Rooftop ルーフトップ

COLUMN

トップコラムおじさんの眼第180回「今日も日本は雨模様」

80回「今日も日本は雨模様」

第180回「今日も日本は雨模様」

2013.08.05

ピースボート船上で「原発賛成」だって!?

 昨年12月の衆議院選挙。事前の各種マスコミの世論調査では「自民地滑り的圧勝」との調査結果が出て絶望的になった私は不在投票にも行かず、ピースボートに乗り南極やガラパゴス、マチュピチュへと向かう、世界一周104日間の旅に逃走した。その様子は、前回まで数号にわたって書き記した通りだ。
 旅の途中は政治的な事は一切封印して、酒と観光に徹していたが、タヒチから横浜に向かう船内で、船のチーフディレクター・平山氏から「平野さん、最後にぜひ〝船内しゃべり場〟に出てくれ」と引っ張り出された。出席者は若者が5人、私、軍事評論家の前田哲男氏だった。
 冒頭、若い茶髪の男が、「原発賛成、憲法改正を」と極右理論を得意げに喋り出した。「福島第二原発は、1000年に一回の事故だから仕方が無い」と言う。参加者の若い女性もうなずいていた。私は思わず、「お前、アホか〜! 福島の人の前でそれが言えるか!」って怒鳴ってしまった。まさか、世界軍縮を求め平和を追求する「ピースボート」の船上でそんな意見が出てくるとは思いもしなかった。
 こんなのプラスワンでは平気だが、みんなから「平野さん、大人げないよ」と言われ、ちょっと凹んだ。若者とは、銭湯でも酒場でも、政治的・社会的な話題では必ず口論になってしまう。こういう時、時間をかけてちゃんと話すのが苦手なきらいがある。物分かりのいい、優しい大人になれない私は、幼いのだろうか? こういう話はなるべく避けた方がいいのかな? でも、なんだかそれは寂しいよね。

変わってしまった日本、変われない日本

 3月末に日本に帰って来て、「平野さん、すぐ参加を!」と言われたのが、在特会の「朝鮮人殺せ!」と叫ぶレイシスト(人種差別主義者)のデモに抗議する行動だった。その光景を見ていて私は、「日本は全く変わってしまった」と思わざるを得なかった。
 確かに、日本には思想・言論の自由はある。プラスワンでは過去、オウム擁護の評論家や右翼の大物が出演したこともあった。中国人監督が撮ったドキュメンタリー『靖国YASUKUNI』が物議を醸していた時、錚々たる右翼の面々を集め、特別試写会もやった。
 しかし、どんなに極端な思想であっても、そこには一定の論理があった。在特会のデモを見ていると、賛成・反対以前に、あまりの幼稚さにあきれてしまう。
 変わっているのは彼らだけではないのかもしれない。「お金をバカバカ刷って公共事業もたくさんやる」政権の支持率が60%以上。「アベノミクス」に湧き、そこらの主婦の間でも「株でいくら儲かった」という話が横行していた。
 領土問題を中心に「中国や韓国、北朝鮮になめられている日本」をフィーチャーするマスコミ。憲法改正、再軍備、徴兵制、原発推進。安倍政権は支持率をタテにどこまで行くのだろう。福島は、広島、長崎の様に人々から忘れ去られ捨てゆく運命なのだろうか?
 変わらざるべき点が最悪の形に変わり、変わるべき点は旧態依然。それが日本という国なのかと思うと、絶望的にならざるを得ない。もう私は歳だし、できたらこの辺で、政治や社会問題を全てスルーして、のんびり老後を送りたいのだが……。
 

ojisan_01.jpg

在特会のデモで見かけたスローガン。これはひどい


東京に『市民』発電所を!

 5月28日、プラスワンのイベントを観に行った。「東京に『市民』発電所を!〜エネルギー消費地から生産地へ/地域力が社会を変える!〜」。こんな地味な企画、お客さん来ないよな〜、と思っていたら超満員。うれしかった。
 出演者は、自然エネルギーに熱心な、保坂展人世田谷区長と阿部裕行多摩市長。そして孫正義さんが設立した自然エネルギー財団の大林ミカさん。司会は写真家・桃井和馬氏ほか。さらに、各自然エネルギー分野のエキスパートの方々が参加してくれた。
 イベント終盤に発言を求められ、「昨年の選挙結果の酷さから、もう日本には絶望しかないのではないか?」「今の若者は原発に賛成?」と、改めて問題提起。それから大討論会になった。
 充実した素晴らしい時間だった。阿部多摩市長が、「多摩は維新でなくて、自由民権運動発祥の地だ!」と息巻いていたのも面白かった。
 

ojisan_02.jpg

左から、高森郁哉、桃井和馬、保坂展人、阿部裕行、高橋真樹、古屋将太、大林ミカ


 梅雨の間隙をぬって、千歳船橋駅近くの森繁通りを散歩していると、小さな小道を発見した。村上春樹の『ねじまき鳥クロニクル』にも出てくるとか。名前があったようだが忘れた。アスファルトやコンクリートでなく、土であることが一番気に入った。
 昔、世田谷のこのあたりは見事な田園風景で、何本もの小川が流れていた。田園は住宅地になり、そして川は下水道として埋め立てられた。その上を公園にしたり、緑道にした。世田谷にはそんな道がたくさんある。四季折々の花が咲く。正面だけを見ていれば緑のトンネルだ。私は、先を急ぐ旅人のように、さっとその中を通り抜けた。
 

ojisan_03.jpg

東京の郊外で見つけた緑の小道

このアーティストの関連記事

COLUMN LIST連載コラム一覧

  • おじさんの眼
  • ロフトレーベルインフォメーション
  • イノマー<オナニーマシーン>の『自慰伝(序章)』
  • ISHIYA 異次元の常識
  • 鈴木邦男(文筆家・元一水会顧問)の右顧左眄
  • 月刊牧村
  • 「LOFTと私」五辺宏明
  • 絵恋ちゃんの ああ えらそうに コラムが書きたい
  • おくはらしおり(阿佐ヶ谷ロフトA)のホントシオリ
  • 石丸元章「半径168センチの大問題」
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の歴史のふし穴
  • 煩悩放出 〜せきしろの考えたこと〜
  •  朗読詩人 成宮アイコの「されど、望もう」
  • 今野亜美のスナック亜美
  • 山脇唯「2SEE MORE」
  • 大島薫の「マイセルフ、ユアセルフ。」
  • 能町みね子 新中野の森 アーティストプロジェクト
  • 能町みね子 中野の森BAND
  • アーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生
  • 戌井昭人の想い出の音楽番外地
  • さめざめの恋愛ドキュメンタリー
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の ああ夢城
  • 吉田 豪の雑談天国(ニューエストモデル風)
  • ゲッターズ飯田のピンチをチャンスに変えるヒント
  • 最終少女ひかさ 但野正和の ローリングロンリーレビュー
  • 吉村智樹まちめぐ‼
  • いざゆかんとす関西版
  • エンドケイプの室外機マニア
  • 日高 央(ヒダカトオル)のモアベタ〜よ〜
  • ザッツ団地エンターテイメン棟
  • 劔樹人&森下くるみの「センチメンタル「非」交差点」
  • 三原重夫のビギナーズ・ドラム・レッスン
  • ポーラーサークル~未知なる漫画家オムニバス羽生生純×古泉智浩×タイム涼介×枡野浩一
  • the cabs 高橋國光「アブサロム、または、ぼくの失敗における」
  • “ふぇのたす”ちひろ's cooking studio
  • JOJO広重の『人生非常階段』〜今月のあなたの運勢〜
  • マリアンヌ東雲 悦楽酒場
  • 大谷雅恵 人生いつでも初体験
  • ジュリエットやまだのイケメンショッキング
  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ ロック再入門
  • 岡留安則 “沖縄からの『書くミサイル』”「噂の真相」極東番外地編
  • 高須基仁 メディア論『裏目を読んで半目張る』
  • 田中 優 環境はエンタメだ!
  • 雨宮処凛 一生バンギャル宣言!
  • 大久保佳代子 ガールズトーーーク!!!!!
  • DO THE HOPPY!!!!!
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
癒されたいカルチャー
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻