Rooftop ルーフトップ

COLUMN

l.30(最終回)「BEAT CRUSADERS」

vol.30(最終回)「BEAT CRUSADERS」

2015.03.02

BECR.jpg
 「過去の偉大なアーティストを21世紀の今、ゾンビの如く蘇らせる」をテーマに2年間も好き勝手書かせていただき、ご愛読ありがとうございました。最終回は手前味噌で恐縮ですが、BEAT CRUSADERS(ビート・クルセイダーズ。以下ビークル)をテーマにお別れです。
 1997年、CR JAPANというPUNK専門輸入盤CD問屋(V.A.『Skankin' In The Pit』のリリース等も手がける)にてサラリーマンをしていたワタクシが、高校の同級生イワハラさんと共に始めたローファイUNIT(当時はBeckやSEBADOHのような音楽性)がビークルでした。HIP HOP的サンプリングや、リズム隊にサポートを迎えてダルなオリジナル曲を演奏。
 サポ面が入れ替わり立ち替わりする中、徐々に広まってきたメロディックPUNKの影響もあり、スターリンやラフィンでBANDに目覚めた俺の血が騒ぎ、オリジナル曲がPUNK化。仕事が忙しくなったイワハラの脱退を受け、araki、umu、thaiとメンバーが固定化された99年、俺はyes, mama okやシンバルズが在籍し、後にガガガSP等を輩出するLD&Kに転職しており、自身の仕事とBAND活動をキッチリ分けるべくビークルはLASTRUMよりインディー・デビュー。サラリーマンゆえ正体を隠す+DEVOやTOY DOLLS風に記号化、匿名化を図るため、紙のお面を着用。
 メロディックのみならずSKAでもEMOでも、PUNKと名の付く音楽であれば何でも吸収したビークルは4枚のアルバムを制作後、大学復帰や家業を継ぐ等実務的な理由でメンバー脱退。それを機にメンバーを一新し、思い切ってメジャー・デビュー。アニメ『BECK』を皮切りに数々の主題歌を担当させていただき、四つ打ちから、ブッチャーズ吉村さんを迎えてノイジーなサウンドまでいろいろなPOPを表現。その後も引っ切り無しに登場する若手BANDとも相対峙できるよう、ビークルのラウド化を目指した俺の意見に賛同して貰えず、2010年に解散の道を選択しました。
 さて21世紀の今、LIVEだけお面を外すビークルのスタイルは、ネット生中継やスマホでのインタラクティブな試みができません……え? LIVEもお面すれば良いって? そんなのマンウィズもセカオワも(一人だけど)いるし、万一ネットで人面をトラッキングして顔が隠せるなら面白いかもしれませんが、その頃にはビークルの音楽性も完全に過去の遺物でしょう。10年もすれば同窓会的な気持ちも出るかもしれませんが、とにかくオールディーズから最新の音楽まで好きな自分にとっては、ビークルでできることはやり尽くしてしまった気持ちです。他に何か新しい面白いこと思いついて実行できます? もしそうならアナタこそ今すぐお面を被ってビークルを演るべき……何たってお面BANDですから! 連載共々本当にありがとうございました。気が向いたらザ・スターベムズのLIVEで会いましょう。
 

hidaka_201310.jpg

ヒダカトオル
 1968年6月5日、千葉県生まれのB型。働きながらインディー・デビューした元リーマン・ロッカー。
 1997年BEAT CRUSADERS結成、2010年散開。BEAT CRUSADERSで活動中から数々の楽曲提供やプロデュースも行ない、木村カエラ、高橋瞳、メロン記念日ら女性陣のバックアップから、GOING UNDER GROUND、磯部正文等、男性アーティストのプロデュースを手掛ける。
 2010年10月にはMONOBRIGHTと結婚(電撃加入)、2012年離婚(脱退)。2011年には“A.O.R”をテーマにヒダカトオルとフェッドミュージックを結成、2012年岩手のイベントで有終の美を飾る。
 そして、2013年、新バンドTHE STARBEMSが始動!

http://www.thestarbems.com/
http://www.hidakatoru.com/

 
このアーティストの関連記事

THE STARBEMS
2ndアルバム『Vanishing City』

徳間ジャパン TKCA-74158
価格:3,000円(税込)
絶賛発売中!!

LIVE INFOライブ情報

■3月9日(月)東京:新木場STUDIO COAST(MOBSTYLES 15th Anniversary TOUR “FIGHT & MOSH”/with:10-FEET、THE BACK HORN) ■3月13日(金)鹿児島:SR HALL(WALK INN CIRCUS/with:BACKSKiD) ■3月14日(土)熊本:熊本B.9ほか市内ライブハウス(HAPPY JACK 2015) ■3月15日(日)福岡:福岡市天神地区ライブハウス(TENJIN ONTAQ) ■3月21日(土)東京:TSUTAYA O-EASTほか(Zephyren presents A.V.E.S.T project vol.8) ■4月18日(日)長野:駒ヶ根 G-Studio NIRVASH(阿智ファームライブ Vol.1『魂疾走〜駒ヶ根篇』/with:SPREAD、SCOTLAND GIRL、GOOFY'S HOLIDAY、THE POP69CAFE) ■4月19日(日)愛知:名古屋Electric Lady Land(Gacharic Spin『赤裸ライアー』ツアー) ■4月25日(土)東京:下北沢ReG(下北沢ReG 5th Anniversary LIVE 〜NOW AND EVER〜/出演:LAUGHIN' NOSE、ニューロティカ、BLUECLOUD) ■5月5日(火・祝)千葉:幕張海浜公園 特設会場(JAPAN JAM BEACH 2015) ■5月24日(日)沖縄:桜坂セントラル(southerndeli agoo 10th anniversary party 〜ブタで10年大したもんでしょ?〜/with:ASPARAGUS、BLACK BUCK)

COLUMN LIST連載コラム一覧

  • おじさんの眼
  • ロフトレーベルインフォメーション
  • イノマー<オナニーマシーン>の『自慰伝(序章)』
  • ISHIYA 異次元の常識
  • 鈴木邦男(文筆家・元一水会顧問)の右顧左眄
  • 月刊牧村
  • 「LOFTと私」五辺宏明
  • 絵恋ちゃんの ああ えらそうに コラムが書きたい
  • おくはらしおり(阿佐ヶ谷ロフトA)のホントシオリ
  • 石丸元章「半径168センチの大問題」
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の歴史のふし穴
  • 煩悩放出 〜せきしろの考えたこと〜
  •  朗読詩人 成宮アイコの「されど、望もう」
  • 今野亜美のスナック亜美
  • 山脇唯「2SEE MORE」
  • 大島薫の「マイセルフ、ユアセルフ。」
  • 能町みね子 新中野の森 アーティストプロジェクト
  • 能町みね子 中野の森BAND
  • アーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生
  • 戌井昭人の想い出の音楽番外地
  • さめざめの恋愛ドキュメンタリー
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の ああ夢城
  • 吉田 豪の雑談天国(ニューエストモデル風)
  • ゲッターズ飯田のピンチをチャンスに変えるヒント
  • 最終少女ひかさ 但野正和の ローリングロンリーレビュー
  • 吉村智樹まちめぐ‼
  • いざゆかんとす関西版
  • エンドケイプの室外機マニア
  • 日高 央(ヒダカトオル)のモアベタ〜よ〜
  • ザッツ団地エンターテイメン棟
  • 劔樹人&森下くるみの「センチメンタル「非」交差点」
  • 三原重夫のビギナーズ・ドラム・レッスン
  • ポーラーサークル~未知なる漫画家オムニバス羽生生純×古泉智浩×タイム涼介×枡野浩一
  • the cabs 高橋國光「アブサロム、または、ぼくの失敗における」
  • “ふぇのたす”ちひろ's cooking studio
  • JOJO広重の『人生非常階段』〜今月のあなたの運勢〜
  • マリアンヌ東雲 悦楽酒場
  • 大谷雅恵 人生いつでも初体験
  • ジュリエットやまだのイケメンショッキング
  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ ロック再入門
  • 岡留安則 “沖縄からの『書くミサイル』”「噂の真相」極東番外地編
  • 高須基仁 メディア論『裏目を読んで半目張る』
  • 田中 優 環境はエンタメだ!
  • 雨宮処凛 一生バンギャル宣言!
  • 大久保佳代子 ガールズトーーーク!!!!!
  • DO THE HOPPY!!!!!
6th
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻