Rooftop ルーフトップ

COLUMN

トップコラムおじさんの眼178回「ピースボートの旅の総括 〜その2〜 引きこもりからの脱出」

8回「ピースボートの旅の総括 〜その2〜 引きこもりからの脱出」

178回「ピースボートの旅の総括 〜その2〜 引きこもりからの脱出」

2013.05.10

 前回も書いたが、今回のピースボートは乗客1000人近くの70%が60歳以上だった。私は突然、生まれて初めて高齢者コミュニティの中にたたき込まれ、(私も含めてだが)老人達特有の醜さを見て気が滅入り、ほとんど個室から外に出なくなった。そして鬱状態になり、血圧が最高200まで上がってしまったのだった。
 

ojisan_01.jpg

南極観光用砕氷船・ウシュアイア号。乗客定員70名
 

南極の美しさが心を和らげてくれた

 ブラジルから飛行機で日本に帰ろうか──。何度もそう考えた。しかし、今回の旅は「死ぬまでに一度は南極に行ってみたい!」という思いから始まっている。途中下船は意地でも出来ない。途中で客死するならそれも運命だ、と思った。
 横浜を出航して約1カ月後。別の船に乗り込み、11日間の南極ツアーが始まった。参加者総勢72人は老人ばかりだ。途中、魔のドレーク海峡を抜ける南極観光用の小さな砕氷船・ウシュアイア号は、揺れに揺れた。椅子はすっ飛び、食堂の食べ物は崩れ、手すりにつかまらないと眠れない。嘔吐したり、怪我したりする老人がたくさん出た。
 それほど過酷な揺れを乗り越え南極に着くと、海は素晴らしく静かだった。そのWHITEの光景に圧倒された。素晴らしい。紺碧の海の色、ブルーの氷山、ペンギンやアザラシ。見ているだけで、鬱や高血圧の症状は、嘘のようにだんだん楽になっていった。


ojisan_02.jpg

紺碧の海に浮かぶ氷山。夏、冬の南極に来てみたくなった
 

スペイン語が話せたばかりに……

 夜中、私は毎日のように船内のバーで一人、酒を飲んでいた。船のスタッフはほとんどがアルゼンチン人でスペイン語しか喋らない。約30年も前、私はドミニカに5年間住んでいた。もう何十年も使っていないスペイン語だが、それでもみんなから見れば「ペラペラ」に見えるらしい。
 南極ツアーの最終日、おばさん達数人からお声がかかった。「明日、ウシュアイアで地球さいはての蒸気機関車に乗りに行きたい。通訳をやってくれ」という(ウシュアイアは、世界最南端の町なのだ)。「まあ4〜5人なら、タクシーの一台でも雇えば何とかなる」と、タカをくくって引き受けてしまった。
 翌日9時。約束の舷門に行くと、な、なんと、ツアー参加者は25人を超えているじゃないか。口コミで人数が増加して行ったのか? これには参った。みんなぞろぞろ私の後をついて来る。スペイン語を喋れるのは私一人。「帰れ」というわけにもいかない。
 バス乗り場で運転手を捜しに行き直接交渉。相手の言うことの半分はわからないが、一人20USドルで、ミニバスを2台チャーターした。
 往路は順調だった。ミニバスで駅まで行き、SLに全員乗車できた。しかし、終点駅で我々は待ちぼうけを食うことに。20分、30分と待つがバスは来ない。風も吹いてきた。他のツアー参加者は迎えが来て次々にその場を去り、駅には25人の老人集団だけになった。私のスペイン語力不足で、うまく伝わっていなかったのか……。
 絶望的な気分になりかけた頃、ようやくミニバスがやって来た。30数分遅れである。やれやれ。「助かった!」と思った。まさに中南米時間だ。


ojisan_03.jpg

地球最南端の国立公園を走る蒸気機関車


 しかし、事件はそれだけではなかった。昼食後、集合はほんの500メートルばかり先の、さいはての郵便局と博物館の小屋、と伝えておいた。
 約束の15時。84歳の老婆がいない。参った。10分、20分と過ぎ、ミニバスの運転手と相談して、車で探しに行こうとしたその時、他の外国人のミニバスに乗せられて、その老婆が現れたのだった。
 道をふらふら歩いているのを保護されたという。彼女は「ピースボート、ピースボート」と、ただ繰り返していたらしい。私はほっと胸を撫で下ろすどころか、逆にどっと疲れが出てしまった。
 その後、みんなから「楽しいツアーでした」と御礼を言われ、私はおばさん達のスターになったのだが、もう私の頭はパンクしていた。しかし少し経つと、何かやり遂げたという充足感で私の気持ちは幸福になった。「やったね! でも二度とやりたくないなあ」と感じた。でもこれでやっと、私も今回のピースボートで存在意義を見つけられたのかもしれないな、とも思ったのだった。(次号に続く)
 

ojisan_04.jpg

ガイドをやった御礼にパーティーを開いてくれた。熟女に囲まれてご満悦

このアーティストの関連記事

COLUMN LIST連載コラム一覧

  • おじさんの眼
  • ロフトレーベルインフォメーション
  • イノマー<オナニーマシーン>の『自慰伝(序章)』
  • ISHIYA 異次元の常識
  • 鈴木邦男(文筆家・元一水会顧問)の右顧左眄
  • 月刊牧村
  • 「LOFTと私」五辺宏明
  • 絵恋ちゃんの ああ えらそうに コラムが書きたい
  • おくはらしおり(阿佐ヶ谷ロフトA)のホントシオリ
  • 石丸元章「半径168センチの大問題」
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の歴史のふし穴
  • 煩悩放出 〜せきしろの考えたこと〜
  •  朗読詩人 成宮アイコの「されど、望もう」
  • 今野亜美のスナック亜美
  • 山脇唯「2SEE MORE」
  • 大島薫の「マイセルフ、ユアセルフ。」
  • 能町みね子 新中野の森 アーティストプロジェクト
  • 能町みね子 中野の森BAND
  • アーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生
  • 戌井昭人の想い出の音楽番外地
  • さめざめの恋愛ドキュメンタリー
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の ああ夢城
  • 吉田 豪の雑談天国(ニューエストモデル風)
  • ゲッターズ飯田のピンチをチャンスに変えるヒント
  • 最終少女ひかさ 但野正和の ローリングロンリーレビュー
  • 吉村智樹まちめぐ‼
  • いざゆかんとす関西版
  • エンドケイプの室外機マニア
  • 日高 央(ヒダカトオル)のモアベタ〜よ〜
  • ザッツ団地エンターテイメン棟
  • 劔樹人&森下くるみの「センチメンタル「非」交差点」
  • 三原重夫のビギナーズ・ドラム・レッスン
  • ポーラーサークル~未知なる漫画家オムニバス羽生生純×古泉智浩×タイム涼介×枡野浩一
  • the cabs 高橋國光「アブサロム、または、ぼくの失敗における」
  • “ふぇのたす”ちひろ's cooking studio
  • JOJO広重の『人生非常階段』〜今月のあなたの運勢〜
  • マリアンヌ東雲 悦楽酒場
  • 大谷雅恵 人生いつでも初体験
  • ジュリエットやまだのイケメンショッキング
  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ ロック再入門
  • 岡留安則 “沖縄からの『書くミサイル』”「噂の真相」極東番外地編
  • 高須基仁 メディア論『裏目を読んで半目張る』
  • 田中 優 環境はエンタメだ!
  • 雨宮処凛 一生バンギャル宣言!
  • 大久保佳代子 ガールズトーーーク!!!!!
  • DO THE HOPPY!!!!!
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
癒されたいカルチャー
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻