Rooftop ルーフトップ

COLUMN

l.10「フェイス・トゥ・フェイス」

vol.10「フェイス・トゥ・フェイス」

2013.07.24

51bl5hu2xoL.jpg
 おかげ様でスターベムズのデビュー・アルバム『サッド・マラソン〜(長いので以下略!)』も各地で好評&オリコン26位にチャートイン! ありがと〜&引き続きレコ発ツアーも張り切るドなおじさんミュージシャンがお届けする「過去のアーティストを現代に蘇らせるなら……」なゾンビ的コラムも絶好調。今月は思いっきりマニアックに攻めるド……フェイス・トゥ・フェイスじゃ!
 しかもフェイス・トゥ・フェイスと言っても、NOFXのファットレック・コーズから出てたメロディックPUNKのフェイス・トゥ・フェイスじゃないよ……80年代に『10-9-8』って曲が若干ヒットした(ビルボード30位とか。今回のスターベムズと一緒だお)ファンキーな女性Vo.をフィーチャーした、いわゆる一発屋さんです。ここでひとつレッスンをば……「ありがちなBAND名は、被り易いから気をつける」!
 紅一点のローリーをVo.に配した80年代フェイス・トゥ・フェイスは、多くの70年代後半のBANDがそうだったように「80's」という時代の波に乗り、ニュー・ウェーブなサウンドを構築していったようですが、元々が70年代に青春を送ってるわけですから、随所にハードROCKやFUNKの香りを出しています……そこが逆にいなたさを醸し出していて、イマイチ垢抜けない印象を与え、結果「一発屋」の座に甘んじているようですが、王道な美メロやリフは勉強になるポイントも多いので、ミュージシャンを志す人間なら聴いておいて損は無い完成度。
 もし俺がフェイス・トゥ・フェイスを現代に蘇らせるなら、Vo.にビョーク的硬軟自在な歌い方を体得してもらい、大仰なメロを縦横無尽に歌い上げる方法を取ると思います……ファルセットや低音を駆使したりしてね。そうすると多少「クサい」楽曲でも熱さやEMOさが倍増するし、後年に聴いても印象が良い場合が多いのです。
 とか何とか偉そうに書き連ねましたが、「一発屋」とて侮るなかれ……このフェイス・トゥ・フェイスのその後がなかなかスゴいのです……。Vo.ローリーは、2弦ベースのJAZZYなROCKでお馴染みモーフィーンのメンバーと組んだ「トゥワインマン」というBANDで元気に活動中。ドラムのビルはイベンター業を営みながら、ザ・ザやエイミー・マンのセッションマンらと共にセッション・アメリカーナを結成し活動中。そしてリーダーだったスチュアートはボブ・ディランのツアー・ギタリストを、鍵盤のアンジェロは何とキングス・オブ・レオンのプロデュースでグラミー賞を受賞! どうです、この華々しいキャリア!? もしフェイス・トゥ・フェイスが軌道に乗ってしまっていたら、現在の音楽活動とは確実に違う道を歩んでいたかもしれませんねぇ……もしかしたらもっとビッグになっていたかもしれないけれど、音楽業界の荒波に揉まれて心も体も荒んでいたかもしれません。現在の彼らはとても楽しく充実した音楽人生を歩んでいるように見受けられるので、やっぱりこれで良かったのかも。

 

 

HIDAKA.jpg

ヒダカトオル
 1968年6月5日、千葉県生まれのB型。働きながらインディー・デビューした元リーマン・ロッカー。
 1997年BEAT CRUSADERS結成、2010年散開。BEAT CRUSADERSで活動中から数々の楽曲提供やプロデュースも行ない、木村カエラ、高橋瞳、メロン記念日ら女性陣のバックアップから、GOING UNDER GROUND、磯部正文等、男性アーティストのプロデュースを手掛ける。
 2010年10月にはMONOBRIGHTと結婚(電撃加入)、2012年離婚(脱退)。2011年には“A.O.R”をテーマにヒダカトオルとフェッドミュージックを結成、2012年岩手のイベントで有終の美を飾る。
 そして、2013年、新バンドTHE STARBEMSが始動!
http://www.thestarbems.com/
http://www.hidakatoru.com/

このアーティストの関連記事

THE STARBEMS
SAD MARATHON WITH VOMITING BLOOD

限定盤(CD+DVD) DFCL-2008,09 / 3,200yen (tax in)
通常盤(CD)DFCL-2010 / 2,800yen (tax in)
IN STORES NOW
※限定盤、通常盤ともに初回には特製アルバムステッカーが封入

ゲストミュージシャン
KYONO(WAGDUG FUTURISTIC UNITY、T.C.L、!!!KYONO+DJBAKU!!!)
Endy(GOOFY'S HOLIDAY)
笠原 健太郎(Northern19)
越川珠里 a.k.a DJ Princess Cut

amazonで購入

DISC1
1. DESTINY
2. THE CRACKI'
3. MAXIMUM ROCK'N'ROLL
4. WISE BLOOD
5. ARE U SURE?
6. INSIDE OUT
7. NO REACTION
8. FUCKIN' IN THE AIR
9. HIGH RISK
10. FORGIVENESS
11. HUMAN RIGHTS
12. DREADRONE
13. GOOD-BYE LOVE

DISC2
1. DESTINY (VIDEO CLIP)
2. THE CRACKIN' (VIDEO CLIP)
3. THE SEARCH FOR ANIMAL CHIN 東北ライブハウス大作戦ツアー “PLACE TO PLAY 2013”

LIVE INFOライブ情報

rockin'on presents ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2013
8月4日(日)国営ひたち海浜公園


美浜CRYSTAL BEACH SOUND 2013
8月24日(土)・25日(日)水晶浜「夢」特設野外ステージ


PIRATE SHIP2013
8月30日(金)大分T.O.P.S Bitts HALL


Punkish Wedding 2013
9月13日(金)桜坂セントラル

COLUMN LIST連載コラム一覧

  • おじさんの眼
  • ロフトレーベルインフォメーション
  • イノマー<オナニーマシーン>の『自慰伝(序章)』
  • ISHIYA 異次元の常識
  • 鈴木邦男(文筆家・元一水会顧問)の右顧左眄
  • 月刊牧村
  • 絵恋ちゃんの ああ えらそうに コラムが書きたい
  • おくはらしおり(阿佐ヶ谷ロフトA)のホントシオリ
  • 石丸元章「半径168センチの大問題」
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の歴史のふし穴
  • 煩悩放出 〜せきしろの考えたこと〜
  •  朗読詩人 成宮アイコの「されど、望もう」
  • 今野亜美のスナック亜美
  • 山脇唯「2SEE MORE」
  • 大島薫の「マイセルフ、ユアセルフ。」
  • 能町みね子 新中野の森 アーティストプロジェクト
  • 能町みね子 中野の森BAND
  • アーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生
  • 戌井昭人の想い出の音楽番外地
  • さめざめの恋愛ドキュメンタリー
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の ああ夢城
  • 吉田 豪の雑談天国(ニューエストモデル風)
  • ゲッターズ飯田のピンチをチャンスに変えるヒント
  • 最終少女ひかさ 但野正和の ローリングロンリーレビュー
  • 吉村智樹まちめぐ‼
  • いざゆかんとす関西版
  • エンドケイプの室外機マニア
  • 日高 央(ヒダカトオル)のモアベタ〜よ〜
  • ザッツ団地エンターテイメン棟
  • 劔樹人&森下くるみの「センチメンタル「非」交差点」
  • 三原重夫のビギナーズ・ドラム・レッスン
  • ポーラーサークル~未知なる漫画家オムニバス羽生生純×古泉智浩×タイム涼介×枡野浩一
  • the cabs 高橋國光「アブサロム、または、ぼくの失敗における」
  • “ふぇのたす”ちひろ's cooking studio
  • JOJO広重の『人生非常階段』〜今月のあなたの運勢〜
  • マリアンヌ東雲 悦楽酒場
  • 大谷雅恵 人生いつでも初体験
  • ジュリエットやまだのイケメンショッキング
  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ ロック再入門
  • 岡留安則 “沖縄からの『書くミサイル』”「噂の真相」極東番外地編
  • 高須基仁 メディア論『裏目を読んで半目張る』
  • 田中 優 環境はエンタメだ!
  • 雨宮処凛 一生バンギャル宣言!
  • 大久保佳代子 ガールズトーーーク!!!!!
  • DO THE HOPPY!!!!!
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
癒されたいカルチャー
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻