Rooftop ルーフトップ

COLUMN

回「逢いたい」と思った日に逢える喜び

第9回「逢いたい」と思った日に逢える喜び

2021.03.09

dda84283.jpg

レズっ娘グループは、しばらく前まで事前予約を推奨していました。
 
これは、性風俗店を利用したことがある男性が読むと、意外に感じられるかもしれません。そうしたお店では、店舗型でも派遣型でも、"飛び込み"が歓迎されているのだとか。
 
思い立ったが吉日。「利用しよう」と思ったらその場で電話したりHPを見たりして、いまどんなキャストが出勤しているかを知り、すぐお店に行くなり派遣されてくるのを待つなりするのが、一般的だそうですね。
 
「いま利用したい」という気持ちの盛り上がりに、男女差はないと思います。ですが、レズっ娘グループが長らくそうしてこなかったのには、理由があります。
 
*     *     *
 
それは、「店舗型」ではないからです。キャストが毎日出勤して事務所に待機し、お仕事が入るのを待っている……というスタイルではありません。こうしたスタイルはキャスト数が多くて、ご案内中のキャストとそうでないキャストの両方が毎日いるから成り立ちます。
 
レズっ娘クラブができた当初は、レズ風俗の知名度自体、ゼロに近いものでした。その後少しずつ知られるようになり、「そうだ、今日利用してみよう!」というお客様もいましたし、時おりお問い合わせもあったのですが、やはり多くはありませんでした。
 
キャストにしてみれば、待機していてもご案内のチャンスがめったにない……これはちょっとしんどいことです。なかには、ほかのお仕事とこのお仕事を並行していて、出勤日がかぎられているキャストもいます。
 
そこで、あらかじめ出勤日をお店のHPやブログでオープンにし、それを見てお客様が予約をする……というスタイルが、いまでもレズっ娘グループでは主流です。
 
予約には予約の、よさがあります。
 
お客様が「この日、このキャストに逢おう」と心に決め、お店に予約する。そして、まだかな、まだかなと心待ちにしながら、またはちょっと緊張しながらその日を待つーー。その時間が、いいんですよね。
 
私たちも、同じです。
 
「ひさしぶりに、○○さんからさんの予約が入った!」
「初めての方からのご予約かぁ、楽しんでもらいたいな」
 
と、まずはうれしい気持ちになりますし、心づもりも準備もできます。
 
それが、「当日予約」が定着したことによって、どんどん変化していきました。
 
当日予約とは、その日の気分ですぐにデートコースやビアンコースを体験できること。
 
ときに、勢いも大事です。
 
お店が成長してスタッフの数が増え、対応できるキャストも増え、2017年ごろから常時、受け付けられるようになりました。理由のひとつに、事務所の引っ越しがあります。私たちが待機できる、快適なスペースが設けられたのです。
 
急にぽっかり空いた休日を充実させることもできますし、「どうしてもいま利用したい!」といった強い想いも叶うんです。
 
私は、美容院へはいつも当日予約で行っています。思いついたらすぐ行動したい。切ろうと思ったら、我慢できない(笑)。そういう想いに応えてくれます。
 
しかも……当日予約は、普段よりもお手軽な料金でご利用できる! いいことが満載です。
 
当日予約で出逢うお客様の話をしましょう。
 
はじめてお逢いする方もたくさんおられますが、いわゆるリピートの方、つまり一度出逢ったお客様も多いものです。いつもと違った気分で逢えるのが、当日予約の醍醐味です。
 
その日に予約というこの設定では、何度も逢っている方でも意外な一面を見せてくれることがあります。
 
仕事帰りに逢うときは、その日の仕事着のまま逢いにきてくれる……何だか日常に溶け込んだ景色を一緒に味わえます。
 
休日にいつもよりちょっとおしゃれをしてお逢いしてきたお客様の、ふだんの姿にドキッとしたり、退社後に汗をかきながら駆けつけてくれた姿に惚れ惚れしたり。
 
お互いに、新鮮なんですよね。
 
日常の一部として、お逢いする。仕事帰りに友だちと飲みにいくように、休日しばらく逢っていない友だちの顔がふいに見たくなって連絡を取りご飯の約束をするように……そんなふうに当日予約をご利用いただければと思います。
 
……つづきは、また次の夜にここで逢ってお話しましょう。
 
ゆう:永田カビ著『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』(イースト・プレス)のモデルになった現役キャストで、2008年から在籍するベテラン中のベテラン。レズっ娘グループ全店の新人講習スタッフを兼任する。 https://tiara.ms/cast/cast.php?no=00025
このアーティストの関連記事

COLUMN LIST連載コラム一覧

  • おじさんの眼
  • ロフトレーベルインフォメーション
  • イノマー<オナニーマシーン>の『自慰伝(序章)』
  • ISHIYA 異次元の常識
  • 鈴木邦男(文筆家・元一水会顧問)の右顧左眄
  • レズ風俗キャストゆうの 「寝る前に、すこし話そうよ」
  • 月刊牧村
  • 「LOFTと私」五辺宏明
  • 絵恋ちゃんの ああ えらそうに コラムが書きたい
  • おくはらしおり(阿佐ヶ谷ロフトA)のホントシオリ
  • 石丸元章「半径168センチの大問題」
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の歴史のふし穴
  • 煩悩放出 〜せきしろの考えたこと〜
  •  朗読詩人 成宮アイコの「されど、望もう」
  • 今野亜美のスナック亜美
  • 山脇唯「2SEE MORE」
  • 大島薫の「マイセルフ、ユアセルフ。」
  • 能町みね子 新中野の森 アーティストプロジェクト
  • 能町みね子 中野の森BAND
  • アーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生
  • 戌井昭人の想い出の音楽番外地
  • さめざめの恋愛ドキュメンタリー
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の ああ夢城
  • 吉田 豪の雑談天国(ニューエストモデル風)
  • ゲッターズ飯田のピンチをチャンスに変えるヒント
  • 最終少女ひかさ 但野正和の ローリングロンリーレビュー
  • 吉村智樹まちめぐ‼
  • いざゆかんとす関西版
  • エンドケイプの室外機マニア
  • 日高 央(ヒダカトオル)のモアベタ〜よ〜
  • ザッツ団地エンターテイメン棟
  • 劔樹人&森下くるみの「センチメンタル「非」交差点」
  • 三原重夫のビギナーズ・ドラム・レッスン
  • ポーラーサークル~未知なる漫画家オムニバス羽生生純×古泉智浩×タイム涼介×枡野浩一
  • the cabs 高橋國光「アブサロム、または、ぼくの失敗における」
  • “ふぇのたす”ちひろ's cooking studio
  • JOJO広重の『人生非常階段』〜今月のあなたの運勢〜
  • マリアンヌ東雲 悦楽酒場
  • 大谷雅恵 人生いつでも初体験
  • ジュリエットやまだのイケメンショッキング
  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ ロック再入門
  • 岡留安則 “沖縄からの『書くミサイル』”「噂の真相」極東番外地編
  • 高須基仁 メディア論『裏目を読んで半目張る』
  • 田中 優 環境はエンタメだ!
  • 雨宮処凛 一生バンギャル宣言!
  • 大久保佳代子 ガールズトーーーク!!!!!
  • DO THE HOPPY!!!!!
6th
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻