Rooftop ルーフトップ

COLUMN

トップコラムDO THE HOPPY!!!!!DO THE HOPPY!!!!! vol.3 オカモト"MOBY"タクヤ(Scoobie Do)

 THE HOPPY!!!!! vol.3 オカモト"MOBY"タクヤ(Scoobie Do)

DO THE HOPPY!!!!! vol.3 オカモト"MOBY"タクヤ(Scoobie Do)

2010.11.10

1011hoppy1.jpg ホッピーは大好きと言うより、もはや“基本”ですね(笑)。呑み屋でよく呑むのはビールなんですけど、その店にホッピーがあればまず頼みます。僕が幼稚園の頃から通っていた公文式の教室の隣りに焼鳥屋があって、そこにホッピーの張り紙があったんですよ。それが思春期の頃からずっと気になっていて、いつか大人になったら呑んでみようと思っていたんですよね。でも、僕が成人になった90年代の中頃はホッピーが低迷期で呑む機会がなくて、しばらく経ってから和民とか居酒屋のチェーン店でもホッピーを出すようになったんです。それで初めて呑んでみたら凄く美味しくて、低カロリー・低糖質・プリン体ゼロっていうのも凄くイイなと思ったんですよ。それが最初の出会いですね。
 ホッピーがイイのは、単体でも充分美味しい上にアテ(肴)の邪魔をしないところ。あと、何しろリーズナブルで費用対効果が凄く高いんですよ。これは凄く個人的な意見ですけど、ホッピーに一番合うアテはハムカツとセロリの浅漬けじゃないかなと。その店のメニューにあれば必ず注文しますね。もちろん煮込みとかも相性がイイですけど、僕はその2品かな。

1011hoppy2.jpg 1011hoppy3.jpg

 ホッピーを出す店の方に僕が言いたいのは、まず何よりもキンミヤ焼酎を置いて下さい、と。2ヶ月前から始まったこの連載を読んで、ライブハウスでホッピーが呑める状況を日本独自の文化として定着させるイイ展開だと感じたし、ホッピービバレッジさんもいよいよ勝負に出たなと思ったんですよ(笑)。その矢先に今回ご指名を頂いて、僕なりに美味しいホッピーが呑める状況を作りたいなと思って。それにはまず、ナカはキンミヤ焼酎であるのが必須条件なんですよね。それで今日は家からキンミヤ焼酎を持参して臨んだんです。昔はなかなか買えなかったんですけど、最近はドン・キホーテとかでも置いてますから、是非ご購入して頂きたいです。ホッピーとの相性は焼酎の中で間違いなく一番イイので。1011hoppy4.jpg
 今回僕が掛け合わせてみたのは、まずバカルディのホワイト・ラム。マイヤーズのラムも使ってみましたけど、同じラムでもダーク・ラムは合いませんでしたね。ホワイト・ラムはいつもジンジャー・エールを足したラム・バックとして呑むことが多いんですけど、それと色味も似てるし(笑)、ホッピーとは合う気がしたんですよね。その結果、甘くないジンジャー・エールを呑んでいる感じもしたし、とても自然な呑み口になりました。『真夜中のダンスホール』と命名したのは、クラブでDJや踊りに来たお客さんが喉を潤すような呑みやすいカクテルじゃないかと思ったので。

1011hoppy5.jpg 1011hoppy6.jpg 1011hoppy7.jpg

 もう一品は、ズブロッカを使った『トラウマティック・ガール』。ズブロッカに入っているバイソングラスというハーブの効果で桜餅みたいな匂いがして、女性が好む味だと思います。そのクセになる感じがトラウマになるんじゃないかなと(笑)。他にも泡盛の残波や柚子小町というリキュール、電気ブランとかで試してみましたけど、どれも意外とイケましたね。ホッピーをライブハウスに根づかせるべく自分なりに貢献したいし、とにかく即戦力のあるカクテルを作りたかったんですよ。ドラフトを全員大学生と社会人で固めてみた、みたいな(笑)。
1011hoppy8.jpg  今日はホッピーの3代目社長である石渡美奈さんの『社長が変われば会社は変わる!』やホッピー酒場の特集が載っている『古典酒場』を持参して、僕が如何にホッピーを愛しているかを理解してもらえたかと思いますが(笑)、やっぱり凝り性なんでしょうね。せっかく酒を呑むのなら少しでも美味しく呑みたいので、情報収集には貪欲なんですよ。
 ホッピーは、いろんなナカと組み合わせることで足し算にもなり掛け算にもなるマッシュアップ感が好きなんです。単体で我を押し通すのではなく、焼酎や泡盛とかを混ぜ合わせて初めて成立する佇まいが日本人の気質に合っている気もしますし。自分のことだけしか考えられない20代を過ぎ、楽しいことはみんなで共有したほうがイイと思える今の僕みたいな30代にはピッタリですね(笑)。考えてみれば、互いの力を合わせてひとつの事を成し遂げるのはバンドも野球も一緒だし、ホッピーはそういう深みのある呑みものだということを若い人たちにも知って欲しいですよね。

1011hoppy9.jpg

MOBYさんが考案した『真夜中のダンスホール』と『トラウマティック・ガール』はロフト・グループ5店舗で11月上旬より販売。自他共に認める食通が生み出した逸品を是非お試しあれ!


オカモト“MOBY”タクヤ:1976年7月6日生まれ、千葉県市川市出身。“ファンキー・マエストロ”の異名を持つScoobie Doのドラマー兼マネージャー。全国の美味い飲食店情報にかけてはバンド界屈指の知識量を誇る。千葉ロッテマリーンズとシカゴ・カブスのファンとしても有名。

このアーティストの関連記事

最新アルバム『何度も恋をする』

CHAMP RECORDS HICC-3008
¥2,625(税込)
IN STORES NOW

amazonで購入

iTunesStoreで購入

ライヴ会場限定発売・ライヴアルバム
『BOOTLEG-TIC GIRL II』

CHAMP RECORDS
¥1,000(税込/完全限定生産)
各ライヴ会場にて絶賛発売中!

LIVE INFOライブ情報

SCOOBIE DO TOUR“Funk-a-lismo! vol.6”
11月2日(火)福岡DRUM SON
11月3日(水・祝)広島Cave-Be
11月6日(土)金沢VanVanV4
11月7日(日)長野LIVE HOUSE J
11月13日(土)仙台PARK SQUARE
11月14日(日)新潟CLUB RIVERST
11月21日(日)名古屋CLUB QUATTRO
11月23日(火・祝)大阪・梅田Shangri-la
11月27日(土)東京・LIQUIDROOM
12月5日(日)米子laughs
12月11日(土)札幌cube garden

COLUMN LIST連載コラム一覧

  • おじさんの眼
  • ロフトレーベルインフォメーション
  • イノマー<オナニーマシーン>の『自慰伝(序章)』
  • 鈴木邦男(文筆家・元一水会顧問)の右顧左眄
  • 月刊牧村
  • おくはらしおり(阿佐ヶ谷ロフトA)のホントシオリ
  • 石丸元章「半径168センチの大問題」
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の歴史のふし穴
  • 煩悩放出 〜せきしろの考えたこと〜
  •  朗読詩人 成宮アイコの「されど、望もう」
  • 今野亜美のスナック亜美
  • 山脇唯「2SEE MORE」
  • 大島薫の「マイセルフ、ユアセルフ。」
  • 能町みね子 新中野の森 アーティストプロジェクト
  • 能町みね子 中野の森BAND
  • アーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生
  • 戌井昭人の想い出の音楽番外地
  • さめざめの恋愛ドキュメンタリー
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の ああ夢城
  • 吉田 豪の雑談天国(ニューエストモデル風)
  • ゲッターズ飯田のピンチをチャンスに変えるヒント
  • 最終少女ひかさ 但野正和の ローリングロンリーレビュー
  • 吉村智樹まちめぐ‼
  • いざゆかんとす関西版
  • エンドケイプの室外機マニア
  • 日高 央(ヒダカトオル)のモアベタ〜よ〜
  • ザッツ団地エンターテイメン棟
  • 劔樹人&森下くるみの「センチメンタル「非」交差点」
  • 三原重夫のビギナーズ・ドラム・レッスン
  • ポーラーサークル~未知なる漫画家オムニバス羽生生純×古泉智浩×タイム涼介×枡野浩一
  • the cabs 高橋國光「アブサロム、または、ぼくの失敗における」
  • “ふぇのたす”ちひろ's cooking studio
  • JOJO広重の『人生非常階段』〜今月のあなたの運勢〜
  • マリアンヌ東雲 悦楽酒場
  • 大谷雅恵 人生いつでも初体験
  • ジュリエットやまだのイケメンショッキング
  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ ロック再入門
  • 岡留安則 “沖縄からの『書くミサイル』”「噂の真相」極東番外地編
  • 高須基仁 メディア論『裏目を読んで半目張る』
  • 田中 優 環境はエンタメだ!
  • 雨宮処凛 一生バンギャル宣言!
  • 大久保佳代子 ガールズトーーーク!!!!!
  • DO THE HOPPY!!!!!
イースタンユーズ
ロフトアーカイブス
復刻
haku
lpo
lpo