Rooftop ルーフトップ

COLUMN

l.19「ゲイリー・ニューマン」

vol.19「ゲイリー・ニューマン」

2014.04.09

0-111008-00.jpg 良からぬ事件や事故が続く日々、元気にサバイブしてますか? 旧き良き時代のアーティストを振り返りつつ、もしも現代に甦ったなら……を妄想する当連載、何と今回はアメリカから書いております! サウス・バイ・サウス・ウェスト(通称サウスバイ。以下SXSW)という全米、いや世界一の音楽見本市(テキサス州オースチンの市街地全体で繰り広げられるサーキット・イベント)に、何とスターベムズも出演させていただいた次第。世界中の、そしてジャンルを超えた刺激的な音楽の集いはエキサイティングでありました(過去にここで取り上げたスパンダー・バレエも出演)! 今回はSXSW出場者の中でもかなり古株になるであろうゲイリー・ニューマンを取り上げましょう。
 1976年にチューブウェイ・アーミーというNEW WAVEバンドでデビューした彼は、PUNK全盛期に先鋭的なシンセ・サウンドを駆使してヒットを飛ばし、79年のバンド解散後ソロとして発表したシングル『カーズ』が世界中で大ヒットして一躍その名を知られたエッジィなミュージシャン。爬虫類のような妖艶なルックスと、中性的な声はかなり個性的で、本当にサイボーグなんじゃないかと思わせる妖しさで人気を誇りましたが、80年代半ばにメジャー契約を失ったり、バンドメンバーの不慮の死など不幸が続き、いつの間にか『カーズ』の一発屋のような扱いを受けるようになってしまいました……。
 しかし90年代に入ってマリリン・マンソンがゲイリーのカヴァーを発表したり、2000年代にはナイン・インチ・ネイルズが彼をライブに招いてセッションする等、ゴシックやインダストリアル系のアーティストから再評価を受けて復活! 色白で不健康そうだった80年代に比べると、マッチョで健康的なルックスになり、しかもロスに住んじゃうという超健康志向な現在のゲイリー・ニューマンは、当時を知らない新たなキッズを獲得して息を吹き返しました。サウンドもロック寄りになっていますが、ゴスな魅力は健在で、ルックスも含めて、ある意味ラルク・アン・シエルにも似た指向性になっているとも言えるのが2010年代のゲイリーの現状です。
 今の彼も充分魅力的ではありますが、全盛期も観てきた筆者としてはここはやはり……クラブ寄りなサウンドも鳴らしてほしいところ! 勿論、クラブMIXやリミックスも多数存在するので、フロア対応はバッチリなのですが、オリジナル曲はいかんせん『カーズ』以外、ダークで地味な印象が強いので……ここはひとつスクリレックスやスティーブ青木みたいなパーティー仕様バリバリのDJとコラボするとか、カルヴィン・ハリスみたいな歌物系のDJと作る新曲とかも良さそう! ライブハウスにもクラブにも対応出来れば、そのキャリアの長さも含めて無敵な存在になりそうだし……俺も良い歳だから色々トライしてみよ〜っと。

 

hidaka_201310.jpg

ヒダカトオル
 1968年6月5日、千葉県生まれのB型。働きながらインディー・デビューした元リーマン・ロッカー。
 1997年BEAT CRUSADERS結成、2010年散開。BEAT CRUSADERSで活動中から数々の楽曲提供やプロデュースも行ない、木村カエラ、高橋瞳、メロン記念日ら女性陣のバックアップから、GOING UNDER GROUND、磯部正文等、男性アーティストのプロデュースを手掛ける。
 2010年10月にはMONOBRIGHTと結婚(電撃加入)、2012年離婚(脱退)。2011年には“A.O.R”をテーマにヒダカトオルとフェッドミュージックを結成、2012年岩手のイベントで有終の美を飾る。
 そして、2013年、新バンドTHE STARBEMSが始動!

http://www.thestarbems.com/
http://www.hidakatoru.com/

このアーティストの関連記事

THE STARBEMS
2nd Single『タイトル未定』

1,000yen(tax out)
6.04 IN STORES
Kiss Factory Records
4曲入り

LIVE INFOライブ情報

4月10日(木)下北沢ERA
4月12日(土)木更津KAVACHI
4月13日(日)高円寺HIGH ※GALLOWでの出演
4月20日(日)渋谷GAME
4月26日(土)名古屋APOLLO BASE
4月28日(月)心斎橋Pangea
4月29日(火・祝)神戸ワールド記念ホール、神戸国際展示場2号館、神戸夙川学院大学の3会場同時開催
5月2日(金)新代田FEVER
5月5日(月・祝)ミュージックタウン音市場(3Fホール)
5月27日(火)・28日(水)渋谷TSUTAYA O-EAST / 新代田FEVER
6月1日(日)道の駅シートピアなあど駐車場特設会場


ULTRA OPERATION TOUR2014
6月12日(木)和歌山CLUB GATE
6月14日(土)福岡Queblick
6月15日(日)広島ナミキジャンクション
6月20日(金)高松DIME
6月21日(土)大阪梅田Zeela
6月22日(日)名古屋池下CLUB UPSET
6月25日(水)札幌BESSIE HALL
6月27日(金)大船渡LIVEHOUSE FREAKS
6月28日(土)仙台PARK SQUARE
6月29日(日)福島club SONIC iwaki
7月10日(木)群馬SUNBURST
7月12日(土)長野LIVE HOUSE J
7月13日(日)新代田FEVER
チケット一般発売日4/12(土)
全公演 前売り¥3,100(D別)
 

 

COLUMN LIST連載コラム一覧

  • おじさんの眼
  • ロフトレーベルインフォメーション
  • イノマー<オナニーマシーン>の『自慰伝(序章)』
  • ISHIYA 異次元の常識
  • 鈴木邦男(文筆家・元一水会顧問)の右顧左眄
  • 月刊牧村
  • 「LOFTと私」五辺宏明
  • 絵恋ちゃんの ああ えらそうに コラムが書きたい
  • おくはらしおり(阿佐ヶ谷ロフトA)のホントシオリ
  • 石丸元章「半径168センチの大問題」
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の歴史のふし穴
  • 煩悩放出 〜せきしろの考えたこと〜
  •  朗読詩人 成宮アイコの「されど、望もう」
  • 今野亜美のスナック亜美
  • 山脇唯「2SEE MORE」
  • 大島薫の「マイセルフ、ユアセルフ。」
  • 能町みね子 新中野の森 アーティストプロジェクト
  • 能町みね子 中野の森BAND
  • アーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生
  • 戌井昭人の想い出の音楽番外地
  • さめざめの恋愛ドキュメンタリー
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の ああ夢城
  • 吉田 豪の雑談天国(ニューエストモデル風)
  • ゲッターズ飯田のピンチをチャンスに変えるヒント
  • 最終少女ひかさ 但野正和の ローリングロンリーレビュー
  • 吉村智樹まちめぐ‼
  • いざゆかんとす関西版
  • エンドケイプの室外機マニア
  • 日高 央(ヒダカトオル)のモアベタ〜よ〜
  • ザッツ団地エンターテイメン棟
  • 劔樹人&森下くるみの「センチメンタル「非」交差点」
  • 三原重夫のビギナーズ・ドラム・レッスン
  • ポーラーサークル~未知なる漫画家オムニバス羽生生純×古泉智浩×タイム涼介×枡野浩一
  • the cabs 高橋國光「アブサロム、または、ぼくの失敗における」
  • “ふぇのたす”ちひろ's cooking studio
  • JOJO広重の『人生非常階段』〜今月のあなたの運勢〜
  • マリアンヌ東雲 悦楽酒場
  • 大谷雅恵 人生いつでも初体験
  • ジュリエットやまだのイケメンショッキング
  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ ロック再入門
  • 岡留安則 “沖縄からの『書くミサイル』”「噂の真相」極東番外地編
  • 高須基仁 メディア論『裏目を読んで半目張る』
  • 田中 優 環境はエンタメだ!
  • 雨宮処凛 一生バンギャル宣言!
  • 大久保佳代子 ガールズトーーーク!!!!!
  • DO THE HOPPY!!!!!
6th
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻