Rooftop ルーフトップ

COLUMN

トップコラム戌井昭人の想い出の音楽番外地第五十二回 うっとりする『伝説のフィーリン』を聴いて人生を立て直そう

十二回  うっとりする『伝説のフィーリン』を聴いて人生を立て直そう

第五十二回 うっとりする『伝説のフィーリン』を聴いて人生を立て直そう

2019.08.07

 うっとりする音楽というものがあります。でも、うっとりするのは、人それぞれで、演歌であったり、ポップ・ミュージックであったり、フォーク・ミュージックであったり、クラシックであったりします。

 ノイズ・ミュージックが好きな友達は、工事現場のようなとんでもない騒音をイヤホンで聴きながら、うっとりしつつ昼寝をするそうです。騒音が頭を真っ白にして、よく眠れるということで、わたしも真似してやってみましたが、目をつぶったら、地獄に連れて行かれそうになり、やめたことがあります。

 とにかく、うっとりする音楽とは、それぞれの趣味であると思うのですが、個人の趣味を抜きにして、誰もが、うっとりできるものは、どんな音楽かと考えてみたところ、うっとり音楽の最高峰は、フィーリンという音楽ではないかと思いました。

 フィーリンは、1940年代にキューバのハバナで起こった音楽です。わたくし、専門家ではないので詳しいことはわからないのですが、多分いろいろな音楽にも影響を与えていると思います。

 でもって、フィーリンで有名なのは、巨匠、ホセ・アントニオ・メンデスという方で、ホセさんの素晴らしいアルバムもあるのですが、今回紹介したいのは、もう一人の巨匠、セサル・ポルティージョ・デ・ラ・ルスの『伝説のフィーリン』というアルバムです。名前がややこしいのですが、セサルさんの歌声はどこか不安定なのですが、優しくて、ずんずん体に染み込んできて、本当にうっとりしてしまいます。

 アルバムの説明によれば、セサルさんは、あまり録音をしてなかったそうで、キューバの革命前からの音源を所有する会社に調査をしてもらい、見つかったのが、このアルバムに収められている音源だそうです。

 全部で22曲入っています。歌詞の意味はまったくわかりません。それでも、うっとりしてしまいます。

 本当に、なんなんだ、このうっとり感は!録音で、これだけうっとりしてしまうのだから、本人を目の前にして、生で聴いたら、気絶していたかもしれません。そのくらい危険なミュージックでもあります。

 昨今、きなくさい世の中になってきました。とにかく、全世界、いたるところで、このフィーリン・ミュージックを流しまくって、カリカリした奴や、戦争を起こしそうな奴、政治家や権力者に、聴かせてやりたいものです。世の中をよくするには、皆が一旦、うっとりしなくてはならないのではないかと思えてきました。

 また、うっとりは、メローとかマッタリとは違います。のんびりするのではありません。うっとりとは、どこかが麻痺してしまうような危険性もはらんでいるのです。とにかく、『伝説のフィーリン』を聴いて、人生を立て直してみるのは、どうでしょうか?ああ、うっとり、フィーリン。

戌井昭人(いぬいあきと)/1971年東京生まれ。作家。パフォーマンス集団「鉄割アルバトロスケット」で脚本担当。2008年『鮒のためいき』で小説家としてデビュー。2009年『まずいスープ』、2011年『ぴんぞろ』、2012年『ひっ』、2013年『すっぽん心中』、2014年『どろにやいと』が芥川賞候補になるがいずれも落選。『すっぽん心中』は川端康成賞になる。2016年には『のろい男俳優・亀岡拓次』が第38回野間文芸新人賞を受賞。

 

このアーティストの関連記事

セサル・ポルティージョ・デ・ラ・ルス『伝説のフィーリン』

ディスコ・カランバ/アオラ・コーポレーション

amazonで購入

1. エスタンパ・ボエミア
2. 灰色のコンサート
3. ディメ・シ・エレス・トゥ
4. リタへの歌
5. ある祭りの歌
6. 遠く離れていても一緒
7. キューバの夜 (Bolero)
8. 私たちの歌
9. 夢と現実
10. わが情熱のあなた
11. いついかなるときも
12. おお、勇敢なベトナムよ
13. 新しい男
14. 戦いを続ける為に声を上げよ
15. 進むべき道の歌
16. 愛67
17. 幕間
18. ソン・アル・ソン
19. 遠く離れていても一緒
20. 新しい男
21. いついかなるときも
22. 何人ものフアンたちへの歌

COLUMN LIST連載コラム一覧

  • おじさんの眼
  • ロフトレーベルインフォメーション
  • イノマー<オナニーマシーン>の『自慰伝(序章)』
  • 鈴木邦男(文筆家・元一水会顧問)の右顧左眄
  • 月刊牧村
  • おくはらしおり(阿佐ヶ谷ロフトA)のホントシオリ
  • 石丸元章「半径168センチの大問題」
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の歴史のふし穴
  • 煩悩放出 〜せきしろの考えたこと〜
  •  朗読詩人 成宮アイコの「されど、望もう」
  • 今野亜美のスナック亜美
  • 山脇唯「2SEE MORE」
  • 大島薫の「マイセルフ、ユアセルフ。」
  • 能町みね子 新中野の森 アーティストプロジェクト
  • 能町みね子 中野の森BAND
  • アーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生
  • 戌井昭人の想い出の音楽番外地
  • さめざめの恋愛ドキュメンタリー
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の ああ夢城
  • 吉田 豪の雑談天国(ニューエストモデル風)
  • ゲッターズ飯田のピンチをチャンスに変えるヒント
  • 最終少女ひかさ 但野正和の ローリングロンリーレビュー
  • 吉村智樹まちめぐ‼
  • いざゆかんとす関西版
  • エンドケイプの室外機マニア
  • 日高 央(ヒダカトオル)のモアベタ〜よ〜
  • ザッツ団地エンターテイメン棟
  • 劔樹人&森下くるみの「センチメンタル「非」交差点」
  • 三原重夫のビギナーズ・ドラム・レッスン
  • ポーラーサークル~未知なる漫画家オムニバス羽生生純×古泉智浩×タイム涼介×枡野浩一
  • the cabs 高橋國光「アブサロム、または、ぼくの失敗における」
  • “ふぇのたす”ちひろ's cooking studio
  • JOJO広重の『人生非常階段』〜今月のあなたの運勢〜
  • マリアンヌ東雲 悦楽酒場
  • 大谷雅恵 人生いつでも初体験
  • ジュリエットやまだのイケメンショッキング
  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ ロック再入門
  • 岡留安則 “沖縄からの『書くミサイル』”「噂の真相」極東番外地編
  • 高須基仁 メディア論『裏目を読んで半目張る』
  • 田中 優 環境はエンタメだ!
  • 雨宮処凛 一生バンギャル宣言!
  • 大久保佳代子 ガールズトーーーク!!!!!
  • DO THE HOPPY!!!!!
イースタンユーズ
ロフトアーカイブス
復刻
haku
lpo
lpo