Rooftop ルーフトップ

COLUMN

l.27「リンプ・ビズキット」

vol.27「リンプ・ビズキット」

2014.12.01

 
limp_bizkit.jpg
 スターベムズの2ndアルバム『VANISHING CITY』は聴いたかな? いよいよレコ発ツアーも始まるので、皆さん遊びに来て下さいな! というわけで今回は、アルバムRec.時にリファレンス(参考に)した、リンプ・ビズキットをご紹介します。
 当時はラップ・メタルと呼ばれていたラウドROCK界で、すでに絶大な支持を得ていたKoЯnに見出され、97年に華々しくデビュー。それまでダークな楽曲や印象の強かったラップ・メタル勢と違い、スポーティーなファッション性や、徹底的に明るい(と言うかチャラい)キャラクター……特にVo.フレッド・ダーストの歯に衣着せぬ発言や、数々のセレブとの交流やスキャンダルは、ゴシップ誌と共にヒット・チャートをも賑わせ、一躍時代の寵児となります。
 HIP HOP的バウンシーなリズムに、爆発力の高いディストーション・ギター、そしてVo.フレッドの変幻自在な声やRAPは強力で、その音楽的なクリエイティビティはROCKファン及びブラック・ミュージックのファンからも熱い支持を得ます(反動でアンチも多かったし、実際敵も多かったのですが)。
 脇を固めるメンバーたちも強力で、奇怪な白塗りや謎の衣装に身を包み「メンバーに1人は変な奴」ムーブメントを作ったGt.のウェス・ボーランドや、もともとハウス・オブ・ペインとして数々のヒットを飛ばしたDJリーサルは、リンプの人気をビジュアル面でもサウンド面でも支えた、特に個性的な2人。音、絵面、スキャンダラスと三拍子揃った彼らの人気は凄まじく、2000年発表の3rdアルバムは全世界で1千万枚を超える大ヒットを記録。
 しかしGt.ウェスがバンドを脱退した2001年辺りからバンドは失速し(ウェスは後に復帰)、フレッドは映画にチャレンジしたり、メンバーたちも別プロジェクトを始めるなどしてバンドは2006年に活動休止。2009年には復活し新譜を発表するも、長年所属してフレッドは副社長まで務めたインタースコープ・レコードから離脱したり、DJリーサルがドラッグ問題で解雇されるなど、相変わらずトラブル続きの模様。
 目下の最新作、2011年の『ゴールド・コブラ』も秀作ですが、大きな進歩はない作品ということで往年のファンだけを満足させている現状。そんなリンプ・ビズキットを21世紀の今、さらに大きく飛躍させる鍵は……せっかくのチャラいキャラを活かして、思いっきりEDMに振り切るのはどうでしょう? 現在のチャラい王、スティーブ青木とガッツリ組んでコラボ・シングルとか、ブリング・ミー・ザ・ホライズン辺りのメタルコア勢からもリスペクトを集めてるはずなので、そっちと組むのもアリ。フレッドにはまた派手なチャンネーと浮名を流して、現代のドンファンとして元気なとこを見せて欲しいものです!
 
 

hidaka_201310.jpg

ヒダカトオル
 1968年6月5日、千葉県生まれのB型。働きながらインディー・デビューした元リーマン・ロッカー。
 1997年BEAT CRUSADERS結成、2010年散開。BEAT CRUSADERSで活動中から数々の楽曲提供やプロデュースも行ない、木村カエラ、高橋瞳、メロン記念日ら女性陣のバックアップから、GOING UNDER GROUND、磯部正文等、男性アーティストのプロデュースを手掛ける。
 2010年10月にはMONOBRIGHTと結婚(電撃加入)、2012年離婚(脱退)。2011年には“A.O.R”をテーマにヒダカトオルとフェッドミュージックを結成、2012年岩手のイベントで有終の美を飾る。
 そして、2013年、新バンドTHE STARBEMSが始動!

http://www.thestarbems.com/
http://www.hidakatoru.com/

 
このアーティストの関連記事

THE STARBEMS
2ndアルバム『Vanishing City』

徳間ジャパン TKCA-74158
価格:3,000円(税込)
2014年11月12日発売

amazonで購入

1. Working Youths
2. Sublime
3. Let Lights Shine
4. Vanishing City
5. The Midnight Sun
6. Pitfalls
7. Sweet Nothing Blues
8. Dinosaur Boy
9. Vengeance Sea
10. Everybody Needs Somebody
11. Burning Heart
12. Pig Ministry
13. Evening Star / Morning Star

LIVE INFOライブ情報

Live info. 【VANISHING CITY TOUR 2014】 ■2014年12月10日(水)渋谷 TSUTAYA O-WEST(GUEST:Northern19) 【EVENT】 ■2014年12月4日(木)shibuya eggman(音流小演会 WINTER FESTIVAL 2014/日高央が弾き語りで出演) ■2015年1月30日(金)大阪:北堀江club vijon(OTOCO WHEEL/日高央が「GALLOW」として出演)

COLUMN LIST連載コラム一覧

  • おじさんの眼
  • ロフトレーベルインフォメーション
  • イノマー<オナニーマシーン>の『自慰伝(序章)』
  • ISHIYA 異次元の常識
  • 鈴木邦男(文筆家・元一水会顧問)の右顧左眄
  • 月刊牧村
  • 絵恋ちゃんの ああ えらそうに コラムが書きたい
  • おくはらしおり(阿佐ヶ谷ロフトA)のホントシオリ
  • 石丸元章「半径168センチの大問題」
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の歴史のふし穴
  • 煩悩放出 〜せきしろの考えたこと〜
  •  朗読詩人 成宮アイコの「されど、望もう」
  • 今野亜美のスナック亜美
  • 山脇唯「2SEE MORE」
  • 大島薫の「マイセルフ、ユアセルフ。」
  • 能町みね子 新中野の森 アーティストプロジェクト
  • 能町みね子 中野の森BAND
  • アーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生
  • 戌井昭人の想い出の音楽番外地
  • さめざめの恋愛ドキュメンタリー
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の ああ夢城
  • 吉田 豪の雑談天国(ニューエストモデル風)
  • ゲッターズ飯田のピンチをチャンスに変えるヒント
  • 最終少女ひかさ 但野正和の ローリングロンリーレビュー
  • 吉村智樹まちめぐ‼
  • いざゆかんとす関西版
  • エンドケイプの室外機マニア
  • 日高 央(ヒダカトオル)のモアベタ〜よ〜
  • ザッツ団地エンターテイメン棟
  • 劔樹人&森下くるみの「センチメンタル「非」交差点」
  • 三原重夫のビギナーズ・ドラム・レッスン
  • ポーラーサークル~未知なる漫画家オムニバス羽生生純×古泉智浩×タイム涼介×枡野浩一
  • the cabs 高橋國光「アブサロム、または、ぼくの失敗における」
  • “ふぇのたす”ちひろ's cooking studio
  • JOJO広重の『人生非常階段』〜今月のあなたの運勢〜
  • マリアンヌ東雲 悦楽酒場
  • 大谷雅恵 人生いつでも初体験
  • ジュリエットやまだのイケメンショッキング
  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ ロック再入門
  • 岡留安則 “沖縄からの『書くミサイル』”「噂の真相」極東番外地編
  • 高須基仁 メディア論『裏目を読んで半目張る』
  • 田中 優 環境はエンタメだ!
  • 雨宮処凛 一生バンギャル宣言!
  • 大久保佳代子 ガールズトーーーク!!!!!
  • DO THE HOPPY!!!!!
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
癒されたいカルチャー
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻