Rooftop ルーフトップ

COLUMN

トップコラム三原重夫のビギナーズ・ドラム・レッスンvol.14「日本でハネモノの上手いドラマーがなかなか出てこない理由」

l.14「日本でハネモノの上手いドラマーがなかなか出てこない理由」

vol.14「日本でハネモノの上手いドラマーがなかなか出てこない理由」

2014.12.01

 今回はスネアの音にまつわるいろいろ。CDやコンサートのドラムを聴いて憧れる、という理由にはノリのカッコ良さもあるだろうが、音の迫力、ハデさという部分も大きいと思う。なのだが、CDやライブのドラムの音というのは、必ずしもドラムの生の音ではない。
 スネアにリバーブをかけるのは昨今あまり流行らないが、今でもレコーディングでは「アンビエンス」というドラムから離れたところに立てて、ドラム全体の響きを録るマイクを多くの場合立てるし、ライブ会場でも実はPAから出た音に「ドワーンワンワン」という会場自体の響きが合わさった音を「ドラムの音だ!」と思って聴いている。いずれにしてもドラムの音は「製品」になる時には何らかの残響音が足されている。
 80年代後半からのデジタル・リバーブ流行りの頃には、この違いを知らずにスナッピをユルユルにしているアマチュア・ドラマーが多かった。リバーブ音とスナッピのジャラジャラを混同していたわけである。近年、日本のバンド物で多い音もミドルピッチでスナッピも緩めのサステインの長い音である。
 ところが海外のバンド物の音では、こういう生音はむしろ少数派で、昔も今も「バシ」とか「カッ」というタイトな音が主流に思える。タイトな生音に前記の残響音が足されているので、音のクリヤさとダイナミックさが共存している。16やハネモノといった音符の細かいビートの演奏もちゃんとタイトでカッコ良い。
 日本に多い音も「日本の個性だ!」と言えば個性なので、ま、良いと言えば良いのだが、音源でもライブでも広がり過ぎて遠い音になりやすく、細かいビートは伝わりにくい。これは日本で16、ハネモノの上手いドラマーがなかなか出てこない理由のひとつかもしれない。もう少し張ったタイトなスネアはリズムのヨレもばれるし、安定して鳴らすのも大変。誤魔化しが利かないので抜群に鍛えられるし、それができれば音源や大きな会場でもハッキリとノリと音を届けることもできる。一度は通っておくことをお勧めする次第である。
 
stewart-copeland-corbis-630-80.jpg
▲タイトな音と言えば、スチュワート・コープランドである。
スネアは両面締め上げるだけ締め上げて、「コッ!」。
このカチカチのスネアをレギュラーグリップでフルショット。
抜群のスピード感。鳴らせませんぜ、普通。
あ、これこれスチュアート、ドラムにそんなことを書いてNHKに出てはいけません!
 
三原重夫
1976年、セットドラミングを始める / 1986年、ローザ・ルクセンブルグ『ぷりぷり』でデビュー。ローザ解散後、メトロファルス・ルースターズ・スターリンに参加。その後フリードラマーとし て、様々なレコーディングやツアーに参加 /1997年、ドラムチューナーとしても活動開始。ドラマー、ドラムチューナー、エンジニアなど、25年ものキャリアを誇る。
http://i.gmobb.jp/mihara/
https://twitter.com/mihasige
 
このアーティストの関連記事

COLUMN LIST連載コラム一覧

  • おじさんの眼
  • イノマー<オナニーマシーン>の『自慰伝(序章)』
  • 石丸元章「半径168センチの大問題」
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の歴史のふし穴
  • せきしろの 投稿者列伝
  •  朗読詩人 成宮アイコの「されど、望もう」
  • 今野亜美のスナック亜美
  • 山脇唯「2SEE MORE」
  • 大島薫の「マイセルフ、ユアセルフ。」
  • 能町みね子 新中野の森 アーティストプロジェクト
  • 能町みね子 中野の森BAND
  • アーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生
  • 戌井昭人の想い出の音楽番外地
  • さめざめの恋愛ドキュメンタリー
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の ああ夢城
  • 吉田 豪の雑談天国(ニューエストモデル風)
  • ゲッターズ飯田のピンチをチャンスに変えるヒント
  • 最終少女ひかさ 但野正和の ローリングロンリーレビュー
  • 吉村智樹まちめぐ‼
  • いざゆかんとす関西版
  • エンドケイプの室外機マニア
  • 日高 央(ヒダカトオル)のモアベタ〜よ〜
  • ザッツ団地エンターテイメン棟
  • 劔樹人&森下くるみの「センチメンタル「非」交差点」
  • 三原重夫のビギナーズ・ドラム・レッスン
  • ポーラーサークル~未知なる漫画家オムニバス羽生生純×古泉智浩×タイム涼介×枡野浩一
  • the cabs 高橋國光「アブサロム、または、ぼくの失敗における」
  • “ふぇのたす”ちひろ's cooking studio
  • JOJO広重の『人生非常階段』〜今月のあなたの運勢〜
  • マリアンヌ東雲 悦楽酒場
  • 大谷雅恵 人生いつでも初体験
  • ジュリエットやまだのイケメンショッキング
  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ ロック再入門
  • 岡留安則 “沖縄からの『書くミサイル』”「噂の真相」極東番外地編
  • 高須基仁 メディア論『裏目を読んで半目張る』
  • 田中 優 環境はエンタメだ!
  • 雨宮処凛 一生バンギャル宣言!
  • 大久保佳代子 ガールズトーーーク!!!!!
  • DO THE HOPPY!!!!!
haku
lpo