Rooftop ルーフトップ

COLUMN

トップコラム 朗読詩人 成宮アイコの「されど、望もう」第17回「ひとりぼっちずつで手をつなげる」

7回「ひとりぼっちずつで手をつなげる」

第17回「ひとりぼっちずつで手をつなげる」

2018.08.31

 自己紹介、得意ですか? こんにちは、朗読詩人の成宮アイコです。
 
 先日、教師を目指す人向けの雑誌の取材で学生時代のお話をしてきました。学校の記憶がぽかんと抜けていることが多いわたしに、意味のある答えができただろうか。とにかく、先生は「先生」という生き物じゃないし、生徒は「生徒」という生き物じゃない。好きな人がいたり忘れたいことがあったり秘密の日記を書いてたり、怠けたりする同じ人間、ということだけでも伝わればいいなと思っています。
 その翌日は樹海のトークイベント、翌々日にはライブハウスで朗読、次は毒親や機能不全家庭について、自分の生い立ちとともにお話ししました。と、書いていて、たしかにこれは一見、ジャンルがバラバラに見られるかもしれないな、と思います。
 
 「生きづらさ」や「メンタルヘルス」をテーマにこういった文章を書いたり、ルポライターさんの取材に同行させてもらったり(時には過酷な現場に行くことも)、トークイベントでおしゃべりをしたり…ということは、わたしの中ではすべて地続きなので不思議はないのですが、やはりパッと見わかりにくいようで、「活動を簡潔に説明するとしたら何て言いましょうか?」と聞かれることがたびたびあります。社会で紹介されるためには、明確な説明が必要になることが多いようです。
 
 自分じゃない他人のことを知りたい。それも、人間関係の間ではなくて、それぞれがひとりぼっちでいる時のことを。
 なにをしていて、なにが好きで、なにを考えて、なにを支えに、どんなふうにひとりの時間を生きているのか。それを知ったときに、案外自分と同じように、洗い物をためこんだり、深夜のスーパーで安くなったシュークリームを買っているかも…と想像するとほっとするのです。(詳しくはTABLOのコラム「半額のケーキを全部食べたり、嫌いな人のSNSを見すぎてアドレスを手打ちできたり、ひとりの部屋でしていることは愛おしい」をご参照ください)というのが、こういった活動の共通点です。
 
 しかし、これも一言ではないし、ぼんやりとした理由にとられてしまいそうです。
 
 そんな経緯で、これまでは、「生きる方向へむかうアジテーションがしたい」と言ってきたのですが、いつからか、わたしはわたしだけじゃなく、みんなでやりたいと思っていました。
 
 結果、最終的には、「踊り念仏」的なことがしたいです。
 でも、これは、「同じことをみんなで輪になってやる」のではなくて、「わたしたちがそれぞれひとりずつでいること」をみんなでやりたいのです。それぞれの生きていることを、それぞれが叫び、沈黙し、踊り、勝手にすることをみんなでやりたい。
 つまり、ただなにをするわけではなく、それぞれが生活を生きていれば成り立つものでもあるのですが、できることならばその様子を、伝えたり伝えられたりする場所がときどきでもあったらいいな、と思ったのです。他人が自分と同じように感情を持って生きている、ということに触れるのは、自分と世界の接点が増えるような気がします。
 
 ここ数年、「あなたの言葉を朗読します」という企画をし、募集した詩やテキストを読むイベントの開催もしてきたのですが、それはそれで継続しつつ、もう少し踏み込みたい。そんなわけで、10月27日から東京でオープンマイクのイベントを始めることにしました。イベント名は「ハロー言葉」。あなたが書いたものを、あなたの声で聞きたいのです。
 
 これまでにも、金沢、富山、名古屋、とオープンマイク+ライブの形式で呼んでいただき、その後もイベントは地元の方々によって続いているようです。そんなふうに各地に、みんながそれぞれでいられる支店のようなものが増えていけばいいなと思っています。
 
 
Aico Narumiya Profile
 朗読詩人。「生きづらさ」や「メンタルヘルス」をテーマにした詩の朗読をしたり、文章を書いている。朗読ライブが『スーパーニュース』や『朝日新聞』に取り上げられ、新潟・東京・大阪を中心に全国で興行。赤裸々な言動により、たびたびネット上のコンテンツを削除されるが絶対に黙らないでいようと心に決めている。趣味はアイドルとプロレス。
 
 
このアーティストの関連記事

『あなたとわたしのドキュメンタリー ─死ぬな、終わらせるな、死ぬな─』
成宮アイコ・著

定価:本体1,500円+税
出版社:書肆侃侃房
好評発売中

amazonで購入

菊池 真理子「毒親サバイバル」※第3話で取り上げられています

KADOKAWA
発売中

amazonで購入

第1話 菊池真理子(マンガ家)のケース
第2話 朽木誠一郎(医療記者)のケース
第3話 成宮アイコ(朗読詩人)のケース
第4話 須藤正樹(編集者)のケース
第5話 成田全(ライター)のケース
第6話 石山良一(会社員)のケース
第7話 米沢りか(マンガ家)のケース
第8話 アルテイシア(文筆家)のケース
第9話 鳥海奏妃(タロット占い師)のケース
第10話 二村ヒトシ(AV監督・文筆業)のケース
第11話 伊藤洋子(主婦)のケース
最終話

解説 親子関係のこれまでとこれから
信田さよ子(臨床心理士)

LIVE INFOライブ情報

9月3日(月)「SPIRIT」@渋谷ルビールーム
9月15日(土)新潟県民会館
9月16日(日)GOLDEN PIGS RED STAGE
9月24日(月・祝)『毒親サバイバル』刊行記念トーク@阿佐ヶ谷ロフト
10月6日(土)釜ヶ崎ソニック2018@大阪
10月27日(土)ハロー言葉 vol.1「言えなかったけど、」@新代田crossing
11月11日(土)富山@古本なるや
11月23日(金・祝)古書ほうろう
 
 
B5印刷|予約&オープンマイク.jpg
▲クリックで拡大します▲
 
詳細はサイトをご参照ください

COLUMN LIST連載コラム一覧

  • おじさんの眼
  • ロフトレーベルインフォメーション
  • イノマー<オナニーマシーン>の『自慰伝(序章)』
  • 石丸元章「半径168センチの大問題」
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の歴史のふし穴
  • せきしろの 投稿者列伝
  •  朗読詩人 成宮アイコの「されど、望もう」
  • 今野亜美のスナック亜美
  • 山脇唯「2SEE MORE」
  • 大島薫の「マイセルフ、ユアセルフ。」
  • 能町みね子 新中野の森 アーティストプロジェクト
  • 能町みね子 中野の森BAND
  • アーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生
  • 戌井昭人の想い出の音楽番外地
  • さめざめの恋愛ドキュメンタリー
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の ああ夢城
  • 吉田 豪の雑談天国(ニューエストモデル風)
  • ゲッターズ飯田のピンチをチャンスに変えるヒント
  • 最終少女ひかさ 但野正和の ローリングロンリーレビュー
  • 吉村智樹まちめぐ‼
  • いざゆかんとす関西版
  • エンドケイプの室外機マニア
  • 日高 央(ヒダカトオル)のモアベタ〜よ〜
  • ザッツ団地エンターテイメン棟
  • 劔樹人&森下くるみの「センチメンタル「非」交差点」
  • 三原重夫のビギナーズ・ドラム・レッスン
  • ポーラーサークル~未知なる漫画家オムニバス羽生生純×古泉智浩×タイム涼介×枡野浩一
  • the cabs 高橋國光「アブサロム、または、ぼくの失敗における」
  • “ふぇのたす”ちひろ's cooking studio
  • JOJO広重の『人生非常階段』〜今月のあなたの運勢〜
  • マリアンヌ東雲 悦楽酒場
  • 大谷雅恵 人生いつでも初体験
  • ジュリエットやまだのイケメンショッキング
  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ ロック再入門
  • 岡留安則 “沖縄からの『書くミサイル』”「噂の真相」極東番外地編
  • 高須基仁 メディア論『裏目を読んで半目張る』
  • 田中 優 環境はエンタメだ!
  • 雨宮処凛 一生バンギャル宣言!
  • 大久保佳代子 ガールズトーーーク!!!!!
  • DO THE HOPPY!!!!!
haku
lpo