Rooftop ルーフトップ

COLUMN

l.13「フリートウッド・マック」

vol.13「フリートウッド・マック」

2013.10.20

RUMOURS20FLEETWOOD20MAC.jpg オリンピック開催が決定し、日本列島上げて盛り上がって……るかどうかは人それぞれですが、フェス熱は衰える気配がありませんね。昨今ではROCK系のフェスにアイドルも参戦するようになりクロスオーバーな楽しみ方も増えて、メロン記念日と作ったシングルを懐かしく回想する日々……。そこで今回の「温故知新なアーティストを現代に蘇らせるなら」な当コラム、某アイドル的にメンバーが入れ替わりながらも長く第一線で活動を続ける、フリートウッド・マックをご紹介!
 60年代にイギリスで一大ムーブメントを巻き起こしたブルースROCKのトップ・グループ、ブルース・ブレイカーズを脱退したピーター・グリーンとミック・フリートウッドを中心に結成された彼らは、イメージ通りまずはブルースROCKのヒットを量産……サンタナでお馴染みの名曲『ブラック・マジック・ウーマン』も実はこちらがオリジナル。ブルースの本場アメリカでも好調なセールスを記録し順風満帆な活動を……と思った矢先、ドラッグやアルコール問題などで中心人物のピーターを始め、オリジナル・メンバーが次々と脱退の憂き目に……BANDは存続の危機に瀕します。
 しかしここで一大転機が! 残されたBa.ジョン・マクビーが妻のクリスティン・マクビーを加入させるのですが、彼女もチキン・シャックという英国ブルースBANDのKey.として第一線で活躍していた才女。彼女の持ち込んだPOP色に、新Vo.ボブ・ウェルチによるフォーク色も加わり、フリートウッド・マックはブルースBANDからの脱却を図ります。同時に活動拠点をアメリカに移し、いよいよ世界制覇を目指して再スタート!
 と思われた矢先、ボブ・ウェルチが脱退……この時点で既に5人以上がBANDを去っており、いよいよBANDは終焉を迎えるのかと思いきや……たまたま耳にしたアメリカ人男女デュオ<バッキンガム・ニックス>を気に入り、何と大胆にもそのままリンジー・バッキンガムとスティーヴィー・ニックスの2人をセットで新メンバーに迎えます! 2人のクールなPOPセンスとルックスの良さも相まってフリートウッド・マックはミリオンを連発! BAND史上最大の成功を収めます。
 その後も激しくメンバーチェンジを繰り返しながら、いまだ解散はしていないフリートウッド・マック。まさにアイドル・グループばりの変遷やスキャンダルをくぐり抜けて来たわけですが、高齢化してるのもあってか、ここ10年ほど新譜が出ておりません……。若い新人を起用してリフレッシュを図ったり、かつてのメンバーとのリユニオン的なツアーなんかも出来る余裕はあるかもですが、ここはひとつ……原点回帰のブルースROCKがまた聴きたい! 今年逝去してしまったJ.J.ケイルばりの軽妙なサウンドからド渋な曲まで、彼らの経験値なら自由自在のはずですから!(日高 央)

 

hidaka_201310.jpg

ヒダカトオル
 1968年6月5日、千葉県生まれのB型。働きながらインディー・デビューした元リーマン・ロッカー。
 1997年BEAT CRUSADERS結成、2010年散開。BEAT CRUSADERSで活動中から数々の楽曲提供やプロデュースも行ない、木村カエラ、高橋瞳、メロン記念日ら女性陣のバックアップから、GOING UNDER GROUND、磯部正文等、男性アーティストのプロデュースを手掛ける。
 2010年10月にはMONOBRIGHTと結婚(電撃加入)、2012年離婚(脱退)。2011年には“A.O.R”をテーマにヒダカトオルとフェッドミュージックを結成、2012年岩手のイベントで有終の美を飾る。
 そして、2013年、新バンドTHE STARBEMSが始動!
http://www.thestarbems.com/
http://www.hidakatoru.com/

このアーティストの関連記事

THE STARBEMS
SAD MARATHON WITH VOMITING BLOOD

限定盤(CD+DVD) DFCL-2008,09 / 3,200yen (tax in)
通常盤(CD)DFCL-2010 / 2,800yen (tax in)
IN STORES NOW
※限定盤、通常盤ともに初回には特製アルバムステッカーが封入

ゲストミュージシャン
KYONO(WAGDUG FUTURISTIC UNITY、T.C.L、!!!KYONO+DJBAKU!!!)
Endy(GOOFY'S HOLIDAY)
笠原 健太郎(Northern19)
越川珠里 a.k.a DJ Princess Cut

amazonで購入

DISC1
1. DESTINY
2. THE CRACKI'
3. MAXIMUM ROCK'N'ROLL
4. WISE BLOOD
5. ARE U SURE?
6. INSIDE OUT
7. NO REACTION
8. FUCKIN' IN THE AIR
9. HIGH RISK
10. FORGIVENESS
11. HUMAN RIGHTS
12. DREADRONE
13. GOOD-BYE LOVE

DISC2
1. DESTINY (VIDEO CLIP)
2. THE CRACKIN' (VIDEO CLIP)
3. THE SEARCH FOR ANIMAL CHIN 東北ライブハウス大作戦ツアー “PLACE TO PLAY 2013”

LIVE INFOライブ情報


【ミタケオアシン】
10月9日(水)京都MUSE

Panasonic presents MINAMI WHEEL 2013 EXTRA -EARLY NIGHT supported by COMIN’KOBE&MASTER COLISEUM
10月11日(金)なんばHatch

BEATRAM MUSIC FESTIVAL2013
10月12日(土)・13日(日)富山城址公園 芝生広場特設ステージ
※雨天決行(荒天の場合は中止)

REDLINE TOUR 2013 10DAYS
10月19日(土)恵比寿 LIQUID ROOM

HEAVEN'S ROCK Kumagaya VJ-1 20th Anniversary ~ SOUL CRAZE 2013 ~
10月25日(金)HEAVEN'S ROCK 熊谷 VJ-1

Pop Brothers from Glasgow World Premiere Tour in Japan
10月23日(水)名古屋 Live & Lounge Vio ※ GALLOW

BLUE RESISTANCE 1ST ANNIVERSARY LIVE
〜東北ライブハウス大作戦石巻支部も1周年だっちゃ〜
10月30日(水)石巻 BLUE RESISTANCE

COLUMN LIST連載コラム一覧

  • おじさんの眼
  • ロフトレーベルインフォメーション
  • イノマー<オナニーマシーン>の『自慰伝(序章)』
  • ISHIYA 異次元の常識
  • 鈴木邦男(文筆家・元一水会顧問)の右顧左眄
  • 月刊牧村
  • 絵恋ちゃんの ああ えらそうに コラムが書きたい
  • おくはらしおり(阿佐ヶ谷ロフトA)のホントシオリ
  • 石丸元章「半径168センチの大問題」
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の歴史のふし穴
  • 煩悩放出 〜せきしろの考えたこと〜
  •  朗読詩人 成宮アイコの「されど、望もう」
  • 今野亜美のスナック亜美
  • 山脇唯「2SEE MORE」
  • 大島薫の「マイセルフ、ユアセルフ。」
  • 能町みね子 新中野の森 アーティストプロジェクト
  • 能町みね子 中野の森BAND
  • アーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生
  • 戌井昭人の想い出の音楽番外地
  • さめざめの恋愛ドキュメンタリー
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の ああ夢城
  • 吉田 豪の雑談天国(ニューエストモデル風)
  • ゲッターズ飯田のピンチをチャンスに変えるヒント
  • 最終少女ひかさ 但野正和の ローリングロンリーレビュー
  • 吉村智樹まちめぐ‼
  • いざゆかんとす関西版
  • エンドケイプの室外機マニア
  • 日高 央(ヒダカトオル)のモアベタ〜よ〜
  • ザッツ団地エンターテイメン棟
  • 劔樹人&森下くるみの「センチメンタル「非」交差点」
  • 三原重夫のビギナーズ・ドラム・レッスン
  • ポーラーサークル~未知なる漫画家オムニバス羽生生純×古泉智浩×タイム涼介×枡野浩一
  • the cabs 高橋國光「アブサロム、または、ぼくの失敗における」
  • “ふぇのたす”ちひろ's cooking studio
  • JOJO広重の『人生非常階段』〜今月のあなたの運勢〜
  • マリアンヌ東雲 悦楽酒場
  • 大谷雅恵 人生いつでも初体験
  • ジュリエットやまだのイケメンショッキング
  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ ロック再入門
  • 岡留安則 “沖縄からの『書くミサイル』”「噂の真相」極東番外地編
  • 高須基仁 メディア論『裏目を読んで半目張る』
  • 田中 優 環境はエンタメだ!
  • 雨宮処凛 一生バンギャル宣言!
  • 大久保佳代子 ガールズトーーーク!!!!!
  • DO THE HOPPY!!!!!
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
癒されたいカルチャー
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻