Rooftop ルーフトップ

COLUMN

トップコラムISHIYA 異次元の常識第23回「アントミル(Ant mill)─死の行軍」

3回「アントミル(Ant mill)─死の行軍」

第23回「アントミル(Ant mill)─死の行軍」

2021.08.13

異次元の常識 text by ISHIYA(FORWARD / DEATH SIDE)
 

死の行軍から抜け出すために必要なものはなんだ?

 2021年7月31日現在、日本ではオリンピックが開催されている。全国で、31日の1日だけで4,058人という過去最多の感染者が出ており、前の週の平均値と比べて今週は2倍以上となっているにもかかわらずだ。
 俺はテレビというものを全く見ないし、Twitterでも「オリンピック」「メダル」「五輪」などの言葉を表示されないようにしているので、世間の人たちよりもオリンピック情報には疎いと思う。
 しかしそれでも実際には、テレビでオリンピックを見ている人間によって、嫌でも情報が入ってきてしまう。
 俺の周りの実際の友人や、全く知らないSNS上だけの繋がりの人間まで含めても、9割以上はオリンピック開催には反対の人間たちばかりだった。しかしいざオリンピックが始まってみると、オリンピック開催に反対していた人間たちが、オリンピックを見ているのである。摩訶不思議であり、ちょっと理解ができない。
 どんなものかと見ているのかもしれないし、どれだけ酷い金の使われ方をしているのか見ているのかもしれない。選手に罪はないと応援する人間や、始まったからには楽しむという人間もいるのかもしれないし、テレビで観戦するならばコロナ感染対策としていいじゃないかという人間もいるだろう。
 しかしちょっと待ってくれ。オリンピックというもの自体がどういうものなのかを考えてみないか?
 共産党参院議員である大門みきし氏がこう指摘している。
 
 「IOC(国際オリンピック委員会)の収入の大半はオリンピックを各国のテレビ局に放映させる放映権収入です(四年で約七千億円)。(中略)日本の委員会にも配分されるこのお金は委員の高額報酬にも充てられています。IOCと日本のテレビ局を仲介し巨額の手数料を稼ぐのは電通です。テレビ局も大企業からばく大なスポンサー料が入ります。かれらは無観客でもテレビ放映できればいいのです。またオリンピックの運営業務の大半を受注するのはパソナです。会長は私の『天敵』とマスコミも指摘する竹中平蔵氏です。これらの大企業から献金等の支援を受けているので菅首相はオリンピックを中止しないのです。」(兵庫民報 2021年7月18日付より)
 
 オリンピックのテレビ観戦が、一体どういう事態を招くのかが分かるだろう。テレビで観戦するということは、コロナを顧みず、国民の生命を顧みずに、放映権という利権で金儲けをするための企業やマスコミ、IOCに加担し、コロナ感染拡大の原因であるオリンピック開催に一役買い、国民の生命を見殺しにする行為を応援しているのに等しいと言っても過言ではないだろう。
 選手は悪くないという意見もよく見るが、オリンピックに参加するということは、コロナ感染者が爆発的に増えてしまう高い可能性に加担している行為ではないのか?
 一生を懸けて自分の夢を追い、やっと手にしたオリンピックの出場権という大変さや大切さは分かる、しかしそれと人の生命は比べられるものではないだろう。
 選手が一生懸命頑張っているのは、俺などの想像を絶する努力であることは重々承知だ。しかし寄り添うのは選手たちへではなく、今コロナに冒され苦しんでいる人たちや、医療従事者たちへではないのか?
 上記の大門みきし氏のエッセイにも書かれているが、政治利用のためのオリンピックに加担する行為が、テレビ観戦や選手も含めた参加者であり、必然的に現政権やIOC、パソナを始めとする利権に群がる大企業や、都知事に賛同し協力している行為であると俺は確信している。
 今回ばかりは、選手も観客も「参加しないことに意義がある」オリンピックだと言えるだろう。
 
 そんな状況の中で、アントミル(Ant mill)という蟻の習性をSNS上で知った。
 アントミルとは、盲目のグンタイアリのグループで観察された現象で、あるグンタイアリのグループが主な採餌隊から分離され、フェロモントラックを失い、互いに追従し始め、連続的に回転する円を形成し、最終的にはアリは疲れ切って死んでしまうという現象のようだ。(Wikipediaより)
 
 餌を探しに行く蟻は、前にいる蟻が出すフェロモンを道しるべとして追従し移動する。そのフェロモンが指針となるために最終的に巣穴に帰れる蟻特有の習性である。
 そして何かの拍子にバグのようなものが起き、一定の場所をグルグルと回り続けてしまう現象が起きてしまう場合があるという。それをアントミルと言い、最終的に蟻が死に至る場合もあるために、死の行軍とも呼ばれるようだ。
 
 「オリンピックが始まれば、国民はどうせ忘れて盛り上がるだろう」と、安倍政権以来あからさまに国民を蔑んでいる政権のやり方に飼い慣らされて、日本国民はアントミルに陥っていると思わざるを得ない。
 「ここにいたら死んでしまう」と思ったのか「何かがおかしい」と思ったのだろう。アントミルという死の行軍から、抜け出す蟻も存在する。そしてそのはみ出し者の蟻によって死の行軍が壊され、他の蟻たちも助かっていく。
 死の行軍から抜け出す蟻の存在は非常に大切だし、尊敬に値する。その行動は異端とされ、仲間からも総スカンを喰うかもしれない。それでもはみ出し者の蟻は、助かる道しるべをつけてくれる。
 俺の子どもや友人、愛する人たちには死の行軍からは抜け出してほしいし、全く知らないみんなにだって、抜け出す蟻になってほしい。
 俺だってアントミルにハマっている最中かもしれないし、今の日本国民たちは皆、死の行軍のループにハマったアントミルの蟻と同じように感じてしまう。
 抜け出すために必要なものはなんだ? 他人のケツにくっついて流されるまま死んでいくのか? 生命を軽視した金儲けの道具にされても何も思わないのか? 死の行軍を無理やり歩かされ、ただ死んでいくだけなのか? そんなもんか? それでいいのか?
 あんたはそんなもんじゃないはずだ。
 
Sonnamonka(そんなもんか)/ ZONE
 
飲み込まれ 首を絞め合い
分かっていても諦め
黙っていれば楽に 通り過ぎていくけど
 
そんなもんか
それでいいのか
そんなもんか
それでいいのか
 
SO JUST FUCK OFF!
 
必要ないと言われ
自然な者は吐き出され
何の為の、何か分からず 通り過ぎていくだけ
 
そんなもんか
それでいいのか
そんなもんか
それでいいのか
 
SO JUST FUCK OFF!
 
逆らう事もできず
いつまでもそのまま
ためらうばかりで 何もしないのか
 
SO JUST FUCK OFF!
 
勝手に閉ざす事など
絶対認めねぇ
鼻先だけで軽く
動かせると思うなよ
 
RISE AGAINST OPPRESSION(圧政者に反抗して立ち上がれ)
 
Win-Back-To-Sanity.jpg
磐田を拠点に活動を続け、静岡ハードコア・シーンを代表するバンドとして絶大な支持を誇るZONE。「Sonnamonka」は1994年12月にHG Factからリリースされた1st EP『Win Back To Sanity』に収録。
 
【ISHIYA プロフィール】ジャパニーズ・ハードコアパンク・バンド、DEATH SIDE / FORWARDのボーカリスト。35年以上のバンド活動歴と、10代から社会をドロップアウトした視点での執筆を行なうフリーライター。
このアーティストの関連記事

COLUMN LIST連載コラム一覧

  • おじさんの眼
  • ロフトレーベルインフォメーション
  • イノマー<オナニーマシーン>の『自慰伝(序章)』
  • ISHIYA 異次元の常識
  • 鈴木邦男(文筆家・元一水会顧問)の右顧左眄
  • レズ風俗キャストゆうの 「寝る前に、すこし話そうよ」
  • 月刊牧村
  • 「LOFTと私」五辺宏明
  • 絵恋ちゃんの ああ えらそうに コラムが書きたい
  • おくはらしおり(阿佐ヶ谷ロフトA)のホントシオリ
  • 石丸元章「半径168センチの大問題」
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の歴史のふし穴
  • 煩悩放出 〜せきしろの考えたこと〜
  •  朗読詩人 成宮アイコの「されど、望もう」
  • 今野亜美のスナック亜美
  • 山脇唯「2SEE MORE」
  • 大島薫の「マイセルフ、ユアセルフ。」
  • 能町みね子 新中野の森 アーティストプロジェクト
  • 能町みね子 中野の森BAND
  • アーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生
  • 戌井昭人の想い出の音楽番外地
  • さめざめの恋愛ドキュメンタリー
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の ああ夢城
  • 吉田 豪の雑談天国(ニューエストモデル風)
  • ゲッターズ飯田のピンチをチャンスに変えるヒント
  • 最終少女ひかさ 但野正和の ローリングロンリーレビュー
  • 吉村智樹まちめぐ‼
  • いざゆかんとす関西版
  • エンドケイプの室外機マニア
  • 日高 央(ヒダカトオル)のモアベタ〜よ〜
  • ザッツ団地エンターテイメン棟
  • 劔樹人&森下くるみの「センチメンタル「非」交差点」
  • 三原重夫のビギナーズ・ドラム・レッスン
  • ポーラーサークル~未知なる漫画家オムニバス羽生生純×古泉智浩×タイム涼介×枡野浩一
  • the cabs 高橋國光「アブサロム、または、ぼくの失敗における」
  • “ふぇのたす”ちひろ's cooking studio
  • JOJO広重の『人生非常階段』〜今月のあなたの運勢〜
  • マリアンヌ東雲 悦楽酒場
  • 大谷雅恵 人生いつでも初体験
  • ジュリエットやまだのイケメンショッキング
  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ ロック再入門
  • 岡留安則 “沖縄からの『書くミサイル』”「噂の真相」極東番外地編
  • 高須基仁 メディア論『裏目を読んで半目張る』
  • 田中 優 環境はエンタメだ!
  • 雨宮処凛 一生バンギャル宣言!
  • 大久保佳代子 ガールズトーーーク!!!!!
  • DO THE HOPPY!!!!!
6th
ロフトチャンネル
平野悠
ロフトオリジナルコーヒー
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻