Rooftop ルーフトップ

COLUMN

トップコラム 朗読詩人 成宮アイコの「されど、望もう」第42回「真冬にスーパーでいちごの匂いがすると思い出す家族への憎しみはもう許さないことにした」

2回「真冬にスーパーでいちごの匂いがすると思い出す家族への憎しみはもう許さないことにした」

第42回「真冬にスーパーでいちごの匂いがすると思い出す家族への憎しみはもう許さないことにした」

2020.12.23

朗読詩人成宮アイコの「されど、望もう」
 
79f866109277fc69b44e8646342be8124a8e49a1-thumb-600x430-177448.jpg
 
 クリスマス、お好きですか? こんにちは、朗読詩人の成宮アイコです。
 
 指がピリピリするように寒い12月、スーパーに行くと季節外れのいちごの匂いがだたよってくることが増えました。家でクリスマスケーキを作る用かな、と思うと、記憶の奥がギシっと痛み、普段はなかったことにしている気持ちが動き出しそうになりました。あぶない、これは見なかったことにしよう。いそいで買い物に戻ります。
 
 家族でクリスマス。かつて、わたしもそういった暮らしをしていた時期がありました。
 小学生のころだったでしょうか。家のオーブンでクリスマスケーキを焼き、あまりうまく飾れないいちごを生クリームの間にそっと置いていくことは、非日常感であふれていて胸が高鳴るものでした。
 だからといって幸せだったかと聞かれても、素直にうなづくことはできません。なぜなら、家族の体をなしていなかったからです。すでに父はわたしの前からフェードアウトしかけていたし、祖父はいつ感情が爆発して言葉あるいはその腕をどのタイミングで振り上げるかわからない運ゲーのような毎日でした。
 
 さいきん、カルト2世の方とお話しする機会が増えました。
 生まれたときから自分の好き嫌いとは関係なく信仰を強いられてきたお話しを聞いていたら、お互いに似たような心の歪みをかかえていることに気づきました。いわゆる虐待や機能不全家庭や毒親と呼ばれる環境で育ってしまい、本来なら受けなくてよかった苦痛や傷を強制的に与えられた場合、わたしたちの思考は自動的にフィルターをかけてしまうようなのです。
 
 殴られても、
 「これは異常事態ではない、だってずっとこうやって暮らしてきたのだもの。」
 
 罵られても、
 「これは異常事態ではない、だってずっとこうやって暮らしてきたのだもの。」
 
 自己肯定感をことごとくへし折られても
 「これは異常事態ではない、だってずっとこうやって暮らしてきたのだもの。」
 
 そうやって気持ちを押し殺すことへの疑問、「もしかして、自分は正常な心の状態ではないのでは…」という気持ちは、似たような状況の他人を通してやっとわたしのなかにも降りてきました。いくらまわりが、その状況はおかしいと指摘しても、幼少期からうえつけられたフィルターはそうそう簡単にはずせないのです。
 
 だって、いつかわたしはあなたに愛されるかもしれない。
 その気持ちを消すことは、自分の望みを自分で捨てることと同じです。あきらめをつけるしかないのですが、いちばん望んでいるこの期待は、おそらく生きている間はずっと消せないのだろうと思います。
 
 いま、わたしは、不条理に傷つけてくる相手(家族)や場所(家や学校)を、「許さなくていい」と思っています。こういった文章を書くと、ときどき、許すことであなたは癒されるなんてアドバイスをもらうことがあります。
 でも、"自分のせいではないあまりに不条理なこと" を許してあげる心を目指す意味、目指させる意図がわたしはわからないのです。だからつい問いたくなってしまう。
 
 怒りの感情をなかったことにして消化していく。
 それって健全でしょうか。
 
 自分を苦しめた相手がのうのうと生きているのに、わたしたちだけはその傷と向き合って飲み込む、あるいは消化して元気に生きていく。
 それって美しいでしょうか。
 
 許すこと。やっぱり、わたしにはそれが正しいとは思えないのです。だって、わたしは聖人ではない。
 
 だから、わたしは毎年この時期になるとスーパーに並ぶいちごのパックを憎々しく思っていてもいい、ということにしました。そして、今日も帰り道に寄るスーパーで、きっとわたしは、あの甘いにおいをする鮮やかな棚を足早に通りすぎるのです。忌々しさと憧れを半分ずつ持ちながら。

 
成宮アイコ Profile
 朗読詩人。「生きづらさ」や「メンタルヘルス」をテーマに文章を書いている。朗読ライブが『スーパーニュース』や『朝日新聞』に取り上げられ、新潟・東京・大阪を中心に全国で興行。書籍『あなたとわたしのドキュメンタリー』(書肆侃侃房)、詩集『伝説にならないで ─ハロー言葉、あなたがひとりで打ち込んだ文字はわたしたちの目に見えている』(皓星社)。EP『伝説にならないで』の新解釈版『裏 伝説にならないで』が12/24配信リリース。
このアーティストの関連記事

クロダセイイチ feat. 成宮アイコ,nene
『裏伝説にならないで』

2020.12.24配信リリース

amazonで購入

iTunesStoreで購入

「伝説にならないで ─ハロー言葉、あなたがひとりで打ち込んだ文字はわたしたちの目に見えている」

発行:皓星社
価格:1,500円(+税)
版型:四六判並製

amazonで購入

LIVE INFOライブ情報

カルト2世と機能不全家庭〜うえつけられた価値観から逃げたい!【配信あり】

1e58b1d8439593ad1d9afdd2585a24b2-548x379.jpg
2021年1月16日(土)
会場:LOFT HEAVEN
会場観覧のほか配信もあり
OPEN 13:00 / START 13:30
 
【ゲスト】
iidabii(エホバの証人2世)
ネイキッドスタッフ幸(創価学会2世)
【出演】
菊池真理子(創価学会2世・漫画家)
成宮アイコ(AC家庭育ち・『毒親サバイバル』第3話に登場)
 
 

COLUMN LIST連載コラム一覧

  • おじさんの眼
  • ロフトレーベルインフォメーション
  • イノマー<オナニーマシーン>の『自慰伝(序章)』
  • ISHIYA 異次元の常識
  • 鈴木邦男(文筆家・元一水会顧問)の右顧左眄
  • レズ風俗キャストゆうの 「寝る前に、すこし話そうよ」
  • 月刊牧村
  • 「LOFTと私」五辺宏明
  • 絵恋ちゃんの ああ えらそうに コラムが書きたい
  • おくはらしおり(阿佐ヶ谷ロフトA)のホントシオリ
  • 石丸元章「半径168センチの大問題」
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の歴史のふし穴
  • 煩悩放出 〜せきしろの考えたこと〜
  •  朗読詩人 成宮アイコの「されど、望もう」
  • 今野亜美のスナック亜美
  • 山脇唯「2SEE MORE」
  • 大島薫の「マイセルフ、ユアセルフ。」
  • 能町みね子 新中野の森 アーティストプロジェクト
  • 能町みね子 中野の森BAND
  • アーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生
  • 戌井昭人の想い出の音楽番外地
  • さめざめの恋愛ドキュメンタリー
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の ああ夢城
  • 吉田 豪の雑談天国(ニューエストモデル風)
  • ゲッターズ飯田のピンチをチャンスに変えるヒント
  • 最終少女ひかさ 但野正和の ローリングロンリーレビュー
  • 吉村智樹まちめぐ‼
  • いざゆかんとす関西版
  • エンドケイプの室外機マニア
  • 日高 央(ヒダカトオル)のモアベタ〜よ〜
  • ザッツ団地エンターテイメン棟
  • 劔樹人&森下くるみの「センチメンタル「非」交差点」
  • 三原重夫のビギナーズ・ドラム・レッスン
  • ポーラーサークル~未知なる漫画家オムニバス羽生生純×古泉智浩×タイム涼介×枡野浩一
  • the cabs 高橋國光「アブサロム、または、ぼくの失敗における」
  • “ふぇのたす”ちひろ's cooking studio
  • JOJO広重の『人生非常階段』〜今月のあなたの運勢〜
  • マリアンヌ東雲 悦楽酒場
  • 大谷雅恵 人生いつでも初体験
  • ジュリエットやまだのイケメンショッキング
  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ ロック再入門
  • 岡留安則 “沖縄からの『書くミサイル』”「噂の真相」極東番外地編
  • 高須基仁 メディア論『裏目を読んで半目張る』
  • 田中 優 環境はエンタメだ!
  • 雨宮処凛 一生バンギャル宣言!
  • 大久保佳代子 ガールズトーーーク!!!!!
  • DO THE HOPPY!!!!!
6th
ロフトチャンネル
平野悠
ロフトオリジナルコーヒー
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻