Rooftop ルーフトップ

COLUMN

トップコラム 朗読詩人 成宮アイコの「されど、望もう」第26回「あなたがひとりで打ち込んだ文字はわたしたちの目に見えている」

6回「あなたがひとりで打ち込んだ文字はわたしたちの目に見えている」

第26回「あなたがひとりで打ち込んだ文字はわたしたちの目に見えている」

2019.06.11

 「死にたい」ってつぶやいたこと、ありますか? こんにちは、朗読詩人の成宮アイコです。
 
 「あ〜、もう嫌になっちゃったな〜、人生フェードアウトしたいな〜」なんて思ってしまう時期は定期的にやっては来ますが、そういったものはだいたい季節だとか気候だとかのせいにすることにしています。
 また嫌なこと言っちゃったな、とか、上手に返事ができなかったな、とか思いそうになったらできるだけ無視。今日は低気圧だから調子が悪い、春だし調子が悪い、暑くなってきて調子が悪い……実態のない何か大きなもののせいにします。だって気圧なんて人の手に負えないから仕方ないよね。不可抗力(もちろん、たとえ自分自身の発言や行動に理由があっても、です)。
 季節や天候には抗えないな〜、そりゃあかなわないな〜、自分のせいじゃないね、仕方ないね。
 
 それでも言い訳ができなくなってしまうくらい、もうだめだと思う日は、Twitterで自分の気持ちを検索することにしています。
 
 たとえば、「眠れない」で検索。
 「あした楽しみすぎ眠れない」
 「面接緊張して寝れない」
 「疲れているのにきょうも眠れない」
 ちなみに、類似ワードとして「寝れない」なども含むとよりバリエーションが広がります。
 
 そして、たとえば、「死にたい」で検索。
 「数学のテスト無理、死にたい〜」
 「どこにも馴染めない、はやく死にたい」
 「レンチン料理すら失敗する、死にたい」
 など、言葉のあやとして使われた気軽なものから、心配になるような重たいものまで、たくさんの「死にたい」がヒットします。
 それぞれの重さで、それぞれの意味をもって、それぞれが等しくタイムラインに並びます。そして、その中にはだいたい、いまの自分の気持ちと同じようなつぶやきがいくつか見つかるのです。
 
 その羅列を見ると、わたしはすごくほっとします。
 だって、ときどき忘れてしまうから。
 
 そう、人にはたくさんの感情があって、それぞれが自分を生きていることをわたしたちはときどき忘れてしまいます。いろんな「死にたい」があって、その中には自分に似た理由の人もいる。しかも、それをこんな風に検索されたあげく知らないわたしに見られていて、そのうえ安心されているなんて、書いた本人は思ってもいないだろうな。知らないひとたち、お世話になっています、ありがとうございます。
 
 ところで、2冊目の書籍タイトルとデザインが決まりました。発行は7月中旬、タイトルは『成宮アイコ朗読詩集 伝説にならないで』です。サブタイトルは少し長くて、「ハロー言葉、あなたがひとりで打ち込んだ文字はわたしたちの目に見えている」としました。
 あなた(もしくはわたし)が、ひとりの部屋で眠れなくてつぶやいた「眠れない」も、ひとりの帰り道に無意識につぶやいた「死にたい」も、わたしたちの目に見えているのです。
 
 心配してほしかったわけでも、こうすればいいよとアドバイスがほしかったわけでもなく、吐き出し口としてSNSに放り投げた誰かの感情は、わたしたちが目にしたことで「その感情は存在している」、ましてや「打ち込んだ本人が存在している」という理由にもなってしまう。すごい、ありがたい。
 
 誰かが今日もすがるような気持ちで、「寂しい」や「むかつく」や「助けて」をSNSに流しては削除し、その一瞬に誰かが見てくれることを祈ったり、鍵をつけたりはずしたり、アイコンを変えて自分が変わった気持ちになったり、同じ気持ちの人がいることに安心をしたりします。
 
 そしてわたしたちはどちら側にもなりうる。
 
 帯つきのデザインと詳細は後日公開となります。帯コメントは、1冊目の書籍『あなたとわたしのドキュメンタリー』を通してご縁ができたおふたかたにお願いをしました。
 
 今日も、眠る前に自分の気持ちを検索します。どうか自分と似た人いてくれよ、と思いながら。
 
 
Aico Narumiya Profile
 朗読詩人。朗読ライブが『スーパーニュース』や『朝日新聞』に取り上げられ、新潟・東京・大阪を中心に全国で興行。2017年に書籍『あなたとわたしのドキュメンタリー(書肆侃侃房)』刊行。「生きづらさ」や「メンタルヘルス」をテーマに文章を書いている。ニュースサイト『TABLO』『EX大衆 web』でも連載中。2019年7月、皓星社より詩集発売決定。
このアーティストの関連記事

成宮アイコ 第一朗読詩集
「伝説にならないで ーハロー言葉、 あなたがひとりで打ち込んだ文字はわたしたちの目に見えている」

皓星社
発売日:2019年7月
ページ数:96 ページ
価格:1500円(+税)
版型:四六判並製

COLUMN LIST連載コラム一覧

  • おじさんの眼
  • ロフトレーベルインフォメーション
  • イノマー<オナニーマシーン>の『自慰伝(序章)』
  • ISHIYA 異次元の常識
  • 鈴木邦男(文筆家・元一水会顧問)の右顧左眄
  • 月刊牧村
  • おくはらしおり(阿佐ヶ谷ロフトA)のホントシオリ
  • 石丸元章「半径168センチの大問題」
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の歴史のふし穴
  • 煩悩放出 〜せきしろの考えたこと〜
  •  朗読詩人 成宮アイコの「されど、望もう」
  • 今野亜美のスナック亜美
  • 山脇唯「2SEE MORE」
  • 大島薫の「マイセルフ、ユアセルフ。」
  • 能町みね子 新中野の森 アーティストプロジェクト
  • 能町みね子 中野の森BAND
  • アーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生
  • 戌井昭人の想い出の音楽番外地
  • さめざめの恋愛ドキュメンタリー
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の ああ夢城
  • 吉田 豪の雑談天国(ニューエストモデル風)
  • ゲッターズ飯田のピンチをチャンスに変えるヒント
  • 最終少女ひかさ 但野正和の ローリングロンリーレビュー
  • 吉村智樹まちめぐ‼
  • いざゆかんとす関西版
  • エンドケイプの室外機マニア
  • 日高 央(ヒダカトオル)のモアベタ〜よ〜
  • ザッツ団地エンターテイメン棟
  • 劔樹人&森下くるみの「センチメンタル「非」交差点」
  • 三原重夫のビギナーズ・ドラム・レッスン
  • ポーラーサークル~未知なる漫画家オムニバス羽生生純×古泉智浩×タイム涼介×枡野浩一
  • the cabs 高橋國光「アブサロム、または、ぼくの失敗における」
  • “ふぇのたす”ちひろ's cooking studio
  • JOJO広重の『人生非常階段』〜今月のあなたの運勢〜
  • マリアンヌ東雲 悦楽酒場
  • 大谷雅恵 人生いつでも初体験
  • ジュリエットやまだのイケメンショッキング
  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ ロック再入門
  • 岡留安則 “沖縄からの『書くミサイル』”「噂の真相」極東番外地編
  • 高須基仁 メディア論『裏目を読んで半目張る』
  • 田中 優 環境はエンタメだ!
  • 雨宮処凛 一生バンギャル宣言!
  • 大久保佳代子 ガールズトーーーク!!!!!
  • DO THE HOPPY!!!!!
松本ロフト
LOFTX Koenjoy
ロフトアーカイブス
復刻
lpo
lpo