Rooftop ルーフトップ

COLUMN

トップコラム 朗読詩人 成宮アイコの「されど、望もう」第35回「人に優しくされると『迷惑をかけてしまった』と思ってしまう癖」

5回「人に優しくされると『迷惑をかけてしまった』と思ってしまう癖」

第35回「人に優しくされると『迷惑をかけてしまった』と思ってしまう癖」

2020.03.06

朗読詩人成宮アイコの されど、望もう

50967cd93174895fe2772f9b2e49d1b2_s.jpg

 人の優しさ、そのまま受け止められますか?
 こんにちは、朗読詩人の成宮アイコです。

 たびたび書いてしまいますが、「自分なんかが」問題にまたぶちあたっています。

 お腹がすいたからごはんを食べようと思って、どこかお店に入って注文をして、いざ目の前にごはんが来た段階になると、急に「自分なんかがごはんを食べたからなんなんだ!お前にそんな価値があるのか!」って悲しくなって、調理してくれた人ごめんなさい、材料の生産者さんごめんなさい、農家さんごめんなさい、むしろお皿を作った人とか注文を取ってくれた人とか、生まれてきてごめんなさい、お母さんごめんなさい!ひえ〜!!!と混乱する現象が頻繁に起こるのですが、あれはどういう仕組みなのでしょう。

 別に自分に空腹を耐えてほしいわけでもないし、一生ごはんを食べるなって思っているわけでもない。好きな食べ物だってあるし、今日はなにを食べようかなって考えたりもします。それなのに、いざ食べようとするとそんな状況になってしまうのです。

 料理を作ることが好きなのですが、これも同じです。スーパーでにんじんに手を伸ばしたとたん、「わたしなんかが栄養をとってなんだっていうんだ」。ヨーグルトに手を伸ばしたとたん、「わたしなんかが人並みにおやつを食べようとしてなんだっていうんだ」。

 ばかばかしくて笑えてくるときもあります。カロリーを摂取しようとしている自分にも、摂取しようとしていることを責めている自分の状況にも。

 他のみんなはいい。
 自分以外の全員は素晴らしく生きている(気がするから)。
 でも自分はだめ。
 だめの意味がわからない。
 

 どうか、わたしはちゃんと頼んだごはんをおいしく食べて、血や肉にして毎日を楽しくすこやかに元気に生きてくれよ、頼むよ……なにがごめんなさいだよ。

 同じシステムで、誰かに優しくされると、「迷惑をかけてしまった」と思ってしまう癖もあります。

 ゴミを捨てにいったらゴミ箱の前にいた人に「あ、捨てておくから置いといていいよ〜」と笑顔で言われた日には、わたしごときが迷惑をかけてしまって申し訳ない、あなたが目の前にいるときにゴミを捨てにいったわたしのタイミングが悪かったのに、自分なんかに時間を使わせて笑顔まで使わせて今後どうしたらいいのかわからない!という頭の中の大討論会を力で押さえつけて、「ありがとうございます」ときわめて冷静なふりをして返すことに精一杯。

 自分が逆の立場にいたら、ゴミをもらって捨てるなんて無に近いくらいのなにも感じないほどの労力なのに脳内はこの有様です。

 優しさは優しさです、そのままの意味です。

 それなのに、自分で自分に「おまえなんか」って、わたしはいったい自分になんの恨みがあるんだ?とは思うのに、今日もまた同じこと思っちゃったよーーーーーーー!世界中の全部にごめんなさいって思っちゃうよーーーーー!

 楽しいことは楽しんでいいし、ゲームもしていいしごはんも食べていいし、誰かが優しくしてくれたら優しさを受け取っていい。……なんて、みんなも自分に言い聞かせて生きているのでしょうか。

 

Aico Narumiya Profile

朗読詩人。朗読ライブが『スーパーニュース』や『朝日新聞』に取り上げられ、新潟・東京・大阪を中心に全国で興行。2017年に書籍『あなたとわたしのドキュメンタリー』刊行(書肆侃侃房)。「生きづらさ」や「メンタルヘルス」をテーマに文章を書いている。ニュースサイト『TABLO』『EX大衆web』でも連載中。2019年7月、詩集『伝説にならないで ─ハロー言葉、あなたがひとりで打ち込んだ文字はわたしたちの目に見えている』刊行(皓星社)。

 

このアーティストの関連記事

成宮アイコ第一朗読詩集
「伝説にならないで ─ハロー言葉、あなたがひとりで打ち込んだ文字はわたしたちの目に見えている」

発行:皓星社
発売日:2019年7月
ページ数:96ページ
価格:1,500円(+税)
版型:四六判並製

amazonで購入

COLUMN LIST連載コラム一覧

  • おじさんの眼
  • ロフトレーベルインフォメーション
  • イノマー<オナニーマシーン>の『自慰伝(序章)』
  • ISHIYA 異次元の常識
  • 鈴木邦男(文筆家・元一水会顧問)の右顧左眄
  • 月刊牧村
  • 絵恋ちゃんの ああ えらそうに コラムが書きたい
  • おくはらしおり(阿佐ヶ谷ロフトA)のホントシオリ
  • 石丸元章「半径168センチの大問題」
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の歴史のふし穴
  • 煩悩放出 〜せきしろの考えたこと〜
  •  朗読詩人 成宮アイコの「されど、望もう」
  • 今野亜美のスナック亜美
  • 山脇唯「2SEE MORE」
  • 大島薫の「マイセルフ、ユアセルフ。」
  • 能町みね子 新中野の森 アーティストプロジェクト
  • 能町みね子 中野の森BAND
  • アーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生
  • 戌井昭人の想い出の音楽番外地
  • さめざめの恋愛ドキュメンタリー
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の ああ夢城
  • 吉田 豪の雑談天国(ニューエストモデル風)
  • ゲッターズ飯田のピンチをチャンスに変えるヒント
  • 最終少女ひかさ 但野正和の ローリングロンリーレビュー
  • 吉村智樹まちめぐ‼
  • いざゆかんとす関西版
  • エンドケイプの室外機マニア
  • 日高 央(ヒダカトオル)のモアベタ〜よ〜
  • ザッツ団地エンターテイメン棟
  • 劔樹人&森下くるみの「センチメンタル「非」交差点」
  • 三原重夫のビギナーズ・ドラム・レッスン
  • ポーラーサークル~未知なる漫画家オムニバス羽生生純×古泉智浩×タイム涼介×枡野浩一
  • the cabs 高橋國光「アブサロム、または、ぼくの失敗における」
  • “ふぇのたす”ちひろ's cooking studio
  • JOJO広重の『人生非常階段』〜今月のあなたの運勢〜
  • マリアンヌ東雲 悦楽酒場
  • 大谷雅恵 人生いつでも初体験
  • ジュリエットやまだのイケメンショッキング
  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ ロック再入門
  • 岡留安則 “沖縄からの『書くミサイル』”「噂の真相」極東番外地編
  • 高須基仁 メディア論『裏目を読んで半目張る』
  • 田中 優 環境はエンタメだ!
  • 雨宮処凛 一生バンギャル宣言!
  • 大久保佳代子 ガールズトーーーク!!!!!
  • DO THE HOPPY!!!!!
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
癒されたいカルチャー
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻