Rooftop ルーフトップ

COLUMN

l.11 僕を作っているのは僕だけじゃない

vol.11 僕を作っているのは僕だけじゃない

2019.12.16

テレビを眺めていると当たり前に“芸能人”として活躍をしている人たちが映る。同じ人間にも関わらず、その世界では一般のわたしが普通にしていること…例えば、誰かを好きになったとかデートをしただとか、親しい友人とごはんに行ったとか、そんなわたしが“当たり前”としている日常生活の一部(会話のネタに少しなるくらいの程度)がスクープとされ、注目を集めすぐに週刊誌へ掲載、ネットではあることないこと、思ってもいないことを好き勝手に次々と書かれてしまう、そんな世界のように感じている。正直、“同じ人間なんだから、いいじゃないか”くらいに思ってしまうんだけど、ね。

とてもキラキラした美しい世界に映っているけれど、彼ら彼女らは自宅から一歩でも出たら“テレビに映る自分、表に出る自分”として生活をする。たまに、テレビを眺めていると勝手に悲しく、切なくなるときがある。勝手に。

11.jpg


きっと一度はあると思う。
どこが根源なのかもわからない噂を勝手に真に受け、勝手な先入観を抱き、偏った見方をしてしまったり、ね。実際には、直接その相手とは話したこともないのに。先入観だけで判断をしてしまうこと。

加藤成亮と加藤シゲアキ

ピンクとグレー / 加藤シゲアキ
角川文庫 / ¥560+tax


ピンクとグレー.jpg


“親友”である河田大貴と鈴木真吾。バイト替わりに高校生の頃に始めた雑誌の読者モデルをきっかけに芸能活動を始める。大学へ進学をし同居生活を始めすべて順調に映るが…芸能活動では真吾が駆け上がっていく一方、エキストラから抜け出せない大貴だけが取り残されていく。

劣等感を味わったことのある人には突き刺さる内容だと思う。例えば、学生生活の中でもすごく親しい人が好成績を残したときに味わう、あの感じ。自分だけがどんどん取り残されてしまう、そんな思いを感じたことない?普段、仲が良いからこそ余計に。自分にはない相手の才能に嫉妬してしまい、そんな思いを抱える自分が情けなく思ってしまうこと。
客観的に観ていると“仲良さそう”と思われていても、本人たちは違和感やお互いに劣等感を感じていることもある。そういう経験をしたことがある方は、共感してしまう作品かもしれない。

映画化が決まったとき、プロモーションでは“開始62分後でのどんでん返し!”と大きく打ち出していたこともとても印象的で、実際に映画館へ作品を観に行った。自分の中で、思い描いていた展開とは異なり、“どこから?”というシナリオマジックに魅了された。映画を観たことない方はぜひ、映画を観て頂きたい。

―渋谷育ちなので、渋谷を舞台にしたかったし、観てきた景色の方が書きやすいから、芸能界の話を考えました。2人いて、1人が売れて、1人が売れないというのも、感情移入しやすいかなと。
2012年Walker+インタビュー取材より

加藤成亮としての人生があったからこそ書ける内容だったのではないか、と思う。挫折をし、今の活動に至るまでの苦悩。きっと、自分自身を少なからず大貴と重ねていたのではないかな、と。芸能界で生きている彼だからこそ書ける苦悩。作中に「僕を作っているのは僕だけじゃない」の意味をしっかりと感じられる。

人生で挫折って一度は味わったりすると思う。その時どうあなたは生きていくのか。向き合っていくのか。どんな人間になりたいのか。これを読んだあなたにも自分の人生をどう向き合うのかをこの機会に考えて欲しい。
決して、“ジャニーズ所属タレントのひとりが書いた小説”として、読んでは欲しくはない。

―備考―
2003年9月「バレーボールワールドカップ」のイメージキャラクターとして前大会(1999年)の嵐からバトンを受け継ぎ、NEWSが就任。白い衣装を身に纏い“To north!To east!”から始まるデビューシングル『NEWSニッポン』で華やかにデビューをした。個人活動も行っていた山下智久を中心に9人での結成。(当時は草野くんがNEWSの中では好きだった!そして、現在ONE OK ROCKとして活動をするtakaも所属)“ジャニーズ事務所所属”というだけでやはりキラキラして映り、当時中学生だったけど「テレビに出て、人気があって、楽しそうだな。」と漠然と思っていたんだけれど…NEWSは本当に、今に至るまでメンバーの脱退、活動休止が相次ぎ波乱万丈なグループ活動を余儀なくされる。
当時、メンバー脱退が相次ぐ最中、周りからの反応が「いちごのないショートケーキ」「具のないおでん」と言われていたことを、加藤が悔しかったと語っていることもあった。様々な経験、いろんな思いを抱えて現在の小山慶一郎、加藤成亮、増田貴久、手越祐也の4人となり、2011年に加藤は小説家としての活動を決意。翌年2012年に今回紹介をする「ピンクとグレー」で小説家・加藤シゲアキとしてデビューをする。

文章:おくはらしおり Twitter:@okuhara1990
サムネイル:makiko orihara Twitter:@mo_orih

このアーティストの関連記事

COLUMN LIST連載コラム一覧

  • おじさんの眼
  • ロフトレーベルインフォメーション
  • イノマー<オナニーマシーン>の『自慰伝(序章)』
  • ISHIYA 異次元の常識
  • 鈴木邦男(文筆家・元一水会顧問)の右顧左眄
  • 月刊牧村
  • 絵恋ちゃんの ああ えらそうに コラムが書きたい
  • おくはらしおり(阿佐ヶ谷ロフトA)のホントシオリ
  • 石丸元章「半径168センチの大問題」
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の歴史のふし穴
  • 煩悩放出 〜せきしろの考えたこと〜
  •  朗読詩人 成宮アイコの「されど、望もう」
  • 今野亜美のスナック亜美
  • 山脇唯「2SEE MORE」
  • 大島薫の「マイセルフ、ユアセルフ。」
  • 能町みね子 新中野の森 アーティストプロジェクト
  • 能町みね子 中野の森BAND
  • アーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生
  • 戌井昭人の想い出の音楽番外地
  • さめざめの恋愛ドキュメンタリー
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の ああ夢城
  • 吉田 豪の雑談天国(ニューエストモデル風)
  • ゲッターズ飯田のピンチをチャンスに変えるヒント
  • 最終少女ひかさ 但野正和の ローリングロンリーレビュー
  • 吉村智樹まちめぐ‼
  • いざゆかんとす関西版
  • エンドケイプの室外機マニア
  • 日高 央(ヒダカトオル)のモアベタ〜よ〜
  • ザッツ団地エンターテイメン棟
  • 劔樹人&森下くるみの「センチメンタル「非」交差点」
  • 三原重夫のビギナーズ・ドラム・レッスン
  • ポーラーサークル~未知なる漫画家オムニバス羽生生純×古泉智浩×タイム涼介×枡野浩一
  • the cabs 高橋國光「アブサロム、または、ぼくの失敗における」
  • “ふぇのたす”ちひろ's cooking studio
  • JOJO広重の『人生非常階段』〜今月のあなたの運勢〜
  • マリアンヌ東雲 悦楽酒場
  • 大谷雅恵 人生いつでも初体験
  • ジュリエットやまだのイケメンショッキング
  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ ロック再入門
  • 岡留安則 “沖縄からの『書くミサイル』”「噂の真相」極東番外地編
  • 高須基仁 メディア論『裏目を読んで半目張る』
  • 田中 優 環境はエンタメだ!
  • 雨宮処凛 一生バンギャル宣言!
  • 大久保佳代子 ガールズトーーーク!!!!!
  • DO THE HOPPY!!!!!
ライブハウスの現状
癒されたいカルチャー
休刊のおしらせ
松本ロフト
ロフトアーカイブス
復刻
lpo
lpo