Rooftop ルーフトップ

COLUMN

トップコラム煩悩放出 〜せきしろの考えたこと〜

煩悩放出 〜せきしろの考えたこと〜

  • 第20回「夏はもう終わったのかを調べるチェック表」

    煩悩放出〜せきしろの考えたこと〜第20回夏はあっという間に終わるものである。それは分かっているのに、毎年夏を楽しまずに無駄に過ごしてしまう。そして毎回悔...more

    2020.09.12

  • 第19回 子どもがガッカリする迷路5選

    煩悩放出〜せきしろの考えたこと〜迷路を楽しむ子ども。ゴール目指し、夢中になって線を引いていく。ちなみにこの作業が運筆力をアップさせ、空間認識力や論理的思考...more

    2020.08.07

  • 第18回「考えなくていいことを考える~ねづっちのなぞかけ編~」

    ねづっちといえばなぞかけである。どんなお題に対しても、迅速に答え、私たちを唸らせるなぞかけを見せてくれる。しかし、いくらねづっちといえどもすぐに答えられない時だってあるだろ...more

    2020.07.09

  • 第17回 「あの興奮をもう一度~昔の漫画単行本編」

    1980年代、田舎に住んでいた私はレコードを買う時は通販しかなかった。町に小さなレコード店はあったが、欲しいレコードはそこにはなかった。大都会である札幌まで特急に乗って買いに行く方法もあったが、...more

    2020.06.08

  • 第16回「モノボケ万能フレーズ」

    煩悩放出〜せきしろの考えたこと〜人生何があるかわからない。年々そう思う機会が増えている。もしかしたら突然モノボケをやることになるかもわからない。明日、あるいは数時間後...more

    2020.05.14

  • 第15回 「ロード何章なのかがわかる早見表」

    煩悩放出〜せきしろの考えたこと〜たとえば居酒屋で飲んでいる時、有線で曲が流れる。それは明らかにTHE虎舞竜の『ロード』。しかし第何章かはわからない。&nbs...more

    2020.04.10

  • 第14回 「自由律俳句」

    この度、私と又吉直樹氏の共著による自由律俳句集『蕎麦湯が来ない』が刊行されることになった。『カキフライが無いなら来なかった』『まさかジープで来るとは』に続くシリーズ第3弾である。自由律俳句と...more

    2020.03.08

  • 第13回「言葉の力~文字が情景を変える~」

    煩悩放出〜せきしろの考えたこと〜昨年話題になった言葉に「俺はAAAだぞ」というのがある。AAAの元リーダーの言葉だ。一時ワイドショーなどを賑わせていたので記憶にある方も多い...more

    2020.02.05

  • 第12回 「喫茶店で水の入ったコップを持ち上げた時に紙のコースターがついてきてしまった場合について」

    煩悩放出〜せきしろの考えたこと〜誰かと喫茶店に行った時、最も気をつけなければいけないのは、服装でも髪型でもオーダーする飲み物でも話題でもなく、コースター、特に紙製のコースタ...more

    2020.01.05

  • 第11回 疲れた時のたとえ

    疲れた時に「疲れた」と言う。至極当たり前のことである。しかしこれを何度も繰り返されるとどうだろう。A「疲れたー」B「お疲れ様」A「疲れたー」B「ほん...more

    2019.12.03

  • 第10回 「どのレジが一番早いのか見極める」

    夕方の混雑したスーパーマーケット。レジは複数台あるが、どこもお客さんが列を作っている。この時、私が考えることはたったひとつだ。どのレジが一番早いか、である。状況を瞬時に見極め、...more

    2019.11.05

  • 第9回 オリジナルマナー

    私はいろんなことが気になる。しかし気にしない人のほうがカッコ良いと思うので人前では一切気にしていないふりをする。たとえば家の鍵を閉めてきたかどうか気になってしまうことがあって、私一人ならば確かめ...more

    2019.10.03

  • 第8回 「竜宮城問題について」

    亀を助ける。するとお礼として亀が竜宮城へ連れていってくれる。昔話『浦島太郎』のお馴染みの流れだ。たとえばもしも私が亀を助けたとしよう。そして竜宮城へ誘われたとする。...more

    2019.09.03

  • 第7回 「加トちゃん世代の僕らはゲーテになれたかもしれない」

    「ゲーテ曰く、青年は教えられるより、刺激されることを欲する」「ゲーテ曰く、若くして求めれば老いて豊かである」「ゲーテ曰く、泣いてパンを食べたものでなければ、人生の本当...more

    2019.08.09

  • 第6回「補足説明」

    補足説明をすることによって、頭の中のイメージはくっきりとした輪郭を持つようになり、鮮明になる。特に括弧を使った補足説明は、短いながらもその効果は大きい。例えばサングラス。...more

    2019.07.02

  • 第5回 「ベン図で言葉をわかりやすくする」

    まずは<図1>を見てもらいたい。これはベン図と呼ばれているもので、複数の集合の関係を図にしたものだ。数学の授業などで一度は見たことがあるのではないだろうか。この図から「...more

    2019.06.07

  • 第4回 「いざという時に使えるあみだくじ」

    人間、決断しなければいけない時がある。たとえば、進学、就職、結婚、転職、別れ、旅立ち……。あるいは、回転ずし。今流れてきた皿を取るのか、それとも取ら...more

    2019.05.09

  • 第3回 「キングオブコント2018コント以外部門」

    世の中の言葉は二つに分けられる。都市伝説っぽい言葉かそうではない言葉かである。その判別法は簡単で、都市伝説っぽいかどうか知りたい言葉に(都市伝説)と付けてみるだけでよい。more

    2019.04.03

  • 第2回「西川君気絶小説」

    「西川君が気絶してもうた」お笑いコンビ、レギュラーのお馴染みの台詞である。「さあ、これから楽しいネタが始まるぞ」と、見る者すべてが期待に胸を膨らませる瞬間だ。ところがこの台詞に1行付...more

    2019.03.06

  • 第1回 平成の出来事語呂合わせ(煩悩放出 〜せきしろの考えたこと〜)

    平成ももうすぐ終わる。思い返せば平成は様々なことがあった。たとえば、1992年。歌手の尾崎豊が死去。甲子園で松井秀喜が5打席連続敬遠。映画『シコふんじゃった。』公開。そして「風船おじ...more

    2019.02.13

COLUMN LIST連載コラム一覧

  • おじさんの眼
  • ロフトレーベルインフォメーション
  • イノマー<オナニーマシーン>の『自慰伝(序章)』
  • ISHIYA 異次元の常識
  • 鈴木邦男(文筆家・元一水会顧問)の右顧左眄
  • 月刊牧村
  • 「LOFTと私」五辺宏明
  • 絵恋ちゃんの ああ えらそうに コラムが書きたい
  • おくはらしおり(阿佐ヶ谷ロフトA)のホントシオリ
  • 石丸元章「半径168センチの大問題」
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の歴史のふし穴
  • 煩悩放出 〜せきしろの考えたこと〜
  •  朗読詩人 成宮アイコの「されど、望もう」
  • 今野亜美のスナック亜美
  • 山脇唯「2SEE MORE」
  • 大島薫の「マイセルフ、ユアセルフ。」
  • 能町みね子 新中野の森 アーティストプロジェクト
  • 能町みね子 中野の森BAND
  • アーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生
  • 戌井昭人の想い出の音楽番外地
  • さめざめの恋愛ドキュメンタリー
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の ああ夢城
  • 吉田 豪の雑談天国(ニューエストモデル風)
  • ゲッターズ飯田のピンチをチャンスに変えるヒント
  • 最終少女ひかさ 但野正和の ローリングロンリーレビュー
  • 吉村智樹まちめぐ‼
  • いざゆかんとす関西版
  • エンドケイプの室外機マニア
  • 日高 央(ヒダカトオル)のモアベタ〜よ〜
  • ザッツ団地エンターテイメン棟
  • 劔樹人&森下くるみの「センチメンタル「非」交差点」
  • 三原重夫のビギナーズ・ドラム・レッスン
  • ポーラーサークル~未知なる漫画家オムニバス羽生生純×古泉智浩×タイム涼介×枡野浩一
  • the cabs 高橋國光「アブサロム、または、ぼくの失敗における」
  • “ふぇのたす”ちひろ's cooking studio
  • JOJO広重の『人生非常階段』〜今月のあなたの運勢〜
  • マリアンヌ東雲 悦楽酒場
  • 大谷雅恵 人生いつでも初体験
  • ジュリエットやまだのイケメンショッキング
  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ ロック再入門
  • 岡留安則 “沖縄からの『書くミサイル』”「噂の真相」極東番外地編
  • 高須基仁 メディア論『裏目を読んで半目張る』
  • 田中 優 環境はエンタメだ!
  • 雨宮処凛 一生バンギャル宣言!
  • 大久保佳代子 ガールズトーーーク!!!!!
  • DO THE HOPPY!!!!!
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
癒されたいカルチャー
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻