんだ!」と思う反面、「すげ〜面白いことするなぁ〜」って思ったもん。

 あれって、どっちの雑誌でも仕事してたターザンが「キミの雑誌はいいけど、あいつらは最低だ!」とか言ってたから、当日は面倒なことになると思ったターザンが「やっぱり行かない」とか言い出したりで、ゴタゴタだらけだったんですよ。雑誌同士の対決事態は打ち合わせゼロの完全ガチで、ターザンを電話でび出して、ターザンが来た瞬間に、ターザンが当時別れたばっかりの彼女のインタビュー映像を流したという。

 そうそう、思い出した! あれは面白かったなぁ〜。

 で、収集が付かなくなった時に、お忍びで来てた博士が仕方がないから壇上に上がって、その場を治めたという。浅草キッドとしてプラスワンに登場したことはないはずだから、貴重な場面でしたよ。

 また博士がね、ジェイルバーでしたっけ? (注:当時プラスワンにあったバースペースの名称)あそこで待機しながら、どのタイミングで行こうか〜なんて言って博士が出るタイミングをずっ〜と伺ってたのを覚えてますよ。そんな時にその事件が起きて、出て行って、いい感じで拍手もらって、結構いい感じで戻ってきてね。で、その日ですよ確か。俺が今の女房とプラスワンで初めて言葉を交わしたのは(笑)。

 あ、そうなんですか! じゃあ、あの事件の日がボクとの出会いの日でもあり、奥さんとの出会いの日でもあった、と(笑)。

 実はそうなんですよ(笑)。

「豪さんはおくりびとですよね?」

 あと最近の話題だと、ミッキー安川御大が亡くなられましたけど、豪さんとしてはどうですか? 最後の良き理解者として。

 山城新伍さんもそうでしたけど、大体ああいう世代の人たちはテレビなり雑誌なりがだんだん面倒くさがって使われなくなるんですよね。タブーもないから何を言うかわかんないし。その結果、ボクがスポークスマンになっちゃった感じですね。ラジオ日本じゃないと聞けないミッキーさんの発言を、ボクが他局で裏側込みで話すという。

 ホントに豪さんは見届け人ですよね。

豪 ダン池田とかポール牧とか、生涯最後のロングインタビューに行く機会が多いんですよね。死に水を取りにいくような感じで、「これで心置きなく死ねる」って(笑)。

 もはや、おくりびとですよね?

 別に、そろそろ死ぬだろうと思ってハイエナみたいにガッツいてるわけじゃないですよ(笑)。ただ、「これをやるまで死ねないみたいな事ありますか?」とか聞くようにはしてますけど。

 ミッキーさんもそんな事言ってました?

 ミッキーさんは、そういう話も出来ない位、俺ペースで話し続けてましたね。「俺のインタビューなんて3日やっても終わらないんだから、とっとと終わらせてメシ食いに行こう!」って人だったから、取材も途中で切り上げて。

 メシ食って、女抱きに行こうと。

豪 女は奢ってもらってないですよ(笑)。何が大変だったってテープ起こししようとしたら、話が3分の1くらい聞き取れなくて(笑)

 そうなんだよなぁ〜。あの人テレビで見ても、口の動きとか周りの状況を見て、怒ってるのかとか機嫌を判断してましたからね(笑)。話してることは、よく分からなかったですよ。

豪 そんな人が亡くなるまでレギュラーを何本も抱えてたラジオ日本は最強ですよ。言ってることもかなりメチャクチャで、美川憲一と対談した時なんて、いきなり「あれだな、お前デカマラらしいな」ですからね(笑)。「セックスの時は男役やってるらしいじゃねぇか」って言われて、あの美川憲一が困り果てて。

マ それ、いつくらいの時ですか?

 ちょうど美川憲一ブームの時ですよ(笑)。「もっとはじっこ歩きなさいよ」の頃。

マ その時に、そんなこと仕掛けてるんですか! 凄いなぁ(笑)。

 で、会って、「美川さんとの対談が面白かったですよ」って言ったら。「あいつも大変な奴なんだよ、何度も捕まってよ〜」って(笑)。基本、言わなくてもいい話しかしないんですよ。そこは天才的だけど、これは確かにテレビは使わなくなるだろうなって思う。

 逆へ逆へ、ですもんね。

 どんどん使えない方へ行くっていう(笑)。だからボク、ラジオ日本で、ミッキーさんの番組に突然出ろって言われた時の衝撃について、メディア上ではなかなか詳細までは話せないんですよ。完全に放送禁止用語が入ってるから。つまり、ミッキーさんが放送中に「河原乞食」って言っちゃったわけですけど、スタジオに局の人も居るんで「それはちょっと……」とか言うじゃないですか。そしたら、「なんだよ、こんなのマズイわけねぇだろ! 河原乞食の俺が言うんだから大丈夫なんだよ、コノヤロー!」って、余計に連呼することになって(笑)。

 むしろスルーした方がいいですよね。

 そうなんですよ。で、後から聞いたら、やっぱり視聴者から抗議が来るらしいんですよ。でもミッキーさんは気にしないでずっと放送禁止用語を言い続けるし、ラジオ局に文句を言っても関知しないし、スポンサーに言っても、そのスポンサーもミッキーさんが連れてきてるから、それで抗議の手応えがなさすぎて抗議する側が諦めたっていう(笑)。

 凄いなぁ〜! ラジオ日本の番組って、なんであんなに続けてられるのかって思ってたけど、スポンサーが自前だからなんだ。

 ミッキーさんの番組は、スポンサーが健康食品の通販なんだけど、その通販の電話に出るのが、ミッキーさんの友達の老人たちなんですよ(笑)。淡谷のり子の元マネージャーだった80歳くらいのおじいちゃんが電話とか受けてて、深夜番組だからふと見ると熟睡してたりして(笑)。「今日は電話が5本ありました!」とか、それぐらいの売上で番組が成り立ってたのかどうかは、いまだに謎ですね。あと、その日は大雨だったから放送中に「注意報」が出て、突然アナウンサーがスタジオに入ってきたんですけど、それに怒るんですよ。「なんだお前、突然入ってきて!」「注意報って、どう注意すればいいんだ! それ!」って(笑)。大ベテランなのに、そんなことにも疑問を持つという。

マ 完全に番組の私物化ですよね。

 もう俺の局くらいの感覚(笑)。それは地上波ムリですよね。デタラメで押しが強いキャラの人っていう意味では、いまで言うと高田純次さんとか近いのかもしれないけど、決定的に違うのがギャグじゃないんですよね。全て本気なんですよ(笑)

 笑わそうって気がないですもんね。状態として笑われてるっていうか。あの人がボケたとこ見たことがない。

 じゃないと、グラビアアイドルのプロデュース企画を持ちかけたとき、「どんなのがいいですか?」っていうボクの質問に「そんなのはレイプしかねえよ! 俺らが若い頃、セックスっていったらレイプだったから」とは言えないですよね(笑)。

 一体どんな時代だったんだっていう(笑)。

 で、「そうだったよな?」って聞かれた淡谷のり子の元マネージャーが、「ああ、そうだったそうだった」って真顔で答えたりして(笑)。抜群に面白いけど、いまのテレビで放送出来るわけがないんですよ!

このアーティストの関連記事

マキタスポーツ・ニューアルバム
「オトネタ」

価格:¥2500 レーベル:(株)ディスクユニオン

amazonで購入

iTunesStoreで購入

LIVE INFOライブ情報

3月5日(金)
吉田豪・マキタスポーツ・宮崎吐夢の
「時事放談」(仮)
(※都合により出演者が変更になることもございます。ご了承下さい)
OPEN18:30/START19:30
前売¥1500/当日¥1800(共に飲食代別)
※前売券はローソンチケットにて発売中(Lコード:34641)
会場:ロフトプラスワン

COLUMN LIST連載コラム一覧

  • おじさんの眼
  • ロフトレーベルインフォメーション
  • イノマー<オナニーマシーン>の『自慰伝(序章)』
  • ISHIYA 異次元の常識
  • 鈴木邦男(文筆家・元一水会顧問)の右顧左眄
  • レズ風俗キャストゆうの 「寝る前に、すこし話そうよ」
  • 月刊牧村
  • 「LOFTと私」五辺宏明
  • 絵恋ちゃんの ああ えらそうに コラムが書きたい
  • おくはらしおり(阿佐ヶ谷ロフトA)のホントシオリ
  • 石丸元章「半径168センチの大問題」
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の歴史のふし穴
  • 煩悩放出 〜せきしろの考えたこと〜
  •  朗読詩人 成宮アイコの「されど、望もう」
  • 今野亜美のスナック亜美
  • 山脇唯「2SEE MORE」
  • 大島薫の「マイセルフ、ユアセルフ。」
  • 能町みね子 新中野の森 アーティストプロジェクト
  • 能町みね子 中野の森BAND
  • アーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生
  • 戌井昭人の想い出の音楽番外地
  • さめざめの恋愛ドキュメンタリー
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の ああ夢城
  • 吉田 豪の雑談天国(ニューエストモデル風)
  • ゲッターズ飯田のピンチをチャンスに変えるヒント
  • 最終少女ひかさ 但野正和の ローリングロンリーレビュー
  • 吉村智樹まちめぐ‼
  • いざゆかんとす関西版
  • エンドケイプの室外機マニア
  • 日高 央(ヒダカトオル)のモアベタ〜よ〜
  • ザッツ団地エンターテイメン棟
  • 劔樹人&森下くるみの「センチメンタル「非」交差点」
  • 三原重夫のビギナーズ・ドラム・レッスン
  • ポーラーサークル~未知なる漫画家オムニバス羽生生純×古泉智浩×タイム涼介×枡野浩一
  • the cabs 高橋國光「アブサロム、または、ぼくの失敗における」
  • “ふぇのたす”ちひろ's cooking studio
  • JOJO広重の『人生非常階段』〜今月のあなたの運勢〜
  • マリアンヌ東雲 悦楽酒場
  • 大谷雅恵 人生いつでも初体験
  • ジュリエットやまだのイケメンショッキング
  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ ロック再入門
  • 岡留安則 “沖縄からの『書くミサイル』”「噂の真相」極東番外地編
  • 高須基仁 メディア論『裏目を読んで半目張る』
  • 田中 優 環境はエンタメだ!
  • 雨宮処凛 一生バンギャル宣言!
  • 大久保佳代子 ガールズトーーーク!!!!!
  • DO THE HOPPY!!!!!
6th
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻