Rooftop ルーフトップ

COLUMN

トップコラムおじさんの眼177回「ピースボートの旅の総括 〜その1〜 憂鬱なる船上」

7回「ピースボートの旅の総括 〜その1〜 憂鬱なる船上」

177回「ピースボートの旅の総括 〜その1〜 憂鬱なる船上」

2013.04.02

ojisan_03.jpg 3カ月半にもおよぶピースボートの船旅も、3/25の横浜寄港で無事、終わった。あこがれのパタゴニアにも南極にも、ガラパゴス、マチュピチュ、イグアスの滝にも行って来た。
 この長旅の中、私はさまざまな教訓を得た。改めて、それを振り返ってみたい。まずは、私が船内で生命の危機にも瀕する鬱状態に陥った話からはじめよう。

人間は孤独に生まれ孤独に死んでゆくのだ

 ピースボートというと、若者向けの地球一周の船として語られる。本来の趣旨はそうだったのだろうが、今や実態は全く異なる。1000人もの乗客は、80%が60歳以上の老人達。彼らはこの船旅の最低限の費用、100万円を支払う余裕がある、多少の差はあれ人生の成功者達だった。一方、若者は100人足らずしかいなかった。
 私は船上で、老人達の醜さ、傲慢さばかり見る羽目になった。私の10年後、20年後を間近に見ているようだった。「こんなはずではない」と思ったが、遅すぎた。オプションのツアーに参加すると、それはさらに凝縮された。ガイドの旗の下、数100人の老人達が観光地をゾロゾロ歩き回り、レストランで食事をする。もちろん、その中に私もいた。絶句した。私は断固そこからの逃亡を計った。そうせざるを得なかった。
 私は船内の個室から外に出なくなった。人間関係がわずらわしくなり、自分も老人でありながら、同じ老人の仕草一つ一つを嫌悪した。食事も一人でとり、船内のイベントや催事に参加せず、毎日発行される船内新聞も読まなくなった。船が日本を出港したのは2012年12月中旬だったが、暮れから正月にかけては、誰とも挨拶ひとつしなくなっていた。
 当初、私はこの沈黙の世界を意外と面白がっていた。「孤独とは……」と、ひたすら自問自答したり、一日中、死んだおふくろや青春の日々を追憶していた。「人間は所詮、孤独のうちに生まれて孤独のうちに死んでゆくのだ。いつの日にか私も一人きりになる。今はそれに慣れる、訓練のための時間なのだ」と思った。
 パソコンに溜めこんだ動画をランダムに見、夜になると睡眠剤を飲んで寝た。動画に飽きると、青空文庫(著作権切れの本を無料公開しているサイト)からダウンロードした名作を読んだ。島崎藤村、田山花袋、中原中也、太宰治、種田山頭火などの作品に涙した。

 

ojisan_01.jpg

タヒチは世界有数の観光名所だ。物価は高いが景色はいまだ色褪せず美しかった
 

窓のない個室で膝小僧を抱えて眠る

 しかし、だんだん自分の籠る個室に負のオーラが溜まるように感じられ、私は鬱状態に陥り始めた。窓のない個室で、外は雨が降っているのか晴れているのかも気にならなくなり、膝小僧を抱えて一人眠った。
 さすがに「これはいけない」と思い、人が一番少ない時間に船内ジムで体を動かし、サウナへ。その時点で私は、自分の血圧が非常に上がっていると感じていた。個室に戻ると呼吸困難に陥った。数年前、自宅で同じ症状に陥り救急車で運ばれたことがある。そんなことを思い出しながら、誰も助けを呼べず、まんじりともせず夜明けを待った。
 朝一番で船内クリニックに行き、血圧を測ると200を超えていた。持参した降圧剤を飲んでいたのにこの数字。医者もちょっと慌てていた。鬱症状から来る高血圧症だった。降圧剤を増量され、抗鬱剤を投与された。
「とにかく1日数人と1時間は話さなければ、この症状は治りません」と言われた。その頃、船はアフリカに向かっていた頃だった。まだ航海は2カ月以上も残っている。途中下船して日本に帰ろうか、と何度も考えた。
 しかし、今回私がこの船に乗ったのは、ただただ南極に行きたい一心だった。パタゴニアも一度は行ってみたい。そのツアーの費用はもう払い込んであるし……。
 私はそれから、毎日のように開催される映画上映会に参加し、少しずつであるが、社会復帰する様に心がけたのだった。(次号に続く)
 

ojisan_02.jpg3月25日、船は横浜に着いた。「平野さん、お迎えが来ています」「うそ〜っ」。一番おいらが困ることをしやがった星さん。許せん!(笑)

 

このアーティストの関連記事

LIVE INFOライブ情報

4月4日(木)Naked LOFT

平野悠が南極、マダガスカル、パタゴニアから生還!!
「帰ってきたおじさん」

【出演】
平野悠(ロフト席亭)
【ゲスト】
林 澄里(旅音/作家『インドホリック インド一周142日間』『中南米スイッチ』など)
鎌倉文也(ペンギン写真家)


OPEN18:30/START19:30
前売り¥1,000/当日¥1,100(共に飲食代別)

 去年の12月から3ヶ月の長きに渡り2回目のピースボートに乗船していた平野悠。
 前回は3年前、南米ベネズエラの奥地にある「神の住む山」テーブルマウンテンと、そこから流れ落ちる世界最大の落差807メートルの滝「エンジェルフォール」のあるギアナ高地に行き、他にもスエズ運河を渡り大西洋に出て、パナマ運河を経て、太平洋のイースター島やオーストラリアを回り帰ってきた。
 今回の航海の寄港地を合計すると、生涯で120カ国近くを制覇することになるおじさん。
 バックパッカー時代には紛争や内戦など政治的事情で足を踏み入れられなかった国や地域がいくつもあったが、その一つが南極だったということで、今回の航路には南極があり、その近くマゼラン海峡や喜望峰を航海する。
 アジア〜喜望峰〜アフリカ〜南米とめぐり、南太平洋を回って帰路に着く。その間に未踏の地だったマダガスカルやパタゴニアにもオプショナルツアーでいけるそうです。
 今回の旅が「人生最後の旅」と言って出かけていったおじさん。彼の人生のテーマである「旅」が終わる。。。

 おじさんがピースボートで見たもの、感じたこと、全てのエピソードをお土産に、みんなで飲みましょう!!!
 

COLUMN LIST連載コラム一覧

  • おじさんの眼
  • ロフトレーベルインフォメーション
  • イノマー<オナニーマシーン>の『自慰伝(序章)』
  • ISHIYA 異次元の常識
  • 鈴木邦男(文筆家・元一水会顧問)の右顧左眄
  • 月刊牧村
  • 「LOFTと私」五辺宏明
  • 絵恋ちゃんの ああ えらそうに コラムが書きたい
  • おくはらしおり(阿佐ヶ谷ロフトA)のホントシオリ
  • 石丸元章「半径168センチの大問題」
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の歴史のふし穴
  • 煩悩放出 〜せきしろの考えたこと〜
  •  朗読詩人 成宮アイコの「されど、望もう」
  • 今野亜美のスナック亜美
  • 山脇唯「2SEE MORE」
  • 大島薫の「マイセルフ、ユアセルフ。」
  • 能町みね子 新中野の森 アーティストプロジェクト
  • 能町みね子 中野の森BAND
  • アーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生
  • 戌井昭人の想い出の音楽番外地
  • さめざめの恋愛ドキュメンタリー
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の ああ夢城
  • 吉田 豪の雑談天国(ニューエストモデル風)
  • ゲッターズ飯田のピンチをチャンスに変えるヒント
  • 最終少女ひかさ 但野正和の ローリングロンリーレビュー
  • 吉村智樹まちめぐ‼
  • いざゆかんとす関西版
  • エンドケイプの室外機マニア
  • 日高 央(ヒダカトオル)のモアベタ〜よ〜
  • ザッツ団地エンターテイメン棟
  • 劔樹人&森下くるみの「センチメンタル「非」交差点」
  • 三原重夫のビギナーズ・ドラム・レッスン
  • ポーラーサークル~未知なる漫画家オムニバス羽生生純×古泉智浩×タイム涼介×枡野浩一
  • the cabs 高橋國光「アブサロム、または、ぼくの失敗における」
  • “ふぇのたす”ちひろ's cooking studio
  • JOJO広重の『人生非常階段』〜今月のあなたの運勢〜
  • マリアンヌ東雲 悦楽酒場
  • 大谷雅恵 人生いつでも初体験
  • ジュリエットやまだのイケメンショッキング
  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ ロック再入門
  • 岡留安則 “沖縄からの『書くミサイル』”「噂の真相」極東番外地編
  • 高須基仁 メディア論『裏目を読んで半目張る』
  • 田中 優 環境はエンタメだ!
  • 雨宮処凛 一生バンギャル宣言!
  • 大久保佳代子 ガールズトーーーク!!!!!
  • DO THE HOPPY!!!!!
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
癒されたいカルチャー
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻