Rooftop ルーフトップ

COLUMN

トップコラム戌井昭人の想い出の音楽番外地第四十三回 秋に感傷を深めるのに相応しいマリア・ベターニアの歌声

十三回  秋に感傷を深めるのに相応しいマリア・ベターニアの歌声

第四十三回 秋に感傷を深めるのに相応しいマリア・ベターニアの歌声

2018.11.14

 夏が完全に終わって、秋が深まってきました。そして、すぐそこに冬がやって来ております。この時期、秋の深まりとともに、やって来るのは、なんだか意味もない悲しさです。

 いや、意味がないわけではありません。暑かった日々、太陽の光、Tシャツ、汗、もろ肌、水着の女子、かき氷、それらが遠くにいってしまったことによるやるせなさが募ってくるのでしょう。つまり楽しかった夏の別れによって引き起こされる感傷的な気分なのかもしれません。

 出会いの夏、別れの秋なんてことを昔から言いますから、夏の出会いを唄った歌はたくさんあって、別れの秋を唄った歌もたくさんあります。他には、旅立ちの春なんてのもあります。でもって、冬はなんなのでしょうか? 耐えしのぶ冬とかなのか? とにかく、季節特有の気分を唄った歌は、世の中にはたくさんあります。

 とにかくこの時期は、少しでも感傷的な気分になってきたら、そのまま、ずぶずぶ感傷を味わっていこうじゃないか、と思うのです。

 そんなこんなで今回は、秋、感傷的になったとき、さらに感傷を深めていくのにピッタリの音です。

 オススメなのは、「As Canções Que Você Fez Pra Mim」という曲。この曲名、なんて読んだら良いのかわからない。ブラジルの音楽で、ポルトガル語なのですが、いろんな人がカバーしていて、原曲は、ロベルト・カルロスさんという方の歌みたいです。けれども、わたしが好きなのは、マリア・ベターニアが、しっとりと唄う、「As Canções Que Você Fez Pra Mim」です。

 マリア・ベターニアはブラジルを代表する女性歌手で、お兄さんは、なんと、カエターノ・ヴェローゾです。兄妹揃って、国民代表歌手なんてすごいです。日本でいうと、鳥羽一郎と山川豊みたいな感じなのでしょうか。

 とにかく、この曲、感傷的になるにはもってこいなのです。わたしの場合、最初は歌詞の意味もわからず聴いていたのですが、後日、調べてみると、邦題は「あなたがくれた歌」というもので、自分の相方がいなくなってしまい、その人を想いながら、悲しんでいる、といったものでした。もしかすると、相方は亡くなってしまったのではないかとも思えます。なんとも乱暴な説明で申し訳ないのですが、この曲は、言葉の意味がわからなくても、感傷的なことを唄っているというのが誰にでも伝わってきます。つまり感傷とは万国共通なのです。

 また、この歌、ちあきなおみの「喝采」にも通ずるところがあるので、外国の方が、「喝采」を聴いたら、やはり感傷的になるのか? どなたか、機会があったら実験してみてください。

 それでは皆様、この季節、「As Canções Que Você Fez Pra Mim」を聴きながら、秋の多摩川などに行き、暮れる夕陽を眺めつつ、無駄に涙を流したりするのも良いかもしれません。

 

戌井昭人(いぬいあきと)/1971年東京生まれ。作家。パフォーマンス集団「鉄割アルバトロスケット」で脚本担当。2008年『鮒のためいき』で小説家としてデビュー。2009年『まずいスープ』、2011年『ぴんぞろ』、2012年『ひっ』、2013年『すっぽん心中』、2014年『どろにやいと』が芥川賞候補になるがいずれも落選。『すっぽん心中』は川端康成賞になる。2016年には『のろい男 俳優・亀岡拓次』が第38回野間文芸新人賞を受賞。

 

このアーティストの関連記事

12月(期間生産限定盤)

ソニーミュージックマーケティング
SICP-4823

amazonで購入

01 黄金の歳月
02 甘い期待
03 私のあやまち
04 トランシャン
05 あなたと一緒に
06 あまりにも素晴らしく
07 憶えているわ
08 私の空の星
09 ヨルバイーア
10 歌と瞬間

COLUMN LIST連載コラム一覧

  • おじさんの眼
  • ロフトレーベルインフォメーション
  • イノマー<オナニーマシーン>の『自慰伝(序章)』
  • 石丸元章「半径168センチの大問題」
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の歴史のふし穴
  • せきしろの 投稿者列伝
  •  朗読詩人 成宮アイコの「されど、望もう」
  • 今野亜美のスナック亜美
  • 山脇唯「2SEE MORE」
  • 大島薫の「マイセルフ、ユアセルフ。」
  • 能町みね子 新中野の森 アーティストプロジェクト
  • 能町みね子 中野の森BAND
  • アーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生
  • 戌井昭人の想い出の音楽番外地
  • さめざめの恋愛ドキュメンタリー
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の ああ夢城
  • 吉田 豪の雑談天国(ニューエストモデル風)
  • ゲッターズ飯田のピンチをチャンスに変えるヒント
  • 最終少女ひかさ 但野正和の ローリングロンリーレビュー
  • 吉村智樹まちめぐ‼
  • いざゆかんとす関西版
  • エンドケイプの室外機マニア
  • 日高 央(ヒダカトオル)のモアベタ〜よ〜
  • ザッツ団地エンターテイメン棟
  • 劔樹人&森下くるみの「センチメンタル「非」交差点」
  • 三原重夫のビギナーズ・ドラム・レッスン
  • ポーラーサークル~未知なる漫画家オムニバス羽生生純×古泉智浩×タイム涼介×枡野浩一
  • the cabs 高橋國光「アブサロム、または、ぼくの失敗における」
  • “ふぇのたす”ちひろ's cooking studio
  • JOJO広重の『人生非常階段』〜今月のあなたの運勢〜
  • マリアンヌ東雲 悦楽酒場
  • 大谷雅恵 人生いつでも初体験
  • ジュリエットやまだのイケメンショッキング
  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ ロック再入門
  • 岡留安則 “沖縄からの『書くミサイル』”「噂の真相」極東番外地編
  • 高須基仁 メディア論『裏目を読んで半目張る』
  • 田中 優 環境はエンタメだ!
  • 雨宮処凛 一生バンギャル宣言!
  • 大久保佳代子 ガールズトーーーク!!!!!
  • DO THE HOPPY!!!!!
haku
lpo
lpo