Rooftop ルーフトップ

COLUMN

回「女性の身体は迷路みたいでした。」

第3回「女性の身体は迷路みたいでした。」

2020.12.08

03.jpg

 

好きな人への興味や好奇心が止まらなくなったことはありますか? 思春期にそんな経験した人もいるのではないかと思います。そこで暴走しないようにぐっと堪えたり、言葉を選んで相手に伝えたり、想いが遂げられふたりの世界に閉じこもったり……それも青春の1ページですよね。
 
私は自分のセクシャリティを知った後、女性への興味があふれ出て止まらず、女性に触れたい気持ちがどうしようもないくらい疼いてしまった時期がありました。街を歩いても好みの女性に目がいき、視線で追っていました。こう書くと、かなり危ない人みたいですね! 女性が好き、という一心で疾走する季節のはじまりです。
 
*     *     *
 
はじめての経験は、私に新しい世界観とひらめきを、そしてほとばしるエネルギーを与えてくれました。素晴らしい出逢いだったと実感しています。
 
タカコさんに誘われたときためらわなかった自分を不思議に思うこともありますが、あらがえないほど魅力的な人に出逢ってしまったということでしょう。何も知らないヒヨッコでありながら、未知の世界に触れたい、扉を開きたいと強く願っていたのかもしれません。
 
あの夜は、われながらよくがんばったなと思います。はじめてなのに、なぜか手と指がするすると動き、タカコさんのあらゆるポジションへ流れ着く……。
 
女性の身体は迷路みたいでした。探検家になった気分だったんです。面白くて、楽しくて、そして気持ちいい。ハマってしまうわけでした。
 
相手が気持ちよくなると、私も気持ちいい。そんなこともこの夜に悟りました。目の前にいる女性が悶え、快感をあらわにしてくれる。そのたびに私も興奮して、自分のなかの野性的な何かが呼び覚まされると感じました。
 
これだ!
 
そう思ったんです。楽しくて楽しくてしょうがありませんでした。ああ、男の人たちはこういう気分を味わっていたんだなぁと、納得する部分もありました。
 
女性に対してはっきりと恋愛感情を抱くようになってから、一緒にいる女性をついエスコートしてするようになりました。それまで一度もしたことないのに。仕草や服装、生活も変わりました。そうなると周りも自然となにかを察知するもので、私への態度が少しずつ変わっていきました。
 
その後の恋愛生活は、山あり谷ありの連続で、まぁ滅茶苦茶な時期もありました。若かったんですね。女性と肌を合わせるたびに、「やっぱり私は女性が好きなんだ!」という想いが強く、強くなっていきました。
 
なぜ、そこまで女性との恋愛にハマったのだろうーーこれだという決定的な理由はいまだに見つかっていません。ほんとうに、不思議なんですよね。
 
前世からのもの?
それとも天性のもの?
もともと女性と愛し合う運命だっただろうか?
 
考えても答えが出ないからこそ、おもしろいとも感じます。
 
一方、興味本位で飛びつくと、痛い目にあう世界でもありました。その日かぎりの甘い時間はとてもむなしく、幸福感も長くはつづきません。その後は、つき合うのか、つき合わないのかの押し問答。
 
そうとわかっても、私は危険な関係を求めつづけました。女性同士の快楽は、私にとって麻薬でした。仕事にもとてもいい刺激を与えてくれたし、仕事が充実するとそれがまた女性を求める活力にもなる。そんなサイクルができ上がっていきました。
 
10代のときに男性と重ねた恋愛は、どこかぎこちないものでした。セックスでの満足もさほど得られず。私の何がいけないんだろうと自問自答もしました。努力をしても、何かがつかめるとは思えなかった日々。変わった性癖の人もいて、依存型の人もいました。ストーカー行為を経験したこともあります。
 
一方で、素晴らしい出逢もありました。一生添い遂げたいと思うほどに愛した人にも出逢いました。でも、人と人はわかり合うのがむずかしいですよね。それだけの人とも、終わりのときから逃れることはできませんでした。永遠とか運命とかを信じたかったけれど、どこにそんな希望があるのだろうとわからなくなってしまいました。
 
なんとなくではありますが、結婚も子どもを持つことも私にはとても遠い話だと感じていました。そんな現実と向き合うのがしんどくて、“その日かぎり”という、なんとも都合のいい関係に逃げていたこともあります。
 
それがタカコさんとの出逢い以降、変わったんです。
 
同性との恋愛では、どちらも対等な立場で物ごとを考えることを覚えました。それは、自立心や自信をつけるきっかけにもなりました。私の世界観を大きく広げてくれた素晴らしい経験だったのだなぁと、つくづく思います。
 
女性同士の出逢いといえば、出会い系や掲示板が定番ですが、私はそういったものを利用したことは一切ありません。出逢いを貪欲に探すというより、出逢ったときに行動する、という感覚だったからです。お互い惹かれ合ったら一緒になる、ふんわりとしてはいますが、私にはこのスタイルが合っていました。
 
出逢いを重ねるなかで、ストレートの女性と関係を持つこともありました。女性はみんな、同性になんらかの興味を持っているのでしょうか? そう思わせるほど、自然と身体を合わせたものです。
 
ほかにも共通の趣味を持つ人や、似たような価値観、人生観で生きる人が集まる場所での出逢いがありました。自分をしっかり持って生きている人たちはとても美しく、生き生きとしていて、セクシャリティについてもオープンな人が多い気がします。
 
自分をさらけ出して、惹かれ合う。尊敬の念を持ちながら相手とふれ合うんです。
 
20代前半でそんな体験をできたのは、幸せなことだったなぁといまも思います。
 
ゆう:永田カビ著『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』(イースト・プレス)のモデルになった現役キャストで、2008年から在籍するベテラン中のベテラン。レズっ娘グループ全店の新人講習スタッフを兼任する。 https://tiara.ms/cast/cast.php?no=00025
このアーティストの関連記事

COLUMN LIST連載コラム一覧

  • おじさんの眼
  • ロフトレーベルインフォメーション
  • イノマー<オナニーマシーン>の『自慰伝(序章)』
  • ISHIYA 異次元の常識
  • 鈴木邦男(文筆家・元一水会顧問)の右顧左眄
  • レズ風俗キャストゆうの 「寝る前に、すこし話そうよ」
  • 月刊牧村
  • 「LOFTと私」五辺宏明
  • 絵恋ちゃんの ああ えらそうに コラムが書きたい
  • おくはらしおり(阿佐ヶ谷ロフトA)のホントシオリ
  • 石丸元章「半径168センチの大問題」
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の歴史のふし穴
  • 煩悩放出 〜せきしろの考えたこと〜
  •  朗読詩人 成宮アイコの「されど、望もう」
  • 今野亜美のスナック亜美
  • 山脇唯「2SEE MORE」
  • 大島薫の「マイセルフ、ユアセルフ。」
  • 能町みね子 新中野の森 アーティストプロジェクト
  • 能町みね子 中野の森BAND
  • アーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生
  • 戌井昭人の想い出の音楽番外地
  • さめざめの恋愛ドキュメンタリー
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の ああ夢城
  • 吉田 豪の雑談天国(ニューエストモデル風)
  • ゲッターズ飯田のピンチをチャンスに変えるヒント
  • 最終少女ひかさ 但野正和の ローリングロンリーレビュー
  • 吉村智樹まちめぐ‼
  • いざゆかんとす関西版
  • エンドケイプの室外機マニア
  • 日高 央(ヒダカトオル)のモアベタ〜よ〜
  • ザッツ団地エンターテイメン棟
  • 劔樹人&森下くるみの「センチメンタル「非」交差点」
  • 三原重夫のビギナーズ・ドラム・レッスン
  • ポーラーサークル~未知なる漫画家オムニバス羽生生純×古泉智浩×タイム涼介×枡野浩一
  • the cabs 高橋國光「アブサロム、または、ぼくの失敗における」
  • “ふぇのたす”ちひろ's cooking studio
  • JOJO広重の『人生非常階段』〜今月のあなたの運勢〜
  • マリアンヌ東雲 悦楽酒場
  • 大谷雅恵 人生いつでも初体験
  • ジュリエットやまだのイケメンショッキング
  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ ロック再入門
  • 岡留安則 “沖縄からの『書くミサイル』”「噂の真相」極東番外地編
  • 高須基仁 メディア論『裏目を読んで半目張る』
  • 田中 優 環境はエンタメだ!
  • 雨宮処凛 一生バンギャル宣言!
  • 大久保佳代子 ガールズトーーーク!!!!!
  • DO THE HOPPY!!!!!
6th
ロフトチャンネル
平野悠
ロフトオリジナルコーヒー
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻