Rooftop ルーフトップ

COLUMN

トップコラム日高 央(ヒダカトオル)のモアベタ〜よ〜vol.24「コートニー・ラブ(ホール)」

l.24「コートニー・ラブ(ホール)」

vol.24「コートニー・ラブ(ホール)」

2014.10.22

hole.jpgのサムネイル画像
 
 猛暑は徐々に落ち着きつつも、まだまだ暑い夏が続く日々……でもそれは同時にフェスで音楽を楽しめる季節でもあるので嬉し痒し! スターベムズもたくさんのフェスにお呼ばれしててありがたい限りですが、やはり初フジロック出演は感慨深かったぁ……漫画『BECK』さながら、音に引き寄せられ徐々に増えるオーディエンスのみんなが、最高の夏を演出してくれました。我々の後に出てたホワイト・ラングも、長身な女性たちが繰り出すPUNKサウンドで最高だったし! そこでふと思い出したのがコートニー・ラブ……カート・コバーンの妻にしてホールを率いる豪傑女子ながら、ガーリー・カルチャーを築き上げたセンスの持ち主でもあります……最近はあまり良いニュースが聞こえてこない彼女をフックアップ!
 ウィキペディアでは散々な書かれようのコートニーですが、グランジ全盛のマッチョな90年代に、L7やベイブス・イン・トイランドらと共に<ライオット・ガール>シーンの中核を担った存在でもあります……1970年代に起こったフェミニズム運動に比べると、もっとカルチャー寄りなムーブメントとして、女性による芸術的な表現、社会的な自由の獲得を求めたライオット・ガール運動は、改めて振り返ってもたくさんのクールな足跡を残しましたが、ファッションを活かすためならば人前でノーブラやノーパンも辞さないコートニーは絶好のロールモデルでもあり、また裏返せばそれはマスコミや差別主義的な人々から格好の餌食だったのです。
 ニルヴァーナの元メンバーたちとの確執や数々の色恋話など、スキャンダラスな側面ばかりが取り沙汰されがちなコートニーは、そもそも10代の頃にフェイス・ノー・モアのVo.を務めたり、ホールの1stアルバムはソニック・ユースのキムがプロデュースするなど、インディーROCK界隈での交流や信用は既に高かったのです。ヒット・シングル『ヴァイオレット』や『セレブリティ・スキン』のアッパーで激しいイメージから生粋のPUNK娘感が先行しますが、『ドール・パーツ』や『マリブ』などスローやミドルなシングルにも名曲が多く、実は繊細なソングライターであり、おなじみMTVのアンプラグドでもエコー&ザ・バニーメンの『キリング・ムーン』をカバーするなどニュー・ウェーヴへの造詣も深く、彼女の多才さが窺い知れます。
 2002年の解散から、元メンバーを一切起用しなかった2010年の再結成と、結局またドタバタしつつ、最近はすっかりホール関連のニュースも聞かれなくなりました……激しいアクトと、それとは裏腹なキュート&ガーリーなファッション・センスのマッチングが絶妙だったコートニーの魅力を(早すぎた「けいおん!」だ!)、今こそ貴女が再現してみては?
 
 

hidaka_201310.jpg

ヒダカトオル
 1968年6月5日、千葉県生まれのB型。働きながらインディー・デビューした元リーマン・ロッカー。
 1997年BEAT CRUSADERS結成、2010年散開。BEAT CRUSADERSで活動中から数々の楽曲提供やプロデュースも行ない、木村カエラ、高橋瞳、メロン記念日ら女性陣のバックアップから、GOING UNDER GROUND、磯部正文等、男性アーティストのプロデュースを手掛ける。
 2010年10月にはMONOBRIGHTと結婚(電撃加入)、2012年離婚(脱退)。2011年には“A.O.R”をテーマにヒダカトオルとフェッドミュージックを結成、2012年岩手のイベントで有終の美を飾る。
 そして、2013年、新バンドTHE STARBEMSが始動!

http://www.thestarbems.com/
http://www.hidakatoru.com/

 
このアーティストの関連記事

徳間ジャパンに移籍&2ndアルバム
『Vanishing City』(ヴァニシング・シティ)

TKCA-74158/価格:3,000円(税込)
11月12日に発売決定!

THE STARBEMS
ULTRA RENEGADES E.P.

【収録曲】
01. LET LIGHTS SHINE
02. PITFALLS
03. BOYZ OF NATIONZ
04. King Kong Five(Mano Negraカバー曲)

KISS FACTORY RECORDS HICC-3869
定価:1,000円+税/2014年6月4日(水)発売

LIVE INFOライブ情報

Live info. 9月15日(月・祝)渋谷clubasia(東京激ロックDJパーティー EDGE-CRUSHER VOL.82 〜11th ANNIVERSARY PARTY〜)*日高がDJとして出演 9月21日(日)山形県米沢市小野川スキー場(DOORS TO FREEDOM 2014) 10月5日(日)Wakaura Kataonami Beach(KISHU ROCK IMAPCT 2014) 10月13日(月・祝)横浜 BAYHALL(BAYROCK 2014)

COLUMN LIST連載コラム一覧

  • おじさんの眼
  • ロフトレーベルインフォメーション
  • イノマー<オナニーマシーン>の『自慰伝(序章)』
  • ISHIYA 異次元の常識
  • 鈴木邦男(文筆家・元一水会顧問)の右顧左眄
  • 月刊牧村
  • 「LOFTと私」五辺宏明
  • 絵恋ちゃんの ああ えらそうに コラムが書きたい
  • おくはらしおり(阿佐ヶ谷ロフトA)のホントシオリ
  • 石丸元章「半径168センチの大問題」
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の歴史のふし穴
  • 煩悩放出 〜せきしろの考えたこと〜
  •  朗読詩人 成宮アイコの「されど、望もう」
  • 今野亜美のスナック亜美
  • 山脇唯「2SEE MORE」
  • 大島薫の「マイセルフ、ユアセルフ。」
  • 能町みね子 新中野の森 アーティストプロジェクト
  • 能町みね子 中野の森BAND
  • アーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生
  • 戌井昭人の想い出の音楽番外地
  • さめざめの恋愛ドキュメンタリー
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の ああ夢城
  • 吉田 豪の雑談天国(ニューエストモデル風)
  • ゲッターズ飯田のピンチをチャンスに変えるヒント
  • 最終少女ひかさ 但野正和の ローリングロンリーレビュー
  • 吉村智樹まちめぐ‼
  • いざゆかんとす関西版
  • エンドケイプの室外機マニア
  • 日高 央(ヒダカトオル)のモアベタ〜よ〜
  • ザッツ団地エンターテイメン棟
  • 劔樹人&森下くるみの「センチメンタル「非」交差点」
  • 三原重夫のビギナーズ・ドラム・レッスン
  • ポーラーサークル~未知なる漫画家オムニバス羽生生純×古泉智浩×タイム涼介×枡野浩一
  • the cabs 高橋國光「アブサロム、または、ぼくの失敗における」
  • “ふぇのたす”ちひろ's cooking studio
  • JOJO広重の『人生非常階段』〜今月のあなたの運勢〜
  • マリアンヌ東雲 悦楽酒場
  • 大谷雅恵 人生いつでも初体験
  • ジュリエットやまだのイケメンショッキング
  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ ロック再入門
  • 岡留安則 “沖縄からの『書くミサイル』”「噂の真相」極東番外地編
  • 高須基仁 メディア論『裏目を読んで半目張る』
  • 田中 優 環境はエンタメだ!
  • 雨宮処凛 一生バンギャル宣言!
  • 大久保佳代子 ガールズトーーーク!!!!!
  • DO THE HOPPY!!!!!
6th
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻