Rooftop ルーフトップ

COLUMN

2回「人間狩り」

第12回「人間狩り」

2020.09.05

異次元の常識 text by ISHIYA(FORWARD / DEATH SIDE)
 

俺たちは殺し合いをするために生きているのではない、対立するために生きているのではない

 2020年8月16日頃から、ネット上でAmazonプライム解約運動というハッシュタグにより、Amazonプライムの契約を解除する人間が多数出る事態となった。
 ことの発端は、自称国際政治学者の三浦瑠麗という人物のCM起用によるもので、この人物は徴兵制を進めていたり、他国の工作員が民間に潜んで破壊工作をするスリーパーセルの存在を昼間の地上波で言い放つような人物である。
 
 徴兵制を推進しながら、関東大震災のときに朝鮮半島の人々が虐殺されたデマの原因と同様の発言をするということは、現在でも差別に晒され続けている在日朝鮮人の気持ちを推し量ることもできない人物であり、民族間の対立を煽り、差別を扇動し、戦争に突き進む行為と取られても仕方がないだろう。
 そんな人間であり、タレントでもなく学者としての実績もない人物をCMに使ったAmazonは、その思想に賛同していると思われても仕方がなく、不買運動を起こされるのは至極当然の結果である。
 危険なのは、こうした人物を公共の電波に乗せ発信し続けることで「あのCMの人だ」というように、人々の意識に刷り込まれることだ。
 自民党安倍政権が日本憲政史上最長の政権となってしまうような国民であり、「朝鮮人を殺せ」と叫びながらコリアンタウンを闊歩するレイシストの都知事候補が18万票も取ることを考えれば、スリーパーセル発言の解釈次第では今後関東大震災での朝鮮半島の人々の虐殺に準ずるようなことが起こりかねない。
 ルワンダで起きた虐殺のきっかけが、根も葉もない差別扇動のラジオ放送だったように。
 
 安倍政権擁護の人間が垂れ流す妄言を信じる民衆が、この国の多数となっている。その上で憲法が改悪され、戦争のできる国になり、徴兵制が復活し、人種差別がまかり通る国になったときに、公共電波やマスコミが何をするか想像できないのか?
 人を人とも思わない政権のケツを舐めまくる著名人を起用する企業を許していたら、この先どんなことになってしまうのか少しは想像を働かせて欲しい。
 俺たちは徴兵されて戦争へ行き、知らない国の会ったこともない人間と殺し合いをするために生きているのではない。
 民間に工作員がいると疑心暗鬼になって、人種差別をして対立するために生きているのではない。
 
 1980年代初期、日本のハードコアパンク創世記に女性Vo.CHITOSEを擁し、世界的にも評価の高いTHE COMESというバンドがある。
 現在でもBa.MINORUはEIEFITSで活動しているが、THE COMESの「人間狩り」という曲は80年代にもかかわらず、そうした危機に警鐘を鳴らせている。
 人を人とも思わぬ奴らにNOを突きつけろ!
 
「人間狩り」THE COMES
 
人間は機械に 機械になってゆく
尊重されるのは 一人だけの意志
 
人間は狩られる
機械として狩られる
正義の名のもとに 猟奇的になる
 
狂ったように人を 人を狩っていく
進歩の過程に 本能が顔を出す
あっちでもこっちでも 攻撃が始まる
誰も見えない目だ
どいつもこいつも やっちまえ
 
人間狩り
人間狩り
みんな一緒だ
誰でも同じだ
人間狩り
人間狩り
No No No No!
 
comes.jpg
 
GAUZE、G.I.S.M.、THE EXECUTEと共に“ハードコア四天王”と呼ばれたTHE COMESは1982年9月結成。「人間狩り」は1983年11月に『DOLL』誌のハードコア専門レーベル「DOGMA RECORDS」発表されたファーストアルバム『NO SIDE』に収録。
 
【ISHIYA プロフィール】ジャパニーズ・ハードコアパンク・バンド、DEATH SIDE / FORWARDのボーカリスト。35年以上のバンド活動歴と、10代から社会をドロップアウトした視点での執筆を行なうフリーライター。
このアーティストの関連記事

THE COMES『NO SIDE』

NO SIDE RECORDS

amazonで購入

COLUMN LIST連載コラム一覧

  • おじさんの眼
  • ロフトレーベルインフォメーション
  • イノマー<オナニーマシーン>の『自慰伝(序章)』
  • ISHIYA 異次元の常識
  • 鈴木邦男(文筆家・元一水会顧問)の右顧左眄
  • レズ風俗キャストゆうの 「寝る前に、すこし話そうよ」
  • 月刊牧村
  • 「LOFTと私」五辺宏明
  • 絵恋ちゃんの ああ えらそうに コラムが書きたい
  • おくはらしおり(阿佐ヶ谷ロフトA)のホントシオリ
  • 石丸元章「半径168センチの大問題」
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の歴史のふし穴
  • 煩悩放出 〜せきしろの考えたこと〜
  •  朗読詩人 成宮アイコの「されど、望もう」
  • 今野亜美のスナック亜美
  • 山脇唯「2SEE MORE」
  • 大島薫の「マイセルフ、ユアセルフ。」
  • 能町みね子 新中野の森 アーティストプロジェクト
  • 能町みね子 中野の森BAND
  • アーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生
  • 戌井昭人の想い出の音楽番外地
  • さめざめの恋愛ドキュメンタリー
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の ああ夢城
  • 吉田 豪の雑談天国(ニューエストモデル風)
  • ゲッターズ飯田のピンチをチャンスに変えるヒント
  • 最終少女ひかさ 但野正和の ローリングロンリーレビュー
  • 吉村智樹まちめぐ‼
  • いざゆかんとす関西版
  • エンドケイプの室外機マニア
  • 日高 央(ヒダカトオル)のモアベタ〜よ〜
  • ザッツ団地エンターテイメン棟
  • 劔樹人&森下くるみの「センチメンタル「非」交差点」
  • 三原重夫のビギナーズ・ドラム・レッスン
  • ポーラーサークル~未知なる漫画家オムニバス羽生生純×古泉智浩×タイム涼介×枡野浩一
  • the cabs 高橋國光「アブサロム、または、ぼくの失敗における」
  • “ふぇのたす”ちひろ's cooking studio
  • JOJO広重の『人生非常階段』〜今月のあなたの運勢〜
  • マリアンヌ東雲 悦楽酒場
  • 大谷雅恵 人生いつでも初体験
  • ジュリエットやまだのイケメンショッキング
  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ ロック再入門
  • 岡留安則 “沖縄からの『書くミサイル』”「噂の真相」極東番外地編
  • 高須基仁 メディア論『裏目を読んで半目張る』
  • 田中 優 環境はエンタメだ!
  • 雨宮処凛 一生バンギャル宣言!
  • 大久保佳代子 ガールズトーーーク!!!!!
  • DO THE HOPPY!!!!!
6th
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻