Rooftop ルーフトップ

COLUMN

l.20「トーキング・ヘッズ」

vol.20「トーキング・ヘッズ」

2014.05.13

talking_heads_web.jpg

 アメリカでのSXSW出演&レコーディングを終え、帰国直後からLIVE三昧の日々を過ごしている我々ザ・スターベムズですが、海外ではバーやパブでの演奏が当たり前だったので、足下にころがしモニターがあって、演奏の音量をバッチリ調節してもらえる日本のライブハウスの感覚に戻るのが大変だったりして……贅沢な環境でLIVEできる日々に感謝しつつ、ある意味、劣悪な? プリミティブな環境だからこそ鍛え上げられるアメリカンな音楽体質に憧れたりもしつつ。ゆえにマッチョなサウンドになりがちな米国にて、何とも奇妙な進化・発展を遂げて、遂にはロックンロールの殿堂入りしたトーキング・ヘッズを取り上げて、現代に生きる我々の参考にしてみたいと思います!
 1974年に産声を上げた彼らは(続いていれば40周年!)、NYの美術学校の生徒たちによるバンドらしく初期から実験的精神に溢れ、パフォーマンスや演劇的な要素も含んでいたようです……日本だとそういうの鼻につく時もあるけど、伝説の聖地CBGBにてラモーンズの前座としてデビューしただけあって、ただのインテリ兄ちゃんとしてではなく、NY PUNXの一員としてエッジィな存在でした。
 最初のヒット曲がR&Bの名シンガー、アル・グリーン『テイク・ミー・トゥ・ザ・リヴァー』のカヴァーだっただけあって、ヘッズは当初からブラック・ミュージックの影響を色濃く出していました。普通ならもっとベタなファンクとか、甘ったるい歌物に行くところを、彼らはVo.でリーダーのデヴィッド・バーンの甲高い声で叫んだりする鋭い歌唱法や、跳ねるリズム隊のおかげで、それまでのファンクROCKとは全然違うサウンドを獲得。隙間を重視したアレンジは、その後のクラブ・ミュージックや、現代のディスコPUNKにも多大な影響を与えており、いわゆるニュー・ウェーヴの先駆けとなったのです。
 先鋭的なバンドの宿命ゆえか度々の活動停止を挟みながら91年に解散。デヴィッド・バーンがソロで取り組んだアンビエントや南米音楽へのアプローチも素晴らしいし、リズム隊夫妻によるトム・トム・クラブも最高だし、Gt.ジェリー・ハリソンはクラッシュ・テスト・ダミーズやノー・ダウトのプロデュースでヒットを飛ばすなど、個々でも本当に天才ミュージシャンたちだったゆえに、逆によく20年近く持ったなというのもありますが……そんなヘッズが2010年代に華麗なる復活を遂げたとしたら!
 クラブっぽいアプローチは想定内だし、実際デヴィッド・バーンがフィーチャリングされたX-Press 2『Lazy』がヒットしたり、トム・トム・クラブはいまだにクラブでヘヴィロテされてるから……いっそカオティック・ハードコアってのはどう! 甲高いシャウトとポリリズム的な演奏で、まるでコンヴァージみたいになるハズ! NY PUNXとしてアティチュードもあるしね♪

 

hidaka_201310.jpg

ヒダカトオル
 1968年6月5日、千葉県生まれのB型。働きながらインディー・デビューした元リーマン・ロッカー。
 1997年BEAT CRUSADERS結成、2010年散開。BEAT CRUSADERSで活動中から数々の楽曲提供やプロデュースも行ない、木村カエラ、高橋瞳、メロン記念日ら女性陣のバックアップから、GOING UNDER GROUND、磯部正文等、男性アーティストのプロデュースを手掛ける。
 2010年10月にはMONOBRIGHTと結婚(電撃加入)、2012年離婚(脱退)。2011年には“A.O.R”をテーマにヒダカトオルとフェッドミュージックを結成、2012年岩手のイベントで有終の美を飾る。
 そして、2013年、新バンドTHE STARBEMSが始動!

http://www.thestarbems.com/
http://www.hidakatoru.com/

 
このアーティストの関連記事

THE STARBEMS
ULTRA RENEGADES E.P.

KISS FACTORY RECORDS HICC-3869
定価:1,000円+税/2014年6月4日(水)発売

【収録曲】
01. LET LIGHTS SHINE
02. PITFALLS
03. BOYZ OF NATIONZ
04. King Kong Five(Mano Negraカバー曲)

LIVE INFOライブ情報

THE STARBEMS ULTRA OPERATION TOUR2014 6月12日(木)和歌山CLUB GATE 6月14日(土)福岡Queblick 6月15日(日)広島ナミキジャンクション 6月20日(金)高松DIME 6月21日(土)大阪梅田Zeela 6月22日(日)名古屋池下CLUB UPSET 6月25日(水)札幌BESSIE HALL 6月27日(金)大船渡LIVEHOUSE FREAKS 6月28日(土)仙台PARK SQUARE 6月29日(日)福島club SONIC iwaki 7月10日(木)高崎SUN BURST 7月12日(土)長野LIVE HOUSE J 7月13日(日)新代田FEVER ★全公演 前売り¥3,100(ドリンク代別)

COLUMN LIST連載コラム一覧

  • おじさんの眼
  • ロフトレーベルインフォメーション
  • イノマー<オナニーマシーン>の『自慰伝(序章)』
  • ISHIYA 異次元の常識
  • 鈴木邦男(文筆家・元一水会顧問)の右顧左眄
  • 月刊牧村
  • 「LOFTと私」五辺宏明
  • 絵恋ちゃんの ああ えらそうに コラムが書きたい
  • おくはらしおり(阿佐ヶ谷ロフトA)のホントシオリ
  • 石丸元章「半径168センチの大問題」
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の歴史のふし穴
  • 煩悩放出 〜せきしろの考えたこと〜
  •  朗読詩人 成宮アイコの「されど、望もう」
  • 今野亜美のスナック亜美
  • 山脇唯「2SEE MORE」
  • 大島薫の「マイセルフ、ユアセルフ。」
  • 能町みね子 新中野の森 アーティストプロジェクト
  • 能町みね子 中野の森BAND
  • アーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生
  • 戌井昭人の想い出の音楽番外地
  • さめざめの恋愛ドキュメンタリー
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の ああ夢城
  • 吉田 豪の雑談天国(ニューエストモデル風)
  • ゲッターズ飯田のピンチをチャンスに変えるヒント
  • 最終少女ひかさ 但野正和の ローリングロンリーレビュー
  • 吉村智樹まちめぐ‼
  • いざゆかんとす関西版
  • エンドケイプの室外機マニア
  • 日高 央(ヒダカトオル)のモアベタ〜よ〜
  • ザッツ団地エンターテイメン棟
  • 劔樹人&森下くるみの「センチメンタル「非」交差点」
  • 三原重夫のビギナーズ・ドラム・レッスン
  • ポーラーサークル~未知なる漫画家オムニバス羽生生純×古泉智浩×タイム涼介×枡野浩一
  • the cabs 高橋國光「アブサロム、または、ぼくの失敗における」
  • “ふぇのたす”ちひろ's cooking studio
  • JOJO広重の『人生非常階段』〜今月のあなたの運勢〜
  • マリアンヌ東雲 悦楽酒場
  • 大谷雅恵 人生いつでも初体験
  • ジュリエットやまだのイケメンショッキング
  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ ロック再入門
  • 岡留安則 “沖縄からの『書くミサイル』”「噂の真相」極東番外地編
  • 高須基仁 メディア論『裏目を読んで半目張る』
  • 田中 優 環境はエンタメだ!
  • 雨宮処凛 一生バンギャル宣言!
  • 大久保佳代子 ガールズトーーーク!!!!!
  • DO THE HOPPY!!!!!
6th
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻