Rooftop ルーフトップ

COLUMN

トップコラムおじさんの眼第153回 おじさんの眼 「10年ぶりのアメリカに行ってきた」前編

53回 おじさんの眼 「10年ぶりのアメリカに行ってきた」前編

第153回 おじさんの眼 「10年ぶりのアメリカに行ってきた」前編

2011.01.01

息子の卒業と9.11以来のアメリカ訪問

 息子が留学生としてアメリカ南部にある片田舎の大学に行ってから早5年になる。おそろしいほどの人種差別があり、未だ進化論も通用しない人もいるだろう田舎である。  そしてこの程、めでたく卒業となった。そこでかみさんが張り切ってしまった。「どうしても息子の卒業式には出席したい」と目を輝かせながら言うのだ。「そう、行けば」と私は無関心に答えた。「息子をアトランタの空港まで迎えに来させればいいよ」「あなたは出席しないの?」「俺は忙しい。今年中に本も書き上げなければいけないし、俺はそういう儀式には一切興味がない」と、冷たく返事をして抵抗していたのだが、彼女の強い説得もあって、とうとう私も行く羽目になった。
 私には10年ぶりのアメリカ訪問である。前回は9.11テロの直後、どうしてもその渦中のニューヨークを見たいと思い、グラウンド・ゼロに立ち尽くしたのが最後だった。


ラスベガス名物・ホワイトライオン2匹。これは見たかった。ラスベガスは30年ぶり。凄いな。眠らない街。そして安全。別にギャンブルをしなくても充分楽しめるし、ホテルはギャンブル場に人を集めるため本当に安い。私が泊まった豪華ホテル、ミラージュも1泊100ドルちょっとだ

シスコの地に「Talk&Rock」のライブ空間を

 それ以来、「もう俺は外国には興味がない」と言っていたものの、ふっと考え直してみた。
 私は長きにわたって、ロフトプラスワンやNaked Loft、阿佐ヶ谷ロフトAのような、「TalkとRock」の融合を図る、そしてできるなら、日本と全世界を繋ぐ空間を作ってみたいと思っていた。
 もし、アメリカのその店に、日本と現地の音楽家やサブカルチャー文化人を招いたらどうなるか?
 そして、現地からそういったアメリカの人々を日本に招く空間や事務所を作ったらどうなるか? という好奇心だった。
 特にトークライブの空間を、アメリカに作ってみたい、と思っていた。ロフトプラスワンみたいな空間は外国にはない。世界の人々は、とりわけアメリカ人は大の論争好きである。もしプラスワンみたいな空間が全世界に広がったら、面白いことになるだろう。
 もう20数年前。私は、スペイン語もほとんど出来ないままカリブ諸国で初めて「日本レストラン」を、ドミニカ共和国の首都・サントドミンゴのカリブ海の見える海岸に作った。店は5年間続け、結局は見事に敗退した。という経験があるが、もう私は若くないのでそんな面倒なことはできない、と諦めかけていたのだが......。


息子の大学卒業のショールを借りて着てみた。何か偉い大学の学長になった気分(笑)

そしてロックの震源地・サンフランシスコへ

 そういうテーマもあって、息子の卒業式に行くついでに、私はサンフランシスコにマーケティングに行く気になった。シスコには、小林社長の音楽関係の友達もたくさんいたし、もう潰れてしまったが、実はロフトもレコード屋を一軒持っていた時期もあるのだ。60年代、後に世界を席巻するロックミュージシャン達を世に出した、ビル・グレアムさんの"フィルモア"もこの町にあった。まさに西海岸のロック震源地なのだ。  今年、アメリカの大学を卒業する予定の息子にその話をしたら、乗ってきた。ちょうど時代は就職難。巷には彼が望む仕事が少なかったのかもしれない。さらには、シスコは私の爺さんの生まれ故郷だ。墓もある。親戚もたくさんいるらしい。今まで会ったこともない従兄弟たちがいるはずなのだ。  私は息子に言った。「ロフトには、英語をちゃんと喋れる人材はいない。君がこの計画に挑戦してみるのも面白いかもしれない。日本と全世界の文化をライブハウスで繋ぐ仕事だ。やるか?」。息子は、「一年程、本場のアメリカでショービジネスの勉強をしたい」と言いだした。アメリカの大半の日本人留学生は、卒業と同時にさっさと帰国してしまう昨今、まだアメリカに残って働きながら勉強したいということに驚いた。しかも、大学での彼の専攻はコンピューターサイエンス。全く違った分野だ。  ロフトと馴染みのあるミュージシャンもシスコには少なからずいる。しかし、そういった文化を繋ぐエージェントは少ない。日本からシスコにやってきて演奏したいロッカーや、トークがしたい文化人、日本のアニメやサブカルを表現する空間をシスコの地に作れるのかもしれない。そう思った。  ひょっとしたら、私のアメリカ進出の夢が叶うかもしれない。そう展望すると、私はシスコの親戚や音楽関係者に挨拶とプレゼンをしに行く必要があるし、ついでに息子の卒業式をのぞいてみるのも面白いと思って、アメリカ行きを決断したのだった。


みんなが止めるのも聞かず、厳冬のヨセミテ国立公園に行くと......。幻想的な光景に出会った

そしてロックの震源地・サンフランシスコへ

 そういうテーマもあって、息子の卒業式に行くついでに、私はサンフランシスコにマーケティングに行く気になった。シスコには、小林社長の音楽関係の友達もたくさんいたし、もう潰れてしまったが、実はロフトもレコード屋を一軒持っていた時期もあるのだ。60年代、後に世界を席巻するロックミュージシャン達を世に出した、ビル・グレアムさんの"フィルモア"もこの町にあった。まさに西海岸のロック震源地なのだ。
 今年、アメリカの大学を卒業する予定の息子にその話をしたら、乗ってきた。ちょうど時代は就職難。巷には彼が望む仕事が少なかったのかもしれない。さらには、シスコは私の爺さんの生まれ故郷だ。墓もある。親戚もたくさんいるらしい。今まで会ったこともない従兄弟たちがいるはずなのだ。
 私は息子に言った。「ロフトには、英語をちゃんと喋れる人材はいない。君がこの計画に挑戦してみるのも面白いかもしれない。日本と全世界の文化をライブハウスで繋ぐ仕事だ。やるか?」。息子は、「一年程、本場のアメリカでショービジネスの勉強をしたい」と言いだした。アメリカの大半の日本人留学生は、卒業と同時にさっさと帰国してしまう昨今、まだアメリカに残って働きながら勉強したいということに驚いた。しかも、大学での彼の専攻はコンピューターサイエンス。全く違った分野だ。
 ロフトと馴染みのあるミュージシャンもシスコには少なからずいる。しかし、そういった文化を繋ぐエージェントは少ない。日本からシスコにやってきて演奏したいロッカーや、トークがしたい文化人、日本のアニメやサブカルを表現する空間をシスコの地に作れるのかもしれない。そう思った。
 ひょっとしたら、私のアメリカ進出の夢が叶うかもしれない。そう展望すると、私はシスコの親戚や音楽関係者に挨拶とプレゼンをしに行く必要があるし、ついでに息子の卒業式をのぞいてみるのも面白いと思って、アメリカ行きを決断したのだった。


わが従兄弟・ラスティとその妻・ポーラ。2人とも日本が大好き。特に銭湯が気に入っているという

 ここ2〜3年のロフトは、秋葉原、沖縄、渋谷など、いくつかの出店計画があったのだが、なかなか条件が合わずうまく行っていない。どっちにしても、私は相当歳をとった。「ロフトはもう、俺の時代ではない。老兵は静かに去るべき」とは実感しているが、また少し、最後のあがきをやってみたくなった。困ったもんだ。(続く)

※ロフト席亭・平野悠の「好奇心 何でも見てやろう」は、海外出張のため今月はお休みです。2月号で続きを掲載します

このアーティストの関連記事

『ROCK IS LOFT 1976-2006』

(編集:LOFT BOOKS / 発行:ぴあ / 1810円+税)

全国書店およびロフトグループ各店舗にて絶賛発売中!!
新宿LOFT 30th Anniversary
http://www.loft-prj.co.jp/LOFT/30th/

COLUMN LIST連載コラム一覧

  • おじさんの眼
  • ロフトレーベルインフォメーション
  • イノマー<オナニーマシーン>の『自慰伝(序章)』
  • ISHIYA 異次元の常識
  • 鈴木邦男(文筆家・元一水会顧問)の右顧左眄
  • レズ風俗キャストゆうの 「寝る前に、すこし話そうよ」
  • 月刊牧村
  • 「LOFTと私」五辺宏明
  • 絵恋ちゃんの ああ えらそうに コラムが書きたい
  • おくはらしおり(阿佐ヶ谷ロフトA)のホントシオリ
  • 石丸元章「半径168センチの大問題」
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の歴史のふし穴
  • 煩悩放出 〜せきしろの考えたこと〜
  •  朗読詩人 成宮アイコの「されど、望もう」
  • 今野亜美のスナック亜美
  • 山脇唯「2SEE MORE」
  • 大島薫の「マイセルフ、ユアセルフ。」
  • 能町みね子 新中野の森 アーティストプロジェクト
  • 能町みね子 中野の森BAND
  • アーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生
  • 戌井昭人の想い出の音楽番外地
  • さめざめの恋愛ドキュメンタリー
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の ああ夢城
  • 吉田 豪の雑談天国(ニューエストモデル風)
  • ゲッターズ飯田のピンチをチャンスに変えるヒント
  • 最終少女ひかさ 但野正和の ローリングロンリーレビュー
  • 吉村智樹まちめぐ‼
  • いざゆかんとす関西版
  • エンドケイプの室外機マニア
  • 日高 央(ヒダカトオル)のモアベタ〜よ〜
  • ザッツ団地エンターテイメン棟
  • 劔樹人&森下くるみの「センチメンタル「非」交差点」
  • 三原重夫のビギナーズ・ドラム・レッスン
  • ポーラーサークル~未知なる漫画家オムニバス羽生生純×古泉智浩×タイム涼介×枡野浩一
  • the cabs 高橋國光「アブサロム、または、ぼくの失敗における」
  • “ふぇのたす”ちひろ's cooking studio
  • JOJO広重の『人生非常階段』〜今月のあなたの運勢〜
  • マリアンヌ東雲 悦楽酒場
  • 大谷雅恵 人生いつでも初体験
  • ジュリエットやまだのイケメンショッキング
  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ ロック再入門
  • 岡留安則 “沖縄からの『書くミサイル』”「噂の真相」極東番外地編
  • 高須基仁 メディア論『裏目を読んで半目張る』
  • 田中 優 環境はエンタメだ!
  • 雨宮処凛 一生バンギャル宣言!
  • 大久保佳代子 ガールズトーーーク!!!!!
  • DO THE HOPPY!!!!!
6th
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻