Rooftop ルーフトップ

COLUMN

トップコラム戌井昭人の想い出の音楽番外地第四十七回 「いくら不思議ちゃんでも不思議にも程がある秋吉久美子のアルバム」

十七回 「いくら不思議ちゃんでも不思議にも程がある秋吉久美子のアルバム」

第四十七回 「いくら不思議ちゃんでも不思議にも程がある秋吉久美子のアルバム」

2019.03.12

513JFRHPWCL.jpg
 
 下手だけど聴いてると、価値観が崩壊していく音楽がある。ヘタウマとか味とか雰囲気があるというわけでもない。それを聴いていると、歌や演奏が上手いなんてことは、どうでも良いと思えてくる。演奏や歌の善し悪しにとらわれている自分がバカらしく思えてくる。そして、そのヤバさにいつの間にか中毒する。
 
 このような音楽の代表格といえば、アメリカのバンド、THE SHAGGSだろう。ジャケット写真からすでにヤバい。野暮ったい女子三人が楽器を持ってこちらを見ている。この娘さんたちは三姉妹で、プロデューサーがお父さん。そのお父さんが一発儲けるために、娘さんたちにバンドを組ませ、演奏させて唄わせている。バックボーンからすでにヤバイのだが、聴いていると、最初は、どうしてこれがレコードになっているのか疑問が生じ、価値観がグズグズ崩れていく、そして、いつの間にやら中毒しているのだった。日本の演芸に精通していた、阿佐田哲也こと色川武大が、「下手な芸ほど中毒する」といったようなことを書いていたが、まさしくソレだ。ヤバいと思いつつ、のめり込んでしまう。
 
 そこで今回紹介したいのは、秋吉久美子のアルバムです。秋吉久美子は、女優の秋吉久美子です。セクシーでチャーミング、どこか不思議で素敵な、あの秋吉久美子さんです。映画『の・ようなもの』で、ソープ嬢に扮した秋吉さんは最高です。それでもって、アルバム名が『秋吉久美子』です。名前と一緒。ZAZEN BOYSもバンド名のアルバムが、2、3と出ていますが、アルバム『秋吉久美子』は、絶対に『秋吉久美子2』とか『秋吉久美子3』は出ないでしょう。今後出るなら聴いてみたいけど。
 
 これ、演奏は凄いんだけど(今調べたら、四人囃子とかでした)、歌がどこかズレているのです。わたし絶対音感とかないけれど、なにかが奇妙にズレている。しかし、そこに中毒してしまう。1曲目が「赤い靴」、「赤い靴はいてた女の子〜」のアレです。演奏が格好いいので、歌が始まるとズッコケてしまうのだ、もしかしたらワザとやっているのではないかとも思えてくる。
 
 他には「10人のインディアン」もある、これは、秋吉久美子が気だるそうに電話で話しているところから始まります。他にも「フロイト」って曲もすごいし、「天才」って曲は「パセリが見当たらない」とか「パセリを耳に挟み忘れたピアノ弾き」とか言ってる。もう、どうなっちゃってんだろう。そもそも、このアルバム自体どういう意図で作られたのか? 秋吉久美子が、いくら不思議ちゃんだからって、不思議にも程があるぞ、と思いつつ、中毒性があるのです。
 
 ちなみにわたし、英国の女子バンド、THE SLITSのライブで秋吉久美子さんを見かけたことがあります。本物の秋吉さん、格好よくて素敵で、音楽が好きなんだろうなぁと思いつつ、好感度が200%になりましたが、ライブ中、アルバム『秋吉久美子』が頭を巡って、THE SLITSどころではなくなってしまったのです。そのくらい破壊力のあるアルバムです。
 
 
戌井昭人(いぬいあきと)/1971年東京生まれ。作家。パフォーマンス集団「鉄割アルバトロスケット」で脚本担当。2008年『鮒のためいき』で小説家としてデビュー。2009年『まずいスープ』、2011年『ぴんぞろ』、2012年『ひっ』、2013年『すっぽん心中』、2014年『どろにやいと』が芥川賞候補になるがいずれも落選。『すっぽん心中』は川端康成賞になる。2016年には『のろい男 俳優・亀岡拓次』が第38回野間文芸新人賞を受賞。
 
このアーティストの関連記事

『秋吉久美子』

1. 赤い靴
2. しゃぼんだま
3. 星の流れに
4. 東京ブルース
5. エリカの花散るとき
6. えんがちょ
7. おそまつさまでした シューマン「子供の情景」より
8. 10人のインデアン
9. フロイト
10. 天才

COLUMN LIST連載コラム一覧

  • おじさんの眼
  • ロフトレーベルインフォメーション
  • イノマー<オナニーマシーン>の『自慰伝(序章)』
  • 鈴木邦男(文筆家・元一水会顧問)の右顧左眄
  • 月刊牧村
  • おくはらしおり(阿佐ヶ谷ロフトA)のホントシオリ
  • 石丸元章「半径168センチの大問題」
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の歴史のふし穴
  • 煩悩放出 〜せきしろの考えたこと〜
  •  朗読詩人 成宮アイコの「されど、望もう」
  • 今野亜美のスナック亜美
  • 山脇唯「2SEE MORE」
  • 大島薫の「マイセルフ、ユアセルフ。」
  • 能町みね子 新中野の森 アーティストプロジェクト
  • 能町みね子 中野の森BAND
  • アーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生
  • 戌井昭人の想い出の音楽番外地
  • さめざめの恋愛ドキュメンタリー
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の ああ夢城
  • 吉田 豪の雑談天国(ニューエストモデル風)
  • ゲッターズ飯田のピンチをチャンスに変えるヒント
  • 最終少女ひかさ 但野正和の ローリングロンリーレビュー
  • 吉村智樹まちめぐ‼
  • いざゆかんとす関西版
  • エンドケイプの室外機マニア
  • 日高 央(ヒダカトオル)のモアベタ〜よ〜
  • ザッツ団地エンターテイメン棟
  • 劔樹人&森下くるみの「センチメンタル「非」交差点」
  • 三原重夫のビギナーズ・ドラム・レッスン
  • ポーラーサークル~未知なる漫画家オムニバス羽生生純×古泉智浩×タイム涼介×枡野浩一
  • the cabs 高橋國光「アブサロム、または、ぼくの失敗における」
  • “ふぇのたす”ちひろ's cooking studio
  • JOJO広重の『人生非常階段』〜今月のあなたの運勢〜
  • マリアンヌ東雲 悦楽酒場
  • 大谷雅恵 人生いつでも初体験
  • ジュリエットやまだのイケメンショッキング
  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ ロック再入門
  • 岡留安則 “沖縄からの『書くミサイル』”「噂の真相」極東番外地編
  • 高須基仁 メディア論『裏目を読んで半目張る』
  • 田中 優 環境はエンタメだ!
  • 雨宮処凛 一生バンギャル宣言!
  • 大久保佳代子 ガールズトーーーク!!!!!
  • DO THE HOPPY!!!!!
イースタンユーズ
ロフトアーカイブス
復刻
haku
lpo
lpo