Rooftop ルーフトップ

COLUMN

トップコラムおじさんの眼第243回「秋は恋の季節」か......

43回「秋は恋の季節」か......

第243回「秋は恋の季節」か......

2018.10.09

 

ojisan201810_title.jpg

 

ベランダの夜風も涼しくなってきた

秋の気配

 
 あれだけ熱射だった重苦しい夏が過ぎ、いくつもの台風がやってきて、秋の気配が漂ってきた。秋は深々と茶色に染まってゆく。さらに秋は北風を含みながら人肌を恋しくさせる。温もりが欲しくなる。一人でいる時の心地よさと、一人でいることの心もとなさが同居し、私は深夜ひとりベランダに出て、ビールを片手にiPadから流れる音楽を聴き、過去の時間に立ち戻ることが多くなってきた。
 

70歳の恋に乾杯を!

 もう老いがどんどん近くなっている。老人は老人の切実な夢を見ている。このままなんとなく歳をとって……そしてある日、心が震えるような、思わぬ恋の体験をする。私は「fall in love with………」に入り込んだ興奮した日々を追憶している。今から2年前になるが、あの時期、私は三回目のピースボート世界一周船(3ヶ月半の航海)で知り合った夫人に、完全に恋に落ちてしまった。この体験の記事の断片をネットや雑誌に発表すると、いろいろなメールが私のところに届いた。アクセスも1日1000を超えた。
 「羨ましい限りです。私はもう70歳になるのですが、とてもそんな気は起きません。このまま結局、誰も愛することもなく人生が終わってしまうのはやはり悲し過ぎます」(70代/岩手/男性)「70歳になっても本格的な恋ができるんですね。とても勇気をもらいました」(30代/男性/東京)「70歳ってもう老人を通り越して仙人と呼ばれてもおかしくない歳ですよね。老人が恋をする。いいですね。ぜひこれを一冊の本にしてください」(62歳/女性/東京)「やはり必要なのは決起ですよね。もう人生は残り少ない。恋をするには自分の心を掻き立て、全てをぶん投げてもいいという覚悟と周りの誹謗から耐えることが重要と思います」(74歳/東京/男性)
 
 
ojisan201810_01.jpg

デッキにて。当時の写真

夫の側にいたくなくってこの船に

(当時の日記より抜粋)
 午後遅く、ロビーで海を見ながらうとうとしていると、船内のサークルの「聖書を読む会」とか「書道」とかで何回か顔を合わせる北海道の夫人が、しょんぼり座って海を眺めていた。見るとうっすら涙が浮かんでいる。
 「お元気ですか?」と声をかけてみた。
 「あなたとは、いろいろな場所でご一緒しますね、気になっていました。どうぞ座ってください」と言われ、海と潮風とコーヒを前にして私たちは二時間近くも話した。なんと彼女はこのピースボートに乗ったいきさつを、延々と息も切らずに話してくれた。このボートに乗っている女性では一番、気品がある女性だと思っていた。彼女が敬虔なクリスチャンでもありピアノの先生でもあることが、その品を確かにしていたのかもしれない。「夫の側にいたくなくってこのボートに乗った」と、ポツンと消えるような声が聞こえた。何回目かの浮気が原因らしい。「私、娘も息子も孫もいるんですけど、家にいるとどうしても夫に嫌味ばかり言ってしまう自分が嫌になったの。それでこの船に乗って少し冷却期間を置いて、いろいろ人生を考えてみようと思ったの」と言う。
 日は海の彼方に落ちようとしていた。遠くに霞んで見えるインド洋のマレー半島の漁船に目をやりながら、彼女の目からポロポロと涙がこぼれていた。私は黙って息を止めて、彼女の表情をうっとり眺めていた。
 「なぜそんな話、僕にするの」と聞いてみた。
 「いろんなサークルで隣合わせになって、今の私の気持を一番解ってくれそうな人であるように感じたんです」
 すらりとした横顔がまぶしかった。着ている服もセンスがある。私は自分のことはほとんど話さなかった。歳も60代後半か? ほとんど彼女が堰を切ったように話し通し
た。私はあまり美味しくない冷めたコーヒーを前に、ただただ彼女の聞き役に徹した。ただそれだけなのに、彼女は私の全身を支配し始めたのだった。
 

彼女のことが頭から離れない

 夜、船内の映画館でダスティホフマンの「卒業」を見ながら、なんと、あの夫人のことを考えていた。「これってピースボートマジックなのか」と思った。映画が頭に入らない。
 深夜、誰もいなくなった頃を見計らい、暗い海を見ながらバーでまた酒を飲んでいる。マラッカ海峡通過。ひとり最上階に行き、頭脳警察のPANTAに敬意を表してロックの名盤「マラッカ」を誰もいない深夜のデッキで大音量で流した。真っ黒な海の向こうに漁り火が見えた。イカ釣り漁船が煌煌と明かりをつけ、PANTAの名曲はそこに消えて行った。また、いつの間にか彼女のことを考えていた。
 
 

えっ、ヤバイ! これは恋に落ちたか! と驚愕した。

 ひさしぶりに「恋をするっていうこと」について考えていた。もう恋をするっていう作業は忘れてしまっていたな、と苦笑した。更には旦那も子供も孫もいる老婦人だというのに。こんなプラトニックな恋は何十年ぶりなんだろうと思った。今すぐ彼女に会いたかったが、私は彼女の名前も部屋番号すら知らないことに愕然とした。酔っぱらうしかない。酔っぱらってキャビンの椅子の上で眠り込んだ。
 「探すしかない。彼女を。」
 1000人以上いる乗客の中から探すのは大変だと思った。でもとにかく、やみくもに探して会うしかないと思った。翌朝から私は一日中彼女を探し歩いた。……。
 
 
このアーティストの関連記事

COLUMN LIST連載コラム一覧

  • おじさんの眼
  • ロフトレーベルインフォメーション
  • イノマー<オナニーマシーン>の『自慰伝(序章)』
  • 石丸元章「半径168センチの大問題」
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の歴史のふし穴
  • せきしろの 投稿者列伝
  •  朗読詩人 成宮アイコの「されど、望もう」
  • 今野亜美のスナック亜美
  • 山脇唯「2SEE MORE」
  • 大島薫の「マイセルフ、ユアセルフ。」
  • 能町みね子 新中野の森 アーティストプロジェクト
  • 能町みね子 中野の森BAND
  • アーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生
  • 戌井昭人の想い出の音楽番外地
  • さめざめの恋愛ドキュメンタリー
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の ああ夢城
  • 吉田 豪の雑談天国(ニューエストモデル風)
  • ゲッターズ飯田のピンチをチャンスに変えるヒント
  • 最終少女ひかさ 但野正和の ローリングロンリーレビュー
  • 吉村智樹まちめぐ‼
  • いざゆかんとす関西版
  • エンドケイプの室外機マニア
  • 日高 央(ヒダカトオル)のモアベタ〜よ〜
  • ザッツ団地エンターテイメン棟
  • 劔樹人&森下くるみの「センチメンタル「非」交差点」
  • 三原重夫のビギナーズ・ドラム・レッスン
  • ポーラーサークル~未知なる漫画家オムニバス羽生生純×古泉智浩×タイム涼介×枡野浩一
  • the cabs 高橋國光「アブサロム、または、ぼくの失敗における」
  • “ふぇのたす”ちひろ's cooking studio
  • JOJO広重の『人生非常階段』〜今月のあなたの運勢〜
  • マリアンヌ東雲 悦楽酒場
  • 大谷雅恵 人生いつでも初体験
  • ジュリエットやまだのイケメンショッキング
  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ ロック再入門
  • 岡留安則 “沖縄からの『書くミサイル』”「噂の真相」極東番外地編
  • 高須基仁 メディア論『裏目を読んで半目張る』
  • 田中 優 環境はエンタメだ!
  • 雨宮処凛 一生バンギャル宣言!
  • 大久保佳代子 ガールズトーーーク!!!!!
  • DO THE HOPPY!!!!!
haku
lpo