Rooftop ルーフトップ

COLUMN

トップコラムISHIYA 異次元の常識第13回「ブチコワセ!」

3回「ブチコワセ!」

第13回「ブチコワセ!」

2020.10.09

異次元の常識 text by ISHIYA(FORWARD / DEATH SIDE)
 

国民は自助や共助なんかとっくにやってんだよ!

 2020年9月。やっと安倍政権による8年間の悪夢が終わったかと、俺はひとり祝杯をあげた。それが不正の責任を取る形や逮捕という形ではなく、仮病による辞任だったとしても、悪夢が終わったことを素直に喜んだ。
 後任の総理に注目が集まったが、東京都知事選では全くと言っていいほどやらなかったテレビでの特集や討論会を連日行なう始末。
 その上、安倍政治を継承する菅官房長官を推しまくり、中でもいくらかはマシと言われる石破落としに躍起になっていたという。
 結果としては、安倍政治を受け継ぐという最悪の菅政権の誕生となったのだが、就任してすぐに発表した日本の目指す社会像として「自助・共助・公助」と、恥ずかしげもなく発表したのである。
 今年の春から政権の不誠実極まりない対応により、日本のコロナ禍は収束の兆しも見えず、民間では倒産する会社や閉店する店舗が増加の一途を辿っている。そんな中で一番の目の敵にされたライブハウスは、音楽を愛する人間や、いつもライブハウスに通う仲間たちの力もあって、なんとか存続を続けているのが実情だ。
 中には名店のライブハウスが閉店にも至ってしまっているが、バンドやミュージシャンたちは、普段バンドの利益が生まれるグッズやCDの制作や配信などを行なう。制作されたベネフィットグッズは、音楽やライブハウスを愛する観客たちが購入して、その利益を経営が困難に陥ったライブハウスに寄付をしている。家のタンスを見てみれば、ライブハウスのベネフィットTシャツが、かなりの数で増えている人間ばかりだ。
 ひと言言わせてもらう。国民は自助や共助なんかとっくにやってんだよ!
 
 東日本大震災でも熊本の災害でも広島の災害でも「公助」が足らずに民間のボランティアがどれだけ「自助・共助」をしてきたか。
 コロナ禍の中で、どれだけの国民が「自助・共助」で乗り越えようとしているか。
 本来政府がやるべき当たり前のことを国民に丸投げし、「国民のために働く内閣」という、自分が何を言っているのかを少しも考えない菅新総理の発言は、さすが安倍政治の継承者と反吐が出る。
 その上、菅新総理のブレーンと言われる竹中平蔵は、国民への給付金中抜き詐欺を行なうような、国民から絞り取ることしか考えていない悪名高きパソナの会長だ。
 竹中平蔵が提唱するベーシックインカムでは「国民全員に7万円を支給し、生活保護や年金をなくす」という、国民の首を真綿で締めながら殺していく政策を提言する国民共通の敵である。
 新政権発足後すぐに、これだけの悲惨な事実を突きつけられている。国民はもう限界だ。こんな国家はぶちこわす以外の選択肢はない。
 
 元THE COMES、LIP CREAMのMINORUと、元OUTOのBUTCHERが中心となり1990年代後半から2000年代初期まで活動していたCOLORED RICE MENというバンドがある。
 米を食べる有色人種の男という意味のバンド名からも分かるように、既成の概念とは違った観点からアプローチを続けた新しいタイプのハードコアバンドだ。その中でも一番シンプルなメッセージであり、ハードコアやパンクの代名詞とも言える日本語「ブチコワセ」という曲の歌詞を見てほしい。
 今現在この国に住む人類が行なうべきことが書かれていると思うのは、俺だけではないはずだ。
 
ブチコワセ/COLORED RICE MEN
 
あんたに怯えてる訳じゃねぇ もう少し今を楽しみたいだけ
何もつくりたい訳じゃねぇ つまらぬ仕組を壊したいだけ
 
ブチコワセ
見せかけだけの喜びを 口先だけの平等を
嘘で固めた外見を つまらぬ仕組みを
 
何も望んでる訳じゃねぇ 抜け殻のようなお前の瞳
何もわけたい訳じゃねぇ 喜びだけで苦しみまでも
 
見えない罠を 見えない壁を
 
ブチコワセ
見せかけだけの喜びを 口先だけの平等を
嘘で固めた外見を つまらぬ仕組みを
 
あんたに怯えてる訳じゃねぇ もう少し今を感じたいだけ
何も作りたい訳じゃねぇ つまらぬ罠を壊したいだけ
 
ブチコワセ.jpg
 
Vo. ブッチャー(元OUTO)、Ba. ミノル(元LIPCREAM、現EIEFITS)、Gt. レイカ(ghettos)、Ds. ユウキ(PIGMEN)、Sax. カナイから成るCOLORED RICE MENは、90年代中期から2000年代末まで独特のスタンスとライブ活動で異彩を放っていたトーキョー・スーパー・エキセントリック・ハードコア・パンクバンド。「ブチコワセ」は1997年に発表されたファースト・シングルに収録。
 
【ISHIYA プロフィール】ジャパニーズ・ハードコアパンク・バンド、DEATH SIDE / FORWARDのボーカリスト。35年以上のバンド活動歴と、10代から社会をドロップアウトした視点での執筆を行なうフリーライター。
このアーティストの関連記事

COLUMN LIST連載コラム一覧

  • おじさんの眼
  • ロフトレーベルインフォメーション
  • イノマー<オナニーマシーン>の『自慰伝(序章)』
  • ISHIYA 異次元の常識
  • 鈴木邦男(文筆家・元一水会顧問)の右顧左眄
  • 月刊牧村
  • 「LOFTと私」五辺宏明
  • 絵恋ちゃんの ああ えらそうに コラムが書きたい
  • おくはらしおり(阿佐ヶ谷ロフトA)のホントシオリ
  • 石丸元章「半径168センチの大問題」
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の歴史のふし穴
  • 煩悩放出 〜せきしろの考えたこと〜
  •  朗読詩人 成宮アイコの「されど、望もう」
  • 今野亜美のスナック亜美
  • 山脇唯「2SEE MORE」
  • 大島薫の「マイセルフ、ユアセルフ。」
  • 能町みね子 新中野の森 アーティストプロジェクト
  • 能町みね子 中野の森BAND
  • アーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生
  • 戌井昭人の想い出の音楽番外地
  • さめざめの恋愛ドキュメンタリー
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の ああ夢城
  • 吉田 豪の雑談天国(ニューエストモデル風)
  • ゲッターズ飯田のピンチをチャンスに変えるヒント
  • 最終少女ひかさ 但野正和の ローリングロンリーレビュー
  • 吉村智樹まちめぐ‼
  • いざゆかんとす関西版
  • エンドケイプの室外機マニア
  • 日高 央(ヒダカトオル)のモアベタ〜よ〜
  • ザッツ団地エンターテイメン棟
  • 劔樹人&森下くるみの「センチメンタル「非」交差点」
  • 三原重夫のビギナーズ・ドラム・レッスン
  • ポーラーサークル~未知なる漫画家オムニバス羽生生純×古泉智浩×タイム涼介×枡野浩一
  • the cabs 高橋國光「アブサロム、または、ぼくの失敗における」
  • “ふぇのたす”ちひろ's cooking studio
  • JOJO広重の『人生非常階段』〜今月のあなたの運勢〜
  • マリアンヌ東雲 悦楽酒場
  • 大谷雅恵 人生いつでも初体験
  • ジュリエットやまだのイケメンショッキング
  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ ロック再入門
  • 岡留安則 “沖縄からの『書くミサイル』”「噂の真相」極東番外地編
  • 高須基仁 メディア論『裏目を読んで半目張る』
  • 田中 優 環境はエンタメだ!
  • 雨宮処凛 一生バンギャル宣言!
  • 大久保佳代子 ガールズトーーーク!!!!!
  • DO THE HOPPY!!!!!
6th
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻