Rooftop ルーフトップ

COLUMN

トップコラム戌井昭人の想い出の音楽番外地第六十回 "和製ランナウェイズ"ことガールズのやさぐれ感に痺れる

十回 "和製ランナウェイズ"ことガールズのやさぐれ感に痺れる

第六十回 "和製ランナウェイズ"ことガールズのやさぐれ感に痺れる

2020.03.04

戌井昭人 想い出の音楽番外地  第六十回 “和製ランナウェイズ”ことガールズのやさぐれ感に痺れる
 
GIRLS.jpg
 
 世の中には、ガールズバンドといって、女性だけがメンバーの格好いいバンドがあります。やはり女性だけがメンバーで、ビシバシ楽器などを演奏されて、暴れ回っていたりなんかするのを見ると、痺れてしまいます。なにも敵わねぇやと思えてきます。とくに不良っぽかったりすると、「すいません」と謝りたくなってきます。
 現在は違うのかもしれないけれど、かつては、「バンドやってるけど、なにが悪いんだこの野郎!」といった感じで、女性バンドは、気合の入り方が違うようにも思えました。
 ランナウェイズとかL7とか、なんだか怖かったのを覚えています。いっぽうで、ちょっと毛色は違うけど、バングルスというバンドもありました。ボーカルの女の子が可愛かったなあ。「Walk Like An Egyptian」という曲の変な踊りも印象的でした。最近では、ハイムという、アメリカ出身、3姉妹のガールズバンドもあって、この前ラジオで、最新曲が流れていて、良かったです。あとは、三姉妹バンドといえば、シャッグスですけれど、この人たちは、ガールズバンドといっても、特殊な部類に属するのではないかと思います。
 日本のガールズバンドも負けてはいません。最近のガールズバンドでも格好良いバンドがたくさんあって、YouTubeの映像なんかを見ながら、「ああ、凄えな、かっちょ良いな」と思ったりしているのですが、オッサンゆえに、新たにバンドの名前を覚えるのが困難な状況になっていることをお許しください。
 そんでもって、今回紹介したいのは、現在の日本のバンドではなく、かつてのガールズバンドです。その名も、ガールズというバンド名で、アルバム名は『Punky Kiss』です。調べてみたら、1977年に結成して1979年に解散したようです。当時、どれくらい売れたのかわからないけれど、先に挙げた、ランナウェイズの影響とかあったのかな? とにかく、まずは、ジャケットから気合の入り方が違います。メンバーの皆さまが、カラフルなレオタードで、ポーズをとっているのです。「なんだコレ?」と思ってしまいます。レコード棚にあったら、「どうしたの?」と思われてしまうかもしれません。
 しかし、レコードに針を落としてごらんなさい。スピーカーから、流れる音は、相当かっちょ良いです。2曲目「パンキー ハイスクール ラブ」なんて、どうなってんだってくらいイカしてる。歌詞は、学生生活を唄っているものなのですが、まるで学生を感じさせないやさぐれ感があります。「スーパー・カーでぶっ飛ばせ」という曲は、当時のスーパーカーブームに乗っかろうとしたのか、スーパーカーの名前を連呼しているだけで、やけっぱち感が漂います。でも、面白い。一方で、小林旭の「自動車ショー歌」が、いかに完成度が高い曲だったのかを知ることもできます。
 ジャケットのレオタードもそうだけど、どこか、偉い人にやらされている感があるバンドでもありますが、聴けば聴くほど良いわけで、ジャケットのレオタード写真が「OKだ」と思えた瞬間、あなたはガールズの虜になっていることでしょう。
 
戌井昭人(いぬいあきと)/1971年東京生まれ。作家。パフォーマンス集団「鉄割アルバトロスケット」で脚本担当。2008年『鮒のためいき』で小説家としてデビュー。2009年『まずいスープ』、2011年『ぴんぞろ』、2012年『ひっ』、2013年『すっぽん心中』、2014年『どろにやいと』が芥川賞候補になるがいずれも落選。『すっぽん心中』は川端康成賞になる。2016年には『のろい男 俳優・亀岡拓次』が第38回野間文芸新人賞を受賞。
 
このアーティストの関連記事

Girls 『Punky Kiss』

AYUTAWAVE RECORDS

amazonで購入

1. キャッツ・アイ
2. パンキー・ハイスクール・ラブ
3. オー!ダーリン
4. 金曜日
5. ガールズ・ユア・ハート (インストゥルメンタル)
6. スーパー・カーでぶっ飛ばせ
7. 旅立てジャック
8. 夜霧のX オフェンダー
9. 陽気なぶすモーリー
10. シーナはパンク・ロッカー

COLUMN LIST連載コラム一覧

  • おじさんの眼
  • ロフトレーベルインフォメーション
  • イノマー<オナニーマシーン>の『自慰伝(序章)』
  • ISHIYA 異次元の常識
  • 鈴木邦男(文筆家・元一水会顧問)の右顧左眄
  • 月刊牧村
  • 絵恋ちゃんの ああ えらそうに コラムが書きたい
  • おくはらしおり(阿佐ヶ谷ロフトA)のホントシオリ
  • 石丸元章「半径168センチの大問題」
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の歴史のふし穴
  • 煩悩放出 〜せきしろの考えたこと〜
  •  朗読詩人 成宮アイコの「されど、望もう」
  • 今野亜美のスナック亜美
  • 山脇唯「2SEE MORE」
  • 大島薫の「マイセルフ、ユアセルフ。」
  • 能町みね子 新中野の森 アーティストプロジェクト
  • 能町みね子 中野の森BAND
  • アーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生
  • 戌井昭人の想い出の音楽番外地
  • さめざめの恋愛ドキュメンタリー
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の ああ夢城
  • 吉田 豪の雑談天国(ニューエストモデル風)
  • ゲッターズ飯田のピンチをチャンスに変えるヒント
  • 最終少女ひかさ 但野正和の ローリングロンリーレビュー
  • 吉村智樹まちめぐ‼
  • いざゆかんとす関西版
  • エンドケイプの室外機マニア
  • 日高 央(ヒダカトオル)のモアベタ〜よ〜
  • ザッツ団地エンターテイメン棟
  • 劔樹人&森下くるみの「センチメンタル「非」交差点」
  • 三原重夫のビギナーズ・ドラム・レッスン
  • ポーラーサークル~未知なる漫画家オムニバス羽生生純×古泉智浩×タイム涼介×枡野浩一
  • the cabs 高橋國光「アブサロム、または、ぼくの失敗における」
  • “ふぇのたす”ちひろ's cooking studio
  • JOJO広重の『人生非常階段』〜今月のあなたの運勢〜
  • マリアンヌ東雲 悦楽酒場
  • 大谷雅恵 人生いつでも初体験
  • ジュリエットやまだのイケメンショッキング
  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ ロック再入門
  • 岡留安則 “沖縄からの『書くミサイル』”「噂の真相」極東番外地編
  • 高須基仁 メディア論『裏目を読んで半目張る』
  • 田中 優 環境はエンタメだ!
  • 雨宮処凛 一生バンギャル宣言!
  • 大久保佳代子 ガールズトーーーク!!!!!
  • DO THE HOPPY!!!!!
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
癒されたいカルチャー
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻