Rooftop ルーフトップ

COLUMN

トップコラム煩悩放出 〜せきしろの考えたこと〜第1回 平成の出来事語呂合わせ(煩悩放出 〜せきしろの考えたこと〜)

回 平成の出来事語呂合わせ(煩悩放出 〜せきしろの考えたこと〜)

第1回 平成の出来事語呂合わせ(煩悩放出 〜せきしろの考えたこと〜)

2019.02.13

 平成ももうすぐ終わる。
 思い返せば平成は様々なことがあった。
 たとえば、1992年。歌手の尾崎豊が死去。甲子園で松井秀喜が5打席連続敬遠。映画『シコふんじゃった。』公開。そして「風船おじさん」行方不明。中でも私たちの記憶に最も残っているのは荒井注のあの事件しかない。そう、カラオケBOX事件だ。
 荒井注が静岡県の伊東市にカラオケBOXをオープンしようとした。しかし、入口を小さく作ってしまったために、肝心のカラオケ機器を建物の中に入れることができず、オープンを断念したあの事件である。
 約26年経った今でも私は荒井注のカラオケBOXについて考える時がある。何とかして機器を中に入れる方法はなかったのだろうかと。
 最初に考えられる方法は、入口から入れるのが無理ならば、入口以外から入れる、という方法である。裏口、ベランダ、窓など、他にも出入りできるところはあったはずだ。しかし、その方法を荒井注が試さないわけはない。きっとどこの出入口よりもカラオケ機器が大きかったのだろう。
 入口よりも大きいものを入れるという話から思い出されるのはボトルシップ。それに倣わない手はない。よって次に考えられる方法は、カラオケ機器を分解して建物の中に運び、それを中で組み立てるという方法である。これなら問題なく中へ入れることはできる。しかし、分解して組み立てる技術を持った者がいないと始まらない。この方法が選択されなかったということは、技術者がいなかったのだと推測される。
 原始的ではあるが、石鹸で滑りを良くして入れる方法や、油で滑りを良くして入れる方法も考えられる。ただし、これらの方法は入口と機器がほぼ同じ大きさであるならばまだ可能性があるかもしれないが、あまりにも大きさが違うといくら滑ろうが無理である。また、石鹸や油で機器が汚れてしまうのも大きな問題だ。
 そうなるとあの方法しかない。それは漫画『キテレツ大百科』に出てくる発明品からヒントを得たものである。この世の物体は原子が集まってできていて、その原子同士の間には隙間がある。その隙間を通ることができれば、物体同士はすり抜けることができるという。これを利用し、入口のドアの原子とカラオケ機器の原子が衝突しないようにすれば入れることができるはずだ。しかしこれこそ難しい方法であるのは明らかだ。
 結局、良い方法は思いつかない。私は荒井注の役に立てないのか? いや、ひとつだけ役に立てることがある。それはこの事件を風化させないということだ。そうすれば近い未来、何か良い解決策が生まれるかもしれなく、タイムマシンが発明される可能性もある。
 そこで私は、いつまでも記憶しようとある語呂合わせを考えた。
 
 ドア19センチに対しカラオケの機械92センチ
 1992年、荒井注カラオケBOX事件
 
 これならいつまでも忘れない。
 
 そういうわけで今回は、他の平成の出来事の語呂合わせも作ったのでぜひ活用してもらいたい。同時に平成を懐かしんで欲しい。
 なお、試験には出ないので受験生は無視したほうが良い。
 
 いく(19)ら注意しても救急(99)車のように騒ぐ
 1999年、吉村作治が成人式で激怒
 
 1人でも9人でも95人でもペア分けできない!
 1995年、梅宮アンナが羽賀研二とペアヌード
 
 200MBのファイルをダウンロードするのはむ(6)り
 2006年、仲間由紀恵 with ダウンローズ解散
 
 200曲弾きながらイギリスへGO(5)!
 2005年、イギリスの海岸でピアノマン保護
 
 19から99%脱退しました
 1999年、19から326が事実上脱退
 
 200デシベルなんて無理! 頑張って7デシベル
 2007年、船場吉兆の女将ささやく
 
 2011針縫う大ケガ!
 2011年、反町隆史のドーベルマンが隣人を噛む
 
 カウント2.007で跳ね返した!
 2007年、池谷幸雄、プロレス・デビュー
 
 全治2015カ月でもおかしくなかった
 2015年、池谷幸雄、イベントで退場する時に助走、バック転、後方1回宙返りをして右アキレス腱断裂、左ふくらはぎ肉離れ
 
 行く(19)ぜ、最低95回はアメリカに!
 1995年、吉田栄作、渡米
 
 仁王(20)立ちではなく倒(10)立
 2010年、池谷幸雄、選挙カー上で倒立
 
 行く(19)急な(97)腹痛で
 1997年、乱一世「トイレはCMの間に」と発言
 
 能楽狂言方和泉流二十(20)世宗家の(0)ダブル(2)ブッキング
 2002年、和泉元彌、ダブルブッキング
 
 イ(1)タタ自打球(9)自打球(9)自打球(9)
 1999年、巨人後藤、3球連続自打球
 
 20時17分の電車が来るぞ!
 2017年、松本伊代と早見優、線路立ち入りで書類送検
 
 行く(19)ことができない、91回以上プロポーズをした男がいるから
 1991年、武田鉄矢、飛び出してトラックを止める
 
 
せきしろ 
1970年、北海道生まれ。主な著書に『去年ルノアールで』『カキフライが無いなら来なかった』『まさかジープで来るとは』『たとえる技術』『1990年、何もないと思っていた私にハガキがあった』など。
 
このアーティストの関連記事

COLUMN LIST連載コラム一覧

  • おじさんの眼
  • ロフトレーベルインフォメーション
  • イノマー<オナニーマシーン>の『自慰伝(序章)』
  • ISHIYA 異次元の常識
  • 鈴木邦男(文筆家・元一水会顧問)の右顧左眄
  • 月刊牧村
  • 「LOFTと私」五辺宏明
  • 絵恋ちゃんの ああ えらそうに コラムが書きたい
  • おくはらしおり(阿佐ヶ谷ロフトA)のホントシオリ
  • 石丸元章「半径168センチの大問題」
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の歴史のふし穴
  • 煩悩放出 〜せきしろの考えたこと〜
  •  朗読詩人 成宮アイコの「されど、望もう」
  • 今野亜美のスナック亜美
  • 山脇唯「2SEE MORE」
  • 大島薫の「マイセルフ、ユアセルフ。」
  • 能町みね子 新中野の森 アーティストプロジェクト
  • 能町みね子 中野の森BAND
  • アーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生
  • 戌井昭人の想い出の音楽番外地
  • さめざめの恋愛ドキュメンタリー
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の ああ夢城
  • 吉田 豪の雑談天国(ニューエストモデル風)
  • ゲッターズ飯田のピンチをチャンスに変えるヒント
  • 最終少女ひかさ 但野正和の ローリングロンリーレビュー
  • 吉村智樹まちめぐ‼
  • いざゆかんとす関西版
  • エンドケイプの室外機マニア
  • 日高 央(ヒダカトオル)のモアベタ〜よ〜
  • ザッツ団地エンターテイメン棟
  • 劔樹人&森下くるみの「センチメンタル「非」交差点」
  • 三原重夫のビギナーズ・ドラム・レッスン
  • ポーラーサークル~未知なる漫画家オムニバス羽生生純×古泉智浩×タイム涼介×枡野浩一
  • the cabs 高橋國光「アブサロム、または、ぼくの失敗における」
  • “ふぇのたす”ちひろ's cooking studio
  • JOJO広重の『人生非常階段』〜今月のあなたの運勢〜
  • マリアンヌ東雲 悦楽酒場
  • 大谷雅恵 人生いつでも初体験
  • ジュリエットやまだのイケメンショッキング
  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ ロック再入門
  • 岡留安則 “沖縄からの『書くミサイル』”「噂の真相」極東番外地編
  • 高須基仁 メディア論『裏目を読んで半目張る』
  • 田中 優 環境はエンタメだ!
  • 雨宮処凛 一生バンギャル宣言!
  • 大久保佳代子 ガールズトーーーク!!!!!
  • DO THE HOPPY!!!!!
6th
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻