Rooftop ルーフトップ

COLUMN

トップコラム雨宮処凛 一生バンギャル宣言!10. 孤独なババンギャのために

. 孤独なババンギャのために

10. 孤独なババンギャのために

2010.10.01

 

 LUNA SEAが活動再開を発表し、X JAPAN界隈がhideの肖像権などを巡ってゴタゴタしている昨今、バンギャのみなさんはいかがお過ごしだろうか。私は今月、「民主党代表選」絡みの渋い取材を受けながらも、V系ライブに通いまくる日々を過ごしていた。
 
 そんな私がライブハウスで日々気になっていることがある。ワンマン以外のライブによく行く人であれば共感してもらえると思うのだが、それは「バンドとバンドの間のセッティング時間が暇」という大問題だ。
 
 これは友達がいる人であればその間に喋ったりできるので気にならないのかもしれないが(実際、友達がいた現役バンギャの頃はそんなに気にならなかった)、現在の私のように35歳にもなると一緒にライブに行ってくれるような暇人など皆無。それどころかちょっとした哀れみの対象になっている始末で、かといってライブハウスで友達ができるというような「青春の1ページ」っぽいことが我が身に起こるはずもなく、ただ一人、そのセッティングの時間を疎外感に包まれながらやり過ごしているのである。
 
 で、何が辛いかって、30歳過ぎたババンギャには「立って待っている」ということが苦痛なのである。多くのライブハウスには座る場所などない。地べたに座る人もいるが、基本的に小心者なので「他のお客さんに迷惑なのでは?」と思うと座ることもできない。しかもその時間は「私は今、時間を無駄にしている」という罪悪感を芽生えさせる。ただでさえ仕事をサボり気味で通っているライブハウスだ。そんな時間に「資料を読む」程度の仕事ができればいいのだが、中途半端に暗くて字など読めない。そうしてババンギャはただ一人、罪悪感に苛まれつつ、足腰の痛みに耐えてひたすら次のバンドの出演を待っているのである。
 
 が、最近のV系ライヴにはこのセッティング時間を有効利用しているケースがあり、私は20年来の夢が叶ったような達成感に包まれている。
 
 有効利用その1は「トーク」だ。セッティング中の舞台に幕を引き、その前で今出演を終えたバンドのメンバーなどがトークするのである。内容などはどうでもいい。ライブを終えた直後のメンバーの肌に光る汗や荒い息が無条件にエロいからだ。
 
 そうしてつい最近、「このやり方があったか!」と驚いたのは「メインステージとサブステージ、かわりばんこでサクサク進めます方式」。渋谷O-EASTでのイベントだったのだが、ステージがふたつあって、メインでセッティング中にサブでライブ、という感じで待たされる時間がほとんどないのだ。これだとストレスはゼロ。トイレに行く暇もないくらい次から次へといろんなバンドが登場するこのイベントには、文明開化の音がしたのだった。
 
 ということで、いろいろと進化を感じているのであった。
 
Karin1010.JPG

(写真)江ノ島の猫と。


雨宮処凛(あまみや かりん)プロフィール
 1975年北海道生まれ。小説家、随筆家、ルポライター、社会運動家。十代の頃よりヴィジュアル系バンドのおっかけ、「ミニスカ右翼」と称しての右翼活動、パンク・バンド『維新赤誠塾』、『大日本テロル』ヴォーカル、映画『新しい神様』出演など様々な活動の後、自身のいじめ体験、リストカット体験などを赤裸々に綴った『生き地獄天国』(太田出版)で文筆家デビュー。現在は生活も職も心も不安定さに晒される人々(プレカリアート)の問題に取り組み、取材、執筆、運動中。反貧困ネットワーク副代表、『週刊金曜日』編集委員、日本厚生労働省ナショナルミニマム研究会委員、他。師匠は作家の故・見沢知廉。自身の体験を元にビジュアル系のおっかけ少女の青春を描いた小説『バンギャル ア ゴーゴー』が講談社文庫より発売中。

このアーティストの関連記事

なにもない旅 なにもしない旅

雨宮処凛 (光文社)720円

amazonで購入

COLUMN LIST連載コラム一覧

  • おじさんの眼
  • ロフトレーベルインフォメーション
  • イノマー<オナニーマシーン>の『自慰伝(序章)』
  • ISHIYA 異次元の常識
  • 鈴木邦男(文筆家・元一水会顧問)の右顧左眄
  • 月刊牧村
  • 絵恋ちゃんの ああ えらそうに コラムが書きたい
  • おくはらしおり(阿佐ヶ谷ロフトA)のホントシオリ
  • 石丸元章「半径168センチの大問題」
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の歴史のふし穴
  • 煩悩放出 〜せきしろの考えたこと〜
  •  朗読詩人 成宮アイコの「されど、望もう」
  • 今野亜美のスナック亜美
  • 山脇唯「2SEE MORE」
  • 大島薫の「マイセルフ、ユアセルフ。」
  • 能町みね子 新中野の森 アーティストプロジェクト
  • 能町みね子 中野の森BAND
  • アーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生
  • 戌井昭人の想い出の音楽番外地
  • さめざめの恋愛ドキュメンタリー
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の ああ夢城
  • 吉田 豪の雑談天国(ニューエストモデル風)
  • ゲッターズ飯田のピンチをチャンスに変えるヒント
  • 最終少女ひかさ 但野正和の ローリングロンリーレビュー
  • 吉村智樹まちめぐ‼
  • いざゆかんとす関西版
  • エンドケイプの室外機マニア
  • 日高 央(ヒダカトオル)のモアベタ〜よ〜
  • ザッツ団地エンターテイメン棟
  • 劔樹人&森下くるみの「センチメンタル「非」交差点」
  • 三原重夫のビギナーズ・ドラム・レッスン
  • ポーラーサークル~未知なる漫画家オムニバス羽生生純×古泉智浩×タイム涼介×枡野浩一
  • the cabs 高橋國光「アブサロム、または、ぼくの失敗における」
  • “ふぇのたす”ちひろ's cooking studio
  • JOJO広重の『人生非常階段』〜今月のあなたの運勢〜
  • マリアンヌ東雲 悦楽酒場
  • 大谷雅恵 人生いつでも初体験
  • ジュリエットやまだのイケメンショッキング
  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ ロック再入門
  • 岡留安則 “沖縄からの『書くミサイル』”「噂の真相」極東番外地編
  • 高須基仁 メディア論『裏目を読んで半目張る』
  • 田中 優 環境はエンタメだ!
  • 雨宮処凛 一生バンギャル宣言!
  • 大久保佳代子 ガールズトーーーク!!!!!
  • DO THE HOPPY!!!!!
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
癒されたいカルチャー
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻