Rooftop ルーフトップ

COLUMN

トップコラムISHIYA 異次元の常識第9回「安倍政権に怒りと涙の拳を喰らわせろ!」

回「安倍政権に怒りと涙の拳を喰らわせろ!」

第9回「安倍政権に怒りと涙の拳を喰らわせろ!」

2020.06.03

異次元の常識 text by ISHIYA(FORWARD / DEATH SIDE)
 
 

声をあげ続けなければ日本は世界史上稀に見る汚名を残す国家になってしまう

 1987年に結成され、当時中学生を含むメンバーによって彗星の如く日本ハードコア界に表れ、多くのパンクスを虜にして今現在も活動を続けているバンドがPILEDRIVERである。
 その「FIGHT FOR FREEDOM」という曲の歌詞を見て欲しい。
 
怒り狂える同志よ 怒り震える若者
歌え今こそ奴らに 喰らわせ怒りの拳を
見たろうあの日の出来事 忘れぬ仕打ちと屈辱
歌え今こそ奴らに 喰らわせ涙の拳を
FIGHT FOR FREEDOM(自由のために闘え)
 
 2020年5月15日に、検察庁法改正案が自民党などの与党などにより、強行採決される寸前まで行っていた。しかしSNSでの700万件とも言われる国民の声により、一旦見送りとなった。何が改正だ、改悪以外の何ものでもない。
 安倍政権の犯した事件には、加計学園と森友学園の問題や桜を見る会問題、元TBS記者山口敬之の伊藤詩織さんレイプ事件もみ消しなど様々な不祥事があるが、以下に挙げる安倍政権の不祥事も記憶に新しいところであろう。
 
・小渕優子元経産相の政治資金規正法違反によるドリル事件
・松島みどり元法相のうちわ選挙区配布問題
・甘利明元経済再生担当相のUR都市再生機構への口利き問題
・下村博元文化相の加計学園パーティー券200万円不記載
・佐川宣寿元国税庁官以下37名が関わった森友学園での公文書改ざん問題(近畿財務局職員、赤木俊夫さんは佐川宣寿に決裁文書の改ざんを強要され自殺)
・佐藤栄佐久元福島県知事が福島第一原発の危険性を表明したことにより、収賄学0円で逮捕
 
 今までの政権であれば総辞職、もしくは問題を起こした議員の辞職、総理辞任は当然の事件ばかりである。これらすべての事件に関わり、検事長として不起訴にした人物が黒川弘務という検察官だ。
 この黒川検事長が定年を迎えるにあたり検察庁法を改正して定年を延ばすことで、安倍自らが逮捕されないようにするという法案を強行採決しようというのだ。
 ロッキード事件で当時の首相田中角栄が逮捕され、竹下内閣が総辞職したリクルート事件など、検察は総理大臣をも訴追・逮捕できる権限を持っている。
 総理大臣といえども、悪いことをすれば逮捕されるのは当たり前の話で、上記のように悪のデパートのような安倍政権が訴追・逮捕されない現在の事実も、黒川検事長の功績によるものだろう。
 現在の安倍政権には上記の不祥事の他にも、自民党河井案里参議院議員が初当選した2019年の参院選での買収による公職選挙法違反事件があり、まもなく河井議員には何らかの法的措置が取られるところだと思うが、その先には安倍逮捕の現実が迫っていると言われている。そこへ来て黒川検事長定年による検察庁法改悪となれば、逮捕逃れだということは小学生にでもわかる。
 声をあげ続けなければ地獄の安倍政権はさらに調子に乗り独裁を進め、日本は世界史上稀に見る汚名を残す国家になってしまうだろう。
 SNSでの国民の声やコロナ禍の中でも行なわれた国会前の強行採決反対デモは、国民の怒りの拳であり涙の拳である。
 安倍政権は保身のためならば何でもやる。平気ですぐにバレる嘘をつき、国民の生命など全く頭にない政権だ。
 怒り狂える同志よ 怒り震える若者 見たろうあの日の出来事 忘れぬ仕打ちと屈辱 歌え今こそ奴らに 喰らわせ怒りの拳を 喰らわせ涙の拳を 自由のために闘え!
 
61lJUTLljgL._AC_.jpg
 
横浜を代表するアナーコバンド、PILEDRIVERは1987年に結成。現メンバーは、ICHIRO(ボーカル)、SEN(ギター)、ORI(ギター)、KENSAKU(ベース)、KINTA(ドラム)。「FIGHT FOR FREEDOM」は2010年に発表された初のスタジオ・アルバム『TURN ANGER INTO LIGHT』に収録。
 
【ISHIYA プロフィール】ジャパニーズ・ハードコアパンク・バンド、DEATH SIDE / FORWARDのボーカリスト。35年以上のバンド活動歴と、10代から社会をドロップアウトした視点での執筆を行なうフリーライター。
 
このアーティストの関連記事

COLUMN LIST連載コラム一覧

  • おじさんの眼
  • ロフトレーベルインフォメーション
  • イノマー<オナニーマシーン>の『自慰伝(序章)』
  • ISHIYA 異次元の常識
  • 鈴木邦男(文筆家・元一水会顧問)の右顧左眄
  • 月刊牧村
  • 「LOFTと私」五辺宏明
  • 絵恋ちゃんの ああ えらそうに コラムが書きたい
  • おくはらしおり(阿佐ヶ谷ロフトA)のホントシオリ
  • 石丸元章「半径168センチの大問題」
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の歴史のふし穴
  • 煩悩放出 〜せきしろの考えたこと〜
  •  朗読詩人 成宮アイコの「されど、望もう」
  • 今野亜美のスナック亜美
  • 山脇唯「2SEE MORE」
  • 大島薫の「マイセルフ、ユアセルフ。」
  • 能町みね子 新中野の森 アーティストプロジェクト
  • 能町みね子 中野の森BAND
  • アーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生
  • 戌井昭人の想い出の音楽番外地
  • さめざめの恋愛ドキュメンタリー
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の ああ夢城
  • 吉田 豪の雑談天国(ニューエストモデル風)
  • ゲッターズ飯田のピンチをチャンスに変えるヒント
  • 最終少女ひかさ 但野正和の ローリングロンリーレビュー
  • 吉村智樹まちめぐ‼
  • いざゆかんとす関西版
  • エンドケイプの室外機マニア
  • 日高 央(ヒダカトオル)のモアベタ〜よ〜
  • ザッツ団地エンターテイメン棟
  • 劔樹人&森下くるみの「センチメンタル「非」交差点」
  • 三原重夫のビギナーズ・ドラム・レッスン
  • ポーラーサークル~未知なる漫画家オムニバス羽生生純×古泉智浩×タイム涼介×枡野浩一
  • the cabs 高橋國光「アブサロム、または、ぼくの失敗における」
  • “ふぇのたす”ちひろ's cooking studio
  • JOJO広重の『人生非常階段』〜今月のあなたの運勢〜
  • マリアンヌ東雲 悦楽酒場
  • 大谷雅恵 人生いつでも初体験
  • ジュリエットやまだのイケメンショッキング
  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ ロック再入門
  • 岡留安則 “沖縄からの『書くミサイル』”「噂の真相」極東番外地編
  • 高須基仁 メディア論『裏目を読んで半目張る』
  • 田中 優 環境はエンタメだ!
  • 雨宮処凛 一生バンギャル宣言!
  • 大久保佳代子 ガールズトーーーク!!!!!
  • DO THE HOPPY!!!!!
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
癒されたいカルチャー
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻