Rooftop ルーフトップ

COLUMN

トップコラムマリアンヌ東雲 悦楽酒場二杯目 男と女を隔てる川は残酷なまでに深くて暗い

目 男と女を隔てる川は残酷なまでに深くて暗い

二杯目 男と女を隔てる川は残酷なまでに深くて暗い

2010.01.01

あら、いやだ。何処かで見た顔だなと思ったら。気付かなかったわよ、あんた影薄いんだもの。とりあえず明けましておめでとう。例によってうちは全部セルフサービスだけど。まあ、お座りなさいよ。それにしてもそのお腹。年始太りってやつね、みっとも無い。腹上死しても知らないから。

こんばんは。マリアンヌ東雲でございます。今宵も痛々しいお葉書が来て居るわね。神奈川県の、ペンネーム「イカ納豆」さん。嫌いじゃないわ、イカ納豆。ホタルイカなら尚更良し。

『マリアンヌさん、こんばんは。私は、26歳の女子フリーターです。あるバンドのファンで、おっかけというか地方のツアーまで行ってしまうこともあります。純粋に彼らの音楽にハマってしまったからか、特にどのメンバーが好きとかはなかったんですが、熱心にライブに通ううちに、メンバーからは顔なじみの客として覚えられています。ベースのAさんはライブ後に、会場でお話してくれるんですが、いつも本当にやさしくて、自分はAさんを男として好きになってしまったようです。今ではメールで連絡も取り合う仲なのですが、Aさんに告白してしまいたい気持ちと、もし嫌われたらどうしようという気持ちが半々で悩んでいます。どうしたらよいでしょう?』

あらま。ワタクシに向かって余所のバンドのおっかけやってますだなんて、貴女よく言えるわね。喧嘩売ってんの? だいたい、いい大人がフリーターをやりながらバンドのおっかけだなんてさ。もう少し現実と向き合いましょう。悩み事にも今一つパンチが足りない。貴女に未来はありません。と斬り棄てたいところであるが、お開きにするには時間が少し早い。ではちょいと考えてみましょう。
ご存知の通り、バンドというのは人気商売。お客様が居て成り立つ世界です。そのAさんとやらが優しいのも、至極当たり前。メールも営業の一環であって、貴女1人だけと遣り取りをして居る訳ではありません。貴女が特別では無いの。それは錯覚、思い上がりというものよ。とはいえAさんはかなりマメで器用な男性なのでしょう。バンドをやって居るような男は「モテたい」だの言う割に面倒臭がりで気が利かない輩が多いですから、Aさんはそのバンドの中では所謂、顧客担当である訳ね。どのバンドにも1人は、そういった役回りのメンバーが居るものです。優しくされたからといっていきなり恋人になろうというのは短絡的です。Aさんもびっくりする事でしょう。で、今回ワタクシが注目したのは、「男として好きになってしまった」この部分。貴女の女性の部分(解るわよね?)が感応して居る訳。
となれば答えは一つです。打ち上げに参加して、酔いに任せて彼の耳元で可愛らしく囁きましょう。
「あたし、帰りたくないな…」。そう、セックスです。一戦交えたらあまりにも道具がお粗末、なんて場合にはあっさり踏ん切りが付くでしょう。但し問題はそうでなかった場合。男というのは誠に勝手な生き物であって、「あの女とヤりてえ」などと願望を抱きながらもそれが簡単に叶ってしまうと途端に興味を無くし、今度は「こんな簡単に股を開く女が本命とか、無しっしょ」と思うようになります。嗚呼、なんて自己中心的。ぞんざいになる貴女への扱い。遠ざかる幸せ。尤も、貴女に風俗嬢並みの超絶テクニックが備わってでも居れば逆転勝利も有り得ますが、「遊び慣れて居るんだなコイツ」と益々敬遠される可能性もございます。男と女を隔てる川はかくも残酷なまでに深く、暗いものよ。貴女に解るかしらね? 男の中でもミュージシャンという人種は殊更面倒臭く、一般の人に比べ自分大好き指数がかなり高めでございますから、自分以外の誰かを真面目に愛するだなんて二の次、三の次。
美しい愛の歌だって、そんな自分に酔い痴れたいが為に生まれるのです。え、言い過ぎかしら? だってそうじゃないの。従って、貴女のような、あまり汚れて居なさそうな女性には、誠実で安定した収入を持った普通の男性が相応しいんじゃないかしら? という結論に行き着く訳ですが、敢えて辛酸を嘗めまくってボロボロになる経験もそれなりに味わい深く、大変よいお勉強になりますので、今回は後者の選択肢を押し付けてみたいと思います。
ワタクシの周りにもそんなボロボロ女子が沢山居ますが、こういった女性達の方が所謂世渡り上手な女より遥かに面白いわよ。人として。まあ、ワタクシの個人的な好みだけれど。晴れてボロボロになった暁にはまたお手紙頂戴。お待ちして居るわ。

じゃあ本日はこれにてお開き。ご機嫌よう。
kinoko_2.jpg

このアーティストの関連記事

COLUMN LIST連載コラム一覧

  • おじさんの眼
  • ロフトレーベルインフォメーション
  • イノマー<オナニーマシーン>の『自慰伝(序章)』
  • 鈴木邦男(文筆家・元一水会顧問)の右顧左眄
  • 月刊牧村
  • おくはらしおり(阿佐ヶ谷ロフトA)のホントシオリ
  • 石丸元章「半径168センチの大問題」
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の歴史のふし穴
  • 煩悩放出 〜せきしろの考えたこと〜
  •  朗読詩人 成宮アイコの「されど、望もう」
  • 今野亜美のスナック亜美
  • 山脇唯「2SEE MORE」
  • 大島薫の「マイセルフ、ユアセルフ。」
  • 能町みね子 新中野の森 アーティストプロジェクト
  • 能町みね子 中野の森BAND
  • アーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生
  • 戌井昭人の想い出の音楽番外地
  • さめざめの恋愛ドキュメンタリー
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の ああ夢城
  • 吉田 豪の雑談天国(ニューエストモデル風)
  • ゲッターズ飯田のピンチをチャンスに変えるヒント
  • 最終少女ひかさ 但野正和の ローリングロンリーレビュー
  • 吉村智樹まちめぐ‼
  • いざゆかんとす関西版
  • エンドケイプの室外機マニア
  • 日高 央(ヒダカトオル)のモアベタ〜よ〜
  • ザッツ団地エンターテイメン棟
  • 劔樹人&森下くるみの「センチメンタル「非」交差点」
  • 三原重夫のビギナーズ・ドラム・レッスン
  • ポーラーサークル~未知なる漫画家オムニバス羽生生純×古泉智浩×タイム涼介×枡野浩一
  • the cabs 高橋國光「アブサロム、または、ぼくの失敗における」
  • “ふぇのたす”ちひろ's cooking studio
  • JOJO広重の『人生非常階段』〜今月のあなたの運勢〜
  • マリアンヌ東雲 悦楽酒場
  • 大谷雅恵 人生いつでも初体験
  • ジュリエットやまだのイケメンショッキング
  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ ロック再入門
  • 岡留安則 “沖縄からの『書くミサイル』”「噂の真相」極東番外地編
  • 高須基仁 メディア論『裏目を読んで半目張る』
  • 田中 優 環境はエンタメだ!
  • 雨宮処凛 一生バンギャル宣言!
  • 大久保佳代子 ガールズトーーーク!!!!!
  • DO THE HOPPY!!!!!
イースタンユーズ
ロフトアーカイブス
復刻
haku
lpo
lpo