Rooftop ルーフトップ

COLUMN

トップコラムおじさんの眼

おじさんの眼

  • 小説−9「命」青春

    なんとも夏子さんが歌う歌詞は、「我が青春」というか、みんなが真っ赤に燃えたあの大学闘争時代を思い出させるのだ。もう50年前のことなのに。困った。私は今、香港のニュース映像を見て戦慄している。...more

    2019.12.02

  • 小説−8「命」第二章 歌う夏子

    ©絶望に効くクスリ・山田玲司この小説は短編のつもりだったのだが、終わりが見えない。結局は自分の「音楽人生」にスライドしてゆく宿命なのか?作詞ま...more

    2019.11.01

  • 第255回「躍進するロフトの記事を放棄し、小説を書いている」

    絵:平野琳人この10月以降、ロフト系店舗がまた増えるという。躍進するロフト。以前のコラムでは多分この事を書いただろう私は、それを放棄してまたあてどもない小説『命』の続きを...more

    2019.10.01

  • 第254回「誰にもやってくる死という常識」

    今まで25年以上続けてきたこのコラム。最近のロフトグループの躍進とか、香港の問題だとか、書きたいことはたくさんあるのに、また全編を小説にしてしまった。さて、どうなんだろう。テーマは「生と死」...more

    2019.09.07

  • 第253回「絶望の夜からの脱出」

    編集部の意見で「小説」の文字数を大胆に増やしませんかと言うことで、頑張ってみましたが……どうなんだろうか(笑)。小説ー5「絶望の夜からの脱出」あらすじ...more

    2019.08.01

  • 第252回「初夏の山々のざわめきを聞け!」

    新穂高ロープウェイ、絶景奥飛騨に行ってきた6月中旬、長野県松本市で仕事の打ち合わせがあった。その夜は安曇野温泉で一泊して、名城松本城を眺めて一路飛騨高山へ。高山からバ...more

    2019.07.05

  • 第251回「70歳過ぎても「恋」は出来る」

    世界の6つの大陸・7つの海を制覇したちょっと鬱、小声で、そう小声で相変わらず老いてゆく私の生き様を描くしかない。もう随分前に70歳という古希を通過し、後期高齢者の仲間...more

    2019.06.02

  • 第250回「クルーズ11日間の船旅に出た」

    ピースボートの中。360度カメラで撮影大好きな新緑の季節だ。暖かく静かな夕方、東京の郊外は青い葉が目立ち限りなく新緑の猛々しさと優しさを見せている。...more

    2019.05.05

  • 第249回「老齢になる......」

    我が青春、友部正人さんのライブへ生き急ぐ、死に急ぐ今年はことのほか、いずれ訪れる自分の終末をいつだってイメージしている。もうすぐ後期高齢者の仲間に組み入れられことになる焦りなのか。足...more

    2019.04.01

  • 第248回「性春スターイノマー、生き抜け! 舌のないロッカーの生き様を聞け!」

    パンクバンドの生き様を見たRooftopを読んでいたら目が点になった最近のRooftopは実に面白いが、なんとも紙面の文字が小さすぎて年寄りの私はどうしてもスルーして...more

    2019.03.13

  • 第247回「ライブハウスは生きている - 山下達郎さんの楽屋を訪問した」

    山下達郎さんを新宿ロフトで見られるなんて大変なことだ山下達郎さんの楽屋を訪問した新宿ロフトで二日間にわたる怒涛のような「山下達郎SpecialAcousticL...more

    2019.02.08

  • 第246回「新年あけおめ」

    加藤梅造社長と、ゲストを招き音楽を語る「音楽航路」というイベントを始めた未来は若者の手にあるなんとも「新年あけおめ」ときた。2019年は、またもや安倍自民党の愛国独裁...more

    2019.01.07

  • 第245回「ほどなく12月、年末」

    日本の美しい情景はここに極まるどこか侘しい秋紅葉、黄葉。家の前の神社の、すっからかんになっていく巨大なイチョウに別れを告げながらどこか侘しい。日本人は古来から秋を愛で...more

    2018.12.05

  • 第244回「かけがえのない自らの道」

    思い出の中に毎日がある、自分に見切りをつけてはいけない活字にこだわる『Rooftop』なんだかんだ私がこのコラムを続けて20年以上になるのを、今更ながらに驚いている。...more

    2018.11.09

  • 第243回「秋は恋の季節」か......

    ベランダの夜風も涼しくなってきた秋の気配あれだけ熱射だった重苦しい夏が過ぎ、いくつもの台風がやってきて、秋の気配が漂ってきた。秋は深々...more

    2018.10.09

  • 第242回「暑いの暑いのとんでゆけ~!」

    ひとり、夏の終わりの海を見る気がつけば誕生日70歳を過ぎて、いまさら自分の歳を祝う気にはなれない困った年寄りだ。何歳になったか知りたくもない。お祝いは気持ちから出発す...more

    2018.08.27

  • 第241回「クソ暑い夏~怠惰な日常とは」

    7月にオープンしたロフトプロジェクトのライブハウス青の館「LOFTHEAVEN」表現のための文章を書くということ本当につい最近のことだが、「文章で人を感動させたい」という意欲がなくなって来て...more

    2018.08.02

  • 第240回「憂鬱な梅雨の季節の青色吐息」

    爆音ルーム「ROCKHILLS」どうするどうなるロックカフェロフトなんとも私にとってはショックなのである。歌舞伎町のど真ん中に、約20坪弱のロックカフェを無理やりオープンさせたのは、今年の3...more

    2018.07.02

  • 第239回「なぜかイライラが募るこの頃」

    三河安城、カゼノイチの上野祥法と歳をとるということ70歳になった、歳をとったと言いながらもう3年にもなる。オリンピックの年には75歳。やばいよ、爺を通り越して仙人の境...more

    2018.06.01

  • 第238回「春爛漫の歌舞伎町と......」

    歌舞伎町界隈では4軒のロフト系情報発信基地変貌する新宿歌舞伎町〜ロックカフェオープン多分、こんなロックカフェ専門店は日本中探してもないだろうと自画自賛しながら、それもまあ、歌舞伎町は...more

    2018.05.01

COLUMN LIST連載コラム一覧

  • おじさんの眼
  • ロフトレーベルインフォメーション
  • イノマー<オナニーマシーン>の『自慰伝(序章)』
  • ISHIYA 異次元の常識
  • 鈴木邦男(文筆家・元一水会顧問)の右顧左眄
  • 月刊牧村
  • おくはらしおり(阿佐ヶ谷ロフトA)のホントシオリ
  • 石丸元章「半径168センチの大問題」
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の歴史のふし穴
  • 煩悩放出 〜せきしろの考えたこと〜
  •  朗読詩人 成宮アイコの「されど、望もう」
  • 今野亜美のスナック亜美
  • 山脇唯「2SEE MORE」
  • 大島薫の「マイセルフ、ユアセルフ。」
  • 能町みね子 新中野の森 アーティストプロジェクト
  • 能町みね子 中野の森BAND
  • アーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生
  • 戌井昭人の想い出の音楽番外地
  • さめざめの恋愛ドキュメンタリー
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の ああ夢城
  • 吉田 豪の雑談天国(ニューエストモデル風)
  • ゲッターズ飯田のピンチをチャンスに変えるヒント
  • 最終少女ひかさ 但野正和の ローリングロンリーレビュー
  • 吉村智樹まちめぐ‼
  • いざゆかんとす関西版
  • エンドケイプの室外機マニア
  • 日高 央(ヒダカトオル)のモアベタ〜よ〜
  • ザッツ団地エンターテイメン棟
  • 劔樹人&森下くるみの「センチメンタル「非」交差点」
  • 三原重夫のビギナーズ・ドラム・レッスン
  • ポーラーサークル~未知なる漫画家オムニバス羽生生純×古泉智浩×タイム涼介×枡野浩一
  • the cabs 高橋國光「アブサロム、または、ぼくの失敗における」
  • “ふぇのたす”ちひろ's cooking studio
  • JOJO広重の『人生非常階段』〜今月のあなたの運勢〜
  • マリアンヌ東雲 悦楽酒場
  • 大谷雅恵 人生いつでも初体験
  • ジュリエットやまだのイケメンショッキング
  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ ロック再入門
  • 岡留安則 “沖縄からの『書くミサイル』”「噂の真相」極東番外地編
  • 高須基仁 メディア論『裏目を読んで半目張る』
  • 田中 優 環境はエンタメだ!
  • 雨宮処凛 一生バンギャル宣言!
  • 大久保佳代子 ガールズトーーーク!!!!!
  • DO THE HOPPY!!!!!
松本ロフト
LOFTX Koenjoy
ロフトアーカイブス
復刻
lpo
lpo