Rooftop ルーフトップ

COLUMN

トップコラム日高 央(ヒダカトオル)のモアベタ〜よ〜vol.16「ザ・スペシャル・エーケーエー」

l.16「ザ・スペシャル・エーケーエー」

vol.16「ザ・スペシャル・エーケーエー」

2014.01.23

hidaka_201401.jpg新年あけおめ〜&大して人気ないのに今年も連載させて貰え嬉しい、ぅわりがとうっ! 当コラムは「過去のレジェンド級アーティストを現代目線で蘇らせる」が主旨なので、昨年惜しくも逝去したレジェンド中のレジェンド、南アフリカの人種差別政策アパルトヘイトを覆し、人々に新たな希望の夜明けを魅せたネルソン・マンデラにちなんで……彼に捧げる歌でお馴染みのTHE SPECIAL AKA(ザ・スペシャル・エーケーエー)を紹介しながら2014年をスタート!
 いわゆる初期パンクと言われるセックス・ピストルズ、クラッシュ、ダムドが活躍していた70年代中期、回復しない不景気や、独裁的政権にうんざりしていた人々はパンクを始めとして次々にレベル(反抗)・ミュージックに惹かれて行くのですが、60年代にジャマイカで生まれたSKAに、PUNKのスピード感とメッセージ性を合体させた新たなレベル・ミュージックを作り、ある意味、世界最初のSKA PUNKバンドとして1977年に誕生したのが、ご存知ザ・スペシャルズ! 黒スーツ+白シャツに身を包んだクールなイメージは、レーベル名通り「2トーン」ムーブメントとして英国の若者の絶大な支持を受けるのですが、音楽的不和からアルバムたった2枚で空中分裂。Vo.のテリー・ホールらはよりPOPな音楽性を目指したファン・ボーイ・スリー結成のため脱退し、バンド創設者のジェリー・ダマーズを中心に残ったメンバーで、SKA以外のルーツ・ミュージックも取り込んだ音楽性を目指して生まれたのがスペシャルAKAです。
 当時、ポール・ウェラー御大がスタイル・カウンシルとしてソウルやR&Bを新解釈していた事と呼応するように、ジェリー・ダマーズもSKA以外のブラック・ミュージック、特にJAZZを取り入れる事で新たなレベル・ミュージックの創造に挑戦し、バンド最大のヒット曲『ネルソン・マンデラ』にそれが結実するのです……やんちゃだったSKAから大人なレゲエに発展し、一見大人しく感じられるサウンドも、実は尖りまくってたJAZZの影響を隠し味に加えて、更に当時、南アフリカ政府に不当逮捕されていた人種差別撤廃のヒーロー、ネルソン・マンデラを開放せよ! という強いメッセージを乗せるという大胆さ……そしてそんなアグレッシヴな曲がナショナル・チャートに堂々とランクインする痛快さ!
 しかしコマーシャルな成功は多くの誤解や犠牲を生むためか、ジェリーは心労でダウンし、アルバム1枚でグループは消滅……その後に再結成されるスペシャルズにもジェリーの姿はありませんでした。サウンド面もファション面も、あまりにも早過ぎた先見性を持つがゆえに、時代とのズレが辛かったのかもしれません。そんなスペシャルAKA、21世紀の今ならまんま復活して良いのではないでしょうか? っつかして欲しい♪

 

hidaka_201310.jpg

ヒダカトオル
 1968年6月5日、千葉県生まれのB型。働きながらインディー・デビューした元リーマン・ロッカー。
 1997年BEAT CRUSADERS結成、2010年散開。BEAT CRUSADERSで活動中から数々の楽曲提供やプロデュースも行ない、木村カエラ、高橋瞳、メロン記念日ら女性陣のバックアップから、GOING UNDER GROUND、磯部正文等、男性アーティストのプロデュースを手掛ける。
 2010年10月にはMONOBRIGHTと結婚(電撃加入)、2012年離婚(脱退)。2011年には“A.O.R”をテーマにヒダカトオルとフェッドミュージックを結成、2012年岩手のイベントで有終の美を飾る。
 そして、2013年、新バンドTHE STARBEMSが始動!

http://www.thestarbems.com/
http://www.hidakatoru.com/

このアーティストの関連記事

THE STARBEMS
SAD MARATHON WITH VOMITING BLOOD

限定盤(CD+DVD) DFCL-2008,09 / 3,200yen (tax in)
通常盤(CD)DFCL-2010 / 2,800yen (tax in)
IN STORES NOW
※限定盤、通常盤ともに初回には特製アルバムステッカーが封入

ゲストミュージシャン
KYONO(WAGDUG FUTURISTIC UNITY、T.C.L、!!!KYONO+DJBAKU!!!)
Endy(GOOFY'S HOLIDAY)
笠原 健太郎(Northern19)
越川珠里 a.k.a DJ Princess Cut

amazonで購入

DISC1
1. DESTINY
2. THE CRACKI'
3. MAXIMUM ROCK'N'ROLL
4. WISE BLOOD
5. ARE U SURE?
6. INSIDE OUT
7. NO REACTION
8. FUCKIN' IN THE AIR
9. HIGH RISK
10. FORGIVENESS
11. HUMAN RIGHTS
12. DREADRONE
13. GOOD-BYE LOVE

DISC2
1. DESTINY (VIDEO CLIP)
2. THE CRACKIN' (VIDEO CLIP)
3. THE SEARCH FOR ANIMAL CHIN 東北ライブハウス大作戦ツアー “PLACE TO PLAY 2013”

LIVE INFOライブ情報

THE STARBEMS presents ULTRA FIGHT
2月21日(金)名古屋HUCK FINN
2月23日(日)渋谷club QUATTRO

3月“SXSW 2014”出演決定

COLUMN LIST連載コラム一覧

  • おじさんの眼
  • ロフトレーベルインフォメーション
  • イノマー<オナニーマシーン>の『自慰伝(序章)』
  • ISHIYA 異次元の常識
  • 鈴木邦男(文筆家・元一水会顧問)の右顧左眄
  • 月刊牧村
  • 「LOFTと私」五辺宏明
  • 絵恋ちゃんの ああ えらそうに コラムが書きたい
  • おくはらしおり(阿佐ヶ谷ロフトA)のホントシオリ
  • 石丸元章「半径168センチの大問題」
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の歴史のふし穴
  • 煩悩放出 〜せきしろの考えたこと〜
  •  朗読詩人 成宮アイコの「されど、望もう」
  • 今野亜美のスナック亜美
  • 山脇唯「2SEE MORE」
  • 大島薫の「マイセルフ、ユアセルフ。」
  • 能町みね子 新中野の森 アーティストプロジェクト
  • 能町みね子 中野の森BAND
  • アーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生
  • 戌井昭人の想い出の音楽番外地
  • さめざめの恋愛ドキュメンタリー
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の ああ夢城
  • 吉田 豪の雑談天国(ニューエストモデル風)
  • ゲッターズ飯田のピンチをチャンスに変えるヒント
  • 最終少女ひかさ 但野正和の ローリングロンリーレビュー
  • 吉村智樹まちめぐ‼
  • いざゆかんとす関西版
  • エンドケイプの室外機マニア
  • 日高 央(ヒダカトオル)のモアベタ〜よ〜
  • ザッツ団地エンターテイメン棟
  • 劔樹人&森下くるみの「センチメンタル「非」交差点」
  • 三原重夫のビギナーズ・ドラム・レッスン
  • ポーラーサークル~未知なる漫画家オムニバス羽生生純×古泉智浩×タイム涼介×枡野浩一
  • the cabs 高橋國光「アブサロム、または、ぼくの失敗における」
  • “ふぇのたす”ちひろ's cooking studio
  • JOJO広重の『人生非常階段』〜今月のあなたの運勢〜
  • マリアンヌ東雲 悦楽酒場
  • 大谷雅恵 人生いつでも初体験
  • ジュリエットやまだのイケメンショッキング
  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ ロック再入門
  • 岡留安則 “沖縄からの『書くミサイル』”「噂の真相」極東番外地編
  • 高須基仁 メディア論『裏目を読んで半目張る』
  • 田中 優 環境はエンタメだ!
  • 雨宮処凛 一生バンギャル宣言!
  • 大久保佳代子 ガールズトーーーク!!!!!
  • DO THE HOPPY!!!!!
6th
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻