Rooftop ルーフトップ

COLUMN

トップコラム 朗読詩人 成宮アイコの「されど、望もう」第29回「日常の中で突然、最終面のBGMが流れる日」

9回「日常の中で突然、最終面のBGMが流れる日」

第29回「日常の中で突然、最終面のBGMが流れる日」

2019.09.09

9aacf529667330e5a4af5c283fc5ca04_s.jpg

 人生、左右されていますか? こんにちは、朗読詩人の成宮アイコです。

 日々の中で時間の流れって一定なのでしょうか。わたしは、急に限界突破したハイスピードモードになることがあります。 

 わたしのストレス解消方のひとつは料理です。今日は時間もあるし、副菜までちゃんと作ろうかな、とスーパーへ。「アボカドもタマネギも高いじゃん、昨日までは98円だったのに。仕方ないからもう一軒スーパーをはしごしていくか…」
 夕暮れ前、涼しくなってきた道を歩き出します。自転車に乗った子どもたちに追い越されて、その背中を見送っていたら、突然、最終面がやって来ました。

 視界の右上にカウントダウンが始まるわけでもなく、自分の体が点滅をし始めるわけでもなく、ただ、最終面になってしまったのです。

 頭の中で、考えていることが倍速に、なにかよくわからないけれど最終面らしいBGMも倍速に、とにかく早く早く早く! 早くしなくちゃ! 終わっちゃう、急がなくちゃ! でもなにを? いや、そんなことを考えている暇などない、とにかく早く買い物を終えて料理を作り終えなければ!だって最終面なのだから。

 もう一軒のスーパーの手前にはABCマート。店員さんが外に出て「決算在庫一掃セールです!お急ぎください」と盛り立てています。そう、急がなくちゃ! わたし、急いでいるの! 早く探さなきゃ、早くいいものを見つけて買わなくちゃ! 速足でお店を一周します。スニーカーを眺めながら、あれ、でもなんで靴を? わたしはアボカドとタマネギを買おうとしていたはず。そして、今日はゆっくり料理をしようと思っていたはず。いやいや、でもそんなこと考えている暇はないんだった。

 頭の中で最終面のBGMはますます速度をあげていきます。

 家に帰り、慌てて野菜を洗い、包丁を握り、料理人かのようなスピードでトントンと野菜を切り、お鍋へ投げる。早く早く! ピーマンの種なんてザっと取って、とにかく早く。使ったボールをハイスピードで洗って鍋の火を消し、実家かというくらい何皿もおかずを作り終えて、ギラギラとした気持ちで机に並べます。あっ、だめだ、お箸がない。お箸を取ろうと最短距離で食器棚に腕を伸ばした時に、手前にあったお皿にぶつかり、床に落ちました。

 ガチャンと大きな音を立てて、破片が散らばります。

 その音を合図にして、大忙しのオーケストラのような、速度をあげにあげまくった脳内BGMが止まりました。

 突然、シンと静まり返る脳内。わざと鼻をすすって音を確かめます。音楽がとまると、自分が自分に戻ってきました。「今日はゆっくりと時間を使えるから、丁寧に野菜とかを切って、楽しんで料理をしよう」と思っていた数時間前のことは、何年も昔の思い出のように感じます。通常の能力の倍くらい効率は上がりましたが、お皿は割れたし、気持ちも穏やかではありません。

 なぜ、わたしは、生きているだけで急に最終面が来てしまうんだろう。

 誰になにを急かされて、どうして急にこんなに焦燥感にとりつかれてしまうのだろう。

 疲れたな、と気づき、少しむなしいような気持ちになりました。

 こんなふうに、「生きている中で突然最終面が来て、頭の中で勝手に流れている音楽の速度が倍速になる時間が訪れる」という話をしていたら、友人にも似たようなことがあるようで、最終面ではないけれど突然最大限に焦って、なぜかスポーツチャンバラに入会を申し込んでいた、というのです。野菜を買おうとしていたのにABCマートへ飛び込んだわたしに言われたくないだろうけれど、爆笑してしまいました。そのうち脳内BGMはまたスピードをあげるだろうし、きっとまたむなしくなるだろうけれど、わたしの最終面の話しを聞いて同じように爆笑してくれた友人は、わたしの最終面を否定しないでいてくれました。

 こんな風に、突然、日常に最終面が来るタイプの人は、頭の中でどんな音楽が流れているのでしょうか。とりあえずまずは、「それわかるわ」ってあきれ笑いをしながら、聞いてみたいなと思いました。

Aico Narumiya Profile

 朗読詩人。朗読ライブが『スーパーニュース』や『朝日新聞』に取り上げられ、新潟・東京・大阪を中心に全国で興行。2017年に書籍『あなたとわたしのドキュメンタリー』刊行(書肆侃侃房)。「生きづらさ」や「メンタルヘルス」をテーマに文章を書いている。ニュースサイト『TABLO』『EX大衆web』でも連載中。2019年7月、詩集『伝説にならないで ─ハロー言葉、あなたがひとりで打ち込んだ文字はわたしたちの目に見えている』刊行(皓星社)。

このアーティストの関連記事

成宮アイコ第一朗読詩集
「伝説にならないで ─ハロー言葉、あなたがひとりで打ち込んだ文字はわたしたちの目に見えている」

発行:皓星社
発売日:2019年7月
ページ数:96ページ
価格:1,500円(+税)
版型:四六判並製

amazonで購入

LIVE INFOライブ情報

9月12日(木)ゲンバシュギ!!第27回大島てるのゲンバ!!@ネイキッドロフト
9月14日(土)ハロー言葉・新潟
 【1部】イトーヨーカドー丸大新潟店編
 【本編】新潟北書店編
10月12日(土)釜ヶ崎ソニック2019@釜ヶ崎三角公園
10月20日(日)第60回千葉詩亭@Treasure River Book Cafe
 

COLUMN LIST連載コラム一覧

  • おじさんの眼
  • ロフトレーベルインフォメーション
  • イノマー<オナニーマシーン>の『自慰伝(序章)』
  • 鈴木邦男(文筆家・元一水会顧問)の右顧左眄
  • 月刊牧村
  • おくはらしおり(阿佐ヶ谷ロフトA)のホントシオリ
  • 石丸元章「半径168センチの大問題」
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の歴史のふし穴
  • 煩悩放出 〜せきしろの考えたこと〜
  •  朗読詩人 成宮アイコの「されど、望もう」
  • 今野亜美のスナック亜美
  • 山脇唯「2SEE MORE」
  • 大島薫の「マイセルフ、ユアセルフ。」
  • 能町みね子 新中野の森 アーティストプロジェクト
  • 能町みね子 中野の森BAND
  • アーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生
  • 戌井昭人の想い出の音楽番外地
  • さめざめの恋愛ドキュメンタリー
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の ああ夢城
  • 吉田 豪の雑談天国(ニューエストモデル風)
  • ゲッターズ飯田のピンチをチャンスに変えるヒント
  • 最終少女ひかさ 但野正和の ローリングロンリーレビュー
  • 吉村智樹まちめぐ‼
  • いざゆかんとす関西版
  • エンドケイプの室外機マニア
  • 日高 央(ヒダカトオル)のモアベタ〜よ〜
  • ザッツ団地エンターテイメン棟
  • 劔樹人&森下くるみの「センチメンタル「非」交差点」
  • 三原重夫のビギナーズ・ドラム・レッスン
  • ポーラーサークル~未知なる漫画家オムニバス羽生生純×古泉智浩×タイム涼介×枡野浩一
  • the cabs 高橋國光「アブサロム、または、ぼくの失敗における」
  • “ふぇのたす”ちひろ's cooking studio
  • JOJO広重の『人生非常階段』〜今月のあなたの運勢〜
  • マリアンヌ東雲 悦楽酒場
  • 大谷雅恵 人生いつでも初体験
  • ジュリエットやまだのイケメンショッキング
  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ ロック再入門
  • 岡留安則 “沖縄からの『書くミサイル』”「噂の真相」極東番外地編
  • 高須基仁 メディア論『裏目を読んで半目張る』
  • 田中 優 環境はエンタメだ!
  • 雨宮処凛 一生バンギャル宣言!
  • 大久保佳代子 ガールズトーーーク!!!!!
  • DO THE HOPPY!!!!!
イースタンユーズ
ロフトアーカイブス
復刻
haku
lpo
lpo