Rooftop ルーフトップ

COLUMN

l.12「リヴィング・カラー」

vol.12「リヴィング・カラー」

2013.09.24

hidaka_201309.jpg フェス・シーズンと共に全国的な猛暑もやって来てヒィヒィ言ってる今日この頃! 読者の皆様も元気に社畜してるかな〜? そんな日常のフラストレーションを音楽でブッ飛ばすべく「過去のアーティストを現代に蘇生させてみよう」な当コラムも、夏休み返上でつらつら書いてみたいと思いますが、フェス隆盛の昨今を反映して、フェスで観たアクトから今月のアーティストを選出してみたいと思います……実は我々スターベムズ、SUMMER SONIC内で唯一無料で観れる<音遊海岸>というビーチ・エリア内のライブハウス大作戦ステージにて、サプライズLIVEをさせて貰ったんだな! ちゃっかしついでにサマソニでもいくつかLIVE観させて貰ったんだけど、その中でも抜群にスゴかったリヴィング・カラーを今回は取り上げます。

 30年前の1983年にN.Y.で産声を上げた黒人4人組ハードROCKなミクスチャーBANDである彼らは、いわゆるブラック・ミュージック的なファンキーさも残しつつ、全員バカテク揃いなのもあって独自のミクスチャー・サウンドを展開。それがかのミック・ジャガーの目に留まりストーンズのO.A.なんかも務めた事で一気にブレイク! 速弾きもチョッパーも変拍子も全て飲み込んでしなやかに跳ねるリズム隊と、Vo.やGt.のド派手でPOPなキャラクターは、ある意味ド変態なレッチリ!? 巷では「黒いツェッペリン」なんて呼び声もあってJAZZやフュージョン系のリスナーからも支持を得ていたのですが、次第にサウンドが実験的になり過ぎて行き詰まってしまい、1995年に一旦解散。しかし2000年に一夜限りの再結成ギグを経て感触を取り戻したのか、2003年に再結成以降はコンスタントに活動継続。過去のヒット曲を中心に新譜も織り交ぜながら世界中を飛び回るトラベリンBANDとして現役感バリバリ!
 正直、俺もLIVE観るまでは懐メロ的な気分だったんですが……メンバー全員アラフィフとは思えない元気さ! ステージでも所狭しと動き回るし、演奏テクも衰えるどころか、昔より上手くなってんじゃね!? ってぐらい弾きまくり叩きまくり! 何よりVo.コリー・グローヴァーの声量も音域も、80年代当時より全然上がってる! もはや超人レベルのスゴさ……結果サマソニの個人的ベスト・アクトでした!

 現代でも充分に通用するスキルがあるから、ここで取り上げる必要ないんだけど……正直、日本の若いBANDマンにももっと知って欲しいのよね……ネットで簡単に世界と繋がれる今だからこそ、世界レベルの演奏というものを知って欲しいという老婆心がムクムクと湧き上がってくるの〜! ざっくりAIR JAM以降の世代は誰しも演奏レベルは高いと思うんだけど、リヴィング・カラーは根本的な基礎体力というか基礎音学力が段違いなのよね、やっぱり。リズム隊+ギタリスト+ボーカルっていうシンプルな4人編成なのに、音は厚いわ、でも誰か一人でも抜けたら成立しない完璧なアンサンブルだわで、まさに歴史上でも最高のBANDの一つに間違いNOTHINGだから、チェックしてみて〜!

このアーティストの関連記事

THE STARBEMS
SAD MARATHON WITH VOMITING BLOOD

限定盤(CD+DVD) DFCL-2008,09 / 3,200yen (tax in)
通常盤(CD)DFCL-2010 / 2,800yen (tax in)
IN STORES NOW
※限定盤、通常盤ともに初回には特製アルバムステッカーが封入

ゲストミュージシャン
KYONO(WAGDUG FUTURISTIC UNITY、T.C.L、!!!KYONO+DJBAKU!!!)
Endy(GOOFY'S HOLIDAY)
笠原 健太郎(Northern19)
越川珠里 a.k.a DJ Princess Cut

amazonで購入

DISC1
1. DESTINY
2. THE CRACKI'
3. MAXIMUM ROCK'N'ROLL
4. WISE BLOOD
5. ARE U SURE?
6. INSIDE OUT
7. NO REACTION
8. FUCKIN' IN THE AIR
9. HIGH RISK
10. FORGIVENESS
11. HUMAN RIGHTS
12. DREADRONE
13. GOOD-BYE LOVE

DISC2
1. DESTINY (VIDEO CLIP)
2. THE CRACKIN' (VIDEO CLIP)
3. THE SEARCH FOR ANIMAL CHIN 東北ライブハウス大作戦ツアー “PLACE TO PLAY 2013”

LIVE INFOライブ情報

 

KISHU ROCK IMPACT2013 〜和歌山最大級 野外音楽祭〜
10月6日(日)Wakayama Kataonami Beach (和歌浦片男波海水浴場)

BEATRAM MUSIC FESTIVAL2013
10月12日(土)・13日(日)富山城址公園 芝生広場特設ステージ
※雨天決行(荒天の場合は中止)

REDLINE TOUR 2013 10DAYS
10月19日(土)恵比寿 LIQUID ROOM

HEAVEN'S ROCK Kumagaya VJ-1 20th Anniversary ~ SOUL CRAZE 2013 ~
10月25日(金)HEAVEN'S ROCK 熊谷 VJ-1

GALLOW LIVE
Pop Brothers from Glasgow World Premiere Tour in Japan
10月23日(水)名古屋 Live & Lounge Vio


 

COLUMN LIST連載コラム一覧

  • おじさんの眼
  • ロフトレーベルインフォメーション
  • イノマー<オナニーマシーン>の『自慰伝(序章)』
  • ISHIYA 異次元の常識
  • 鈴木邦男(文筆家・元一水会顧問)の右顧左眄
  • レズ風俗キャストゆうの 「寝る前に、すこし話そうよ」
  • 月刊牧村
  • 「LOFTと私」五辺宏明
  • 絵恋ちゃんの ああ えらそうに コラムが書きたい
  • おくはらしおり(阿佐ヶ谷ロフトA)のホントシオリ
  • 石丸元章「半径168センチの大問題」
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の歴史のふし穴
  • 煩悩放出 〜せきしろの考えたこと〜
  •  朗読詩人 成宮アイコの「されど、望もう」
  • 今野亜美のスナック亜美
  • 山脇唯「2SEE MORE」
  • 大島薫の「マイセルフ、ユアセルフ。」
  • 能町みね子 新中野の森 アーティストプロジェクト
  • 能町みね子 中野の森BAND
  • アーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生
  • 戌井昭人の想い出の音楽番外地
  • さめざめの恋愛ドキュメンタリー
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の ああ夢城
  • 吉田 豪の雑談天国(ニューエストモデル風)
  • ゲッターズ飯田のピンチをチャンスに変えるヒント
  • 最終少女ひかさ 但野正和の ローリングロンリーレビュー
  • 吉村智樹まちめぐ‼
  • いざゆかんとす関西版
  • エンドケイプの室外機マニア
  • 日高 央(ヒダカトオル)のモアベタ〜よ〜
  • ザッツ団地エンターテイメン棟
  • 劔樹人&森下くるみの「センチメンタル「非」交差点」
  • 三原重夫のビギナーズ・ドラム・レッスン
  • ポーラーサークル~未知なる漫画家オムニバス羽生生純×古泉智浩×タイム涼介×枡野浩一
  • the cabs 高橋國光「アブサロム、または、ぼくの失敗における」
  • “ふぇのたす”ちひろ's cooking studio
  • JOJO広重の『人生非常階段』〜今月のあなたの運勢〜
  • マリアンヌ東雲 悦楽酒場
  • 大谷雅恵 人生いつでも初体験
  • ジュリエットやまだのイケメンショッキング
  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ ロック再入門
  • 岡留安則 “沖縄からの『書くミサイル』”「噂の真相」極東番外地編
  • 高須基仁 メディア論『裏目を読んで半目張る』
  • 田中 優 環境はエンタメだ!
  • 雨宮処凛 一生バンギャル宣言!
  • 大久保佳代子 ガールズトーーーク!!!!!
  • DO THE HOPPY!!!!!
6th
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻