Rooftop ルーフトップ

COLUMN

トップコラムせきしろの 投稿者列伝vol.11 番外編 「せきしろが考えたこと ドラマ性を生み出す言葉」

l.11 番外編 「せきしろが考えたこと  ドラマ性を生み出す言葉」

vol.11 番外編 「せきしろが考えたこと ドラマ性を生み出す言葉」

2019.01.10

 わずか数文字で状況を一変してしまう言葉がある。

 (5時間後)

 カッコと四文字で構成されるこの言葉もそのひとつだ。

 この言葉を付けるだけで、聞きなれた言葉の印象は別のものになり、頭に浮かび上がる風景は一変する。やがて想像を掻き立て、ドラマ性を生み出す。

 たとえば、お笑い芸人であるねづっち氏。彼のお馴染のセリフとして「ととのいました」というのがある。誰もが一度は耳にしたことがあるだろう。ねづっち氏はなぞかけを得意としていて、なぞかけが出来たと同時に「ととのいました」と言うのだ。

 これに先ほどの言葉を付けてみる。

 ととのいました(5時間後)

 これではととのうまでに5時間かかったことになる。ねづっち氏のなぞかけは即興性が強く、スピードが持ち味だが、それらの特性がすべて失われてしまっている。これが『(5時間後)』という言葉の力だ。

 そしてドラマ性が生まれ始める。

 5時間後に完成したなぞかけ。ここからじっくりとなぞかけを考えるねづっち氏の姿が浮かび上がって、いつもとは違う真剣な表情が見えてくる。

 ではその5時間をねづっち氏はどのように過ごすのか? 舞台上でじっと考えている時もあれば、意味もなく歩き回ることもある。歩くことによって脳は活性化すると言われているから、間違った行動ではない。

 時には外の空気を吸いに行く時もあるだろう。そういったリフレッシュも必要だ。ブドウ糖を摂取することもあるだろうし、夏場なら水分、そして塩分を取ることもあるはずだ。熱中症でなぞかけができなかったなんてことになったら大変だ。

 こうして思いついた言葉やフレーズ、過去のエピソードなどを紙にメモし、その断片的な情報を元になぞかけを作っていく。自分ひとりで作るとどうしても偏りが出てしまうし、ひとりよがりになってしまうため、周囲の人に相談することも忘れない。雑談から良いなぞかけが生まれることだってある。

 そうしてなぞかけをいくつか絞り、そこからひとつ選び、さらにブラッシュアップしてやっと完成する。しかしすぐに発表するわけではなく、壁に向かって何度も練習する。

 この間、お客さんは客席でずっと待っているわけではなく、外出することも可能である。会場近くに観光スポットがあればそこに行くのも良いし、買い物や、いつも作ろうと思っていてすぐに忘れてしまいがちな合鍵を作ったり、洋服の直しを頼んだりして思い思いの時間を過ごす。「でもそんなことしてたらなぞかけを見逃す人もいるのでは?」とお思いの人もいるだろうが心配ない。ブザーを持っているからだ。フードコートで料理ができたら鳴る、あのブザーだ。なぞかけが完成したらブザーで知らせてくれるので問題はない。

 そうしてお客さんがすべて揃ったところで、ねづっち氏はこう言うのだ。

 「ととのいました」

 このようなドラマが生まれる。『(5時間後)』という言葉の力がおわかりいただけただろう。これは私が想像したドラマであって、十人いれば十種類のドラマが生まれる。

 ねづっち氏関連でもうひとつ例を挙げてみよう。

 ねづっちです(5時間後)

 この場合、5時間後に「ねづっちです」と言ったことになる。通常はなぞかけをし、終わってすぐにこのセリフを言う。それなのになぜ5時間もかかったのだろうか?

 真っ先に考えられるのは「忘れていた」という理由だ。なぞかけが終わって家に帰って寝ようとした時に言っていないことを思い出し、「やばい! ねづっちですって言うの忘れてたっち!」と慌てる姿が目に浮かぶ。語尾は想像だ。そこから連絡先を知っている人には電話で、そうではないお客さんなどにはSNSや配信で「ねづっちです」と伝えたことだろう。

 もうひとつ考えられるのが「笑い待ち」をしていたというもの。笑い待ちというのはお客さんの笑いがおさまるのを待つことである。お客さんが笑っているのに話を進めても聞こえないし、お客さんも流れを見失ってしまう。そこで笑いがおさまるまで待つ、というある種のテクニックである。

 披露したなぞかけがウケまくって、お客さんの笑いがなかなかおさまらず待つ。もうそろそろ終わりかなと思ったら、再び思い出して笑う人たちの第二波が来て、そこに初めはなぞかけの意味がわからなくてキョトンとしていた人が、「ああ!」とやっと先ほどのなぞかけの意味を理解して笑い出す波も加わり、さらにまた思い出して笑う人たちが出てきて、結局笑いが完全におさまったのが5時間後。そこでやっと「ねづっちです」と言ったのだ。

 このように『(5時間後)』はかなりのポテンシャルを持っている。いくつかの例とそこから生まれるドラマ性を表にまとめたので是非ご覧いただきたい。

 というようなことを約2時間言い続けているイベントをロフト系列のお店でやらせていただいているので、もしも興味を持たれた方がいましたら是非お越しください!

sekishiro_hyou.jpg

このアーティストの関連記事

COLUMN LIST連載コラム一覧

  • おじさんの眼
  • 月刊牧村
  • ロフトレーベルインフォメーション
  • イノマー<オナニーマシーン>の『自慰伝(序章)』
  • 石丸元章「半径168センチの大問題」
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の歴史のふし穴
  • 煩悩放出 〜せきしろの考えたこと〜
  •  朗読詩人 成宮アイコの「されど、望もう」
  • 今野亜美のスナック亜美
  • 山脇唯「2SEE MORE」
  • 大島薫の「マイセルフ、ユアセルフ。」
  • 能町みね子 新中野の森 アーティストプロジェクト
  • 能町みね子 中野の森BAND
  • アーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生
  • 戌井昭人の想い出の音楽番外地
  • さめざめの恋愛ドキュメンタリー
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の ああ夢城
  • 吉田 豪の雑談天国(ニューエストモデル風)
  • ゲッターズ飯田のピンチをチャンスに変えるヒント
  • 最終少女ひかさ 但野正和の ローリングロンリーレビュー
  • 吉村智樹まちめぐ‼
  • いざゆかんとす関西版
  • エンドケイプの室外機マニア
  • 日高 央(ヒダカトオル)のモアベタ〜よ〜
  • ザッツ団地エンターテイメン棟
  • 劔樹人&森下くるみの「センチメンタル「非」交差点」
  • 三原重夫のビギナーズ・ドラム・レッスン
  • ポーラーサークル~未知なる漫画家オムニバス羽生生純×古泉智浩×タイム涼介×枡野浩一
  • the cabs 高橋國光「アブサロム、または、ぼくの失敗における」
  • “ふぇのたす”ちひろ's cooking studio
  • JOJO広重の『人生非常階段』〜今月のあなたの運勢〜
  • マリアンヌ東雲 悦楽酒場
  • 大谷雅恵 人生いつでも初体験
  • ジュリエットやまだのイケメンショッキング
  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ ロック再入門
  • 岡留安則 “沖縄からの『書くミサイル』”「噂の真相」極東番外地編
  • 高須基仁 メディア論『裏目を読んで半目張る』
  • 田中 優 環境はエンタメだ!
  • 雨宮処凛 一生バンギャル宣言!
  • 大久保佳代子 ガールズトーーーク!!!!!
  • DO THE HOPPY!!!!!
eastern youth
haku
lpo
lpo